リフォーム

リフォームにどこまでお金をかけられるのか

リフォーム

ハイライト

  • 近年リフォームニーズが増えているが、予算として300万円考えられるか聞いてみた。
  • はいと答えた人は42%となり、建て替え時と比較して安いと感じているようだ。
  • いいえと答えた人はなるべく安く済ませたいと思っているようだった。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

リフォーム

最近は災害の増加を受け、耐震性の増強などを考えてのリフォームニーズが増えています。また、古い住宅であっても、自分に合ったリフォームをおこない、より良い住まいへと近づけていくこともできます。自分の生き方をより良いものにするために手軽な方法であり、また建て替えるよりも安価にすむというのがリフォームの利点です。しかし実際にやってみるまでリフォームの相場はなかなかわからないものです。

これからリフォームを考えようとする方が、どの程度のリフォーム予算を考えているのか、300万円を目安にそれだけの支出を考えているかどうかを調査しました。

リフォームに関するアンケートを行いました。

アンケートの質問内容と回答は次の通りです。

リフォームに300万以上の資金をかけられますか?

リフォームに300万以上の資金をかけられますか?
・はい:42%
・いいえ:58%

このアンケートの回答によると、若干「いいえ」を選んだ人が多くなっていて、高額な費用が掛かることに抵抗を感じる方も多いといえます。

目立つのは、費用をかける余裕がないという意見です。
「なるべくなら安く済ませたいですし、そこまでお金に余裕がないからです」
「増税の影響もあって、そんなに資金を賭ける余裕がないので無理です」

また、相場がわからないため、そこまでは出せないという意見も多くありました。

「リフォームしたいと思ったことはないしどのくらいの費用なのかもよくわからない。今後家を建てるなら十分な設備を整えると思う」

相場や必要な装備の明確化ができれば、リフォームのニーズも伸びていく可能性があります。


リフォームに300万円以上かけられると答えた人も多くいます。

「建て替えや新築をするほど資金の準備ができないし。リフォームでも十分に新しい生活が、出来るように思うので」
「直したい部分を全部リフォームして、新品同様になるのであれば、新しい家を購入するよりも安いから」
このように、建て替えた場合の費用と比べて安いと感じる人が多いようです。

また、自分の好みに合わせられるというメリットを挙げる人も多いです。

「リフォームをして自分の好みの部屋にしたり綺麗にできるならお金をかけたいです」

こうしたメリットに合致した提案があれば、高めの予算でも納得することがあるということになります。


300万円というと、一般家庭にはかなり高額なものですが、それでもその費用をかけてリフォームする価値があると考える人が意外と多い結果になりました。やはり建て替えするよりは安く、自分の求める住みやすさ、暮らしやすさに近づけていけるということが大きなポイントのようです

今後リフォームを広めていくためには、リフォームを決定するにあたってネックになる相場の不明確さなどを解消していく必要があるといえるでしょう。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年4月23日~4月28日
  • 有効回答数:100サンプル
いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事