リフォーム

リフォームの必要がない人が多く情報も集めていない

リフォーム

ハイライト

  • リフォームが注目されているが、現在リフォームに関する情報収集をしているか聞いてみた。
  • はいと答えた人が3割程度となり、目的に沿って下調べをしているよだった。
  • いいえと答えた人には、賃貸なのでリフォームできない人が多くいた。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

リフォーム

昨今、ライフスタイルが多様化している中、住まいに関してもスタイルが多様化しています。

今まで、新築物件への憧れを持った方の割合が多くなっていましたが、中古物件を購入して自分の好みにリフォームするスタイルや、古くなってきた物件をリフォームして長く住むといった方も増えてきています。単純に壊れた部分の直すといった目的以外にも、より良い住まいを手に入れる目的でもリフォームが行われています。いざリフォームを行うとなっても、どこに相談すればいいのかなかなかすぐにはわからないものです。

非常に多くの情報がある中で、現在リフォームについての情報を集めているのかどうか、声を集めてみました。

現在、リフォームに関する情報収集はしてますか?

現在、リフォームに関する情報収集はしてますか?
・はい:32%
・いいえ:68%

約7割の方はリフォームに関する情報を収集していませんでした。はいと回答した方の中には、

「現在住んでいる住まいは築20年になり、風呂場や台所が傷んできたからと、子ども達が成人して独立するので、主人2人の暮らしに合った間取りに変えたいと思っています。業者によって大きく値段が変わる様なので調べています。」
「家が古くなり修繕が必要という理由と、家族の人数が変わったので対応できるようなリフォームがあるかどうか、予算なども含めて情報収集中です。」

といった形になり、息子が引っ越すといったことや、子供が生まれるといったライフスタイルの変化などの明確な目的がある方が多くいました。


いいえと答えた方の中には、

「賃貸物件なので、リフォームの情報収集はしていません。壁に傷をつけたりしない範囲で部屋の雰囲気替えを行ったりしています。」
「現在は賃貸住宅に居住中なので、リフォーム関連の情報収取はしていません。将来的に、中古物件購入を考えていますので、そうなったら情報収集すると思います。」
「賃貸住宅に住んでいますし、家を建てる予定はないのでリフォームをするという考え自体がないです。なので、情報収集する理由がないため。」

といった形で、賃貸物件に現在住んでいる方はリフォームを検討していないという意見が多くありました。すぐにはリフォームのニーズがなかったとしても、今後のさまざまなライフスタイルの変化を見据えてリフォームの情報を収集してる方もいますが、多くの方がすぐにリフォームの必要がなく現在はあまり情報を集めていないといった結果がでました。


家を購入するといったことよりは金額的には小さなものですが、自分自身の生活に大きく関わるものになるので、早めのうちに情報を集めておくのもいいのではないでしょう。今後もリフォームのニーズは増えていくと思われます。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年5月19日~5月21日
  • 有効回答数:100サンプル
いい家選ぶ、いえらぶ
▼バリアフリーのお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

バリアフリーの物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事