住宅設備

アンケート結果から、エネルギーの未来が見える

住宅設備

ハイライト

  • 時代の変化に伴い、何か新しい住宅設備の導入を考えているかどうか聞いてみた。
  • 8割以上の人は考えてないと答え、賃貸なので出来ないというものが多かった。
  • 導入を考えている人の中で多かったのが、太陽光発電システムであった。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

住宅設備

快適な生活をおくるうえで、どうしても必要なのが各種設備の世代交代です。どの家庭も昔は汲み取り式だったトイレは水洗式にかわり、和式から洋式トイレへ、現在では温水洗浄便座が一般的になっています。固定電話はダイヤル式からプッシュフォンへ、更には携帯電話からスマートフォンへと進化し続けています。テレビ放送波はアナログからデジタルへ、端末はブラウン管から液晶テレビやプラズマテレビへ、更にインターネットと連携したスマートテレビへと変貌を遂げています。

便利さを追求するだけではなく、時代に則して変化することも重要です。そこで、何か新しい住宅設備の導入を考えているか、アンケートをとってみました。アンケートの質問と、結果は下記の通りになりました。

何か新しい住宅設備の導入は考えていますか?

何か新しい住宅設備の導入は考えていますか?
・はい:16%
・いいえ:84%

8割以上の多くの方が、新規設備の導入は特に考えていないという回答でした。

「約2年前に家を新築したばかりなので、住宅設備の導入は考えていません。」
「今現在、困っているということはりませんので、考えてはいません。設備が必要と感じたら考えます。」
「賃貸住宅のため、はなから導入を考えることさえ許されないので、考えない。」
「賃貸住宅なのでなかなか設備の導入はできませんが、できるとしたら太陽光発電システムを導入してみたいです。」

ほとんどが、今のままで十分か、あるいは賃貸なので導入できないという意見でしたが、可能であれば太陽光発電を導入したい、という意見もみられました。


導入を考えている方々の意見には、以下の様なものがありました。

「資金次第にはなりますが、2年後に、太陽光発電を設置したいと思っています。」
「太陽光発電の考えています。電力会社に売電などの設備ではなく、限られたスペースを賄える程度の設備を考えています。」
「太陽光発電パネルです。停電時にも電気が使用できる為便利です。電気代がどんどん値上がりするので考えています。」
「防犯強化のため1階の窓に雨戸(シャッター)かルーバーを付けたいと思います。」

太陽光発電システムについて言及している意見が目立ちました。それ以外では、セキュリティ面に関する設備についての意見もありました。


今回のアンケートで、新規設備の導入を考えている方々は少数派ではあるものの、導入を考えていない方々も含めて、太陽光発電システムに対する注目度が高いことがわかりました。太陽光発電システムには、自家発電できるだけではなく、余った電力を電力会社に売ることができるという大きなメリットがあります。電気代が上昇していることもあり、この部分に多くの方の目が向けられているようです。以前はあまりにも高価で、一般家庭では高嶺の花でしたが、需要が伸びてきたことや、国や自治体による助成制度もあり、設置費用は大きく下降してきました。数十年後には、誰でも導入できるような一般的な設備になっているかもしれませんね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年5月1日~5月13日
  • 有効回答数:100サンプル
いい家選ぶ、いえらぶ
▼オール電化対応のお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

オール電化対応の物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事