リフォーム

今のままの家では不満?

リフォーム

ハイライト

  • 自分の家に満足しているか、リフォームしなければいけない場所はあるかアンケートをとった。
  • 6割の人がはいと答え、生活の変化によりリフォームしたいと考えていた。
  • いいえと答えた人でも、賃貸で出来ないという消極的な意見がおおかった。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

リフォーム

家とは子どもができたり、巣立ったり、ライフスタイルの変化によって必要な間取りが変わってくるものである。自分自身の年齢が上がるにしたがって、身体的能力が落ちていき、階段を使うのが苦痛になってくるといった変化も生じてくる。

家の老朽化だけでなく、設計の方法や設備にも流行り廃りがあり、技術が進んでいくのにしたがってますます便利に使いやすくなってきているのも事実だ。そこでご自身の家にどれだけ満足しているか、リフォームを考えることがあるかどうかをアンケートしてみた。

アンケートの質問内容と回答は下記の通りである。

自宅にリフォームしなければならない場所はありますか?

自宅にリフォームしなければならない場所はありますか?
・はい:61%
・いいえ:39%

リフォーム箇所があるかどうか、という単純な回答を比較しただけでも過半数である6割の人はリフォームの必要性を感じている。いいえの回答の中には「リフォームというよりリノベーションが必要」といったもっと根本的なものを感じている意見や「賃貸だから無理」という家に不自由な個所があってもなくても関係ないという意見もあるため、この制限条件を外すならばリフォームへの希望はさらに大きくなる可能性がある。


自宅にリフォームしなければならない場所があると答えた意見を詳細にみてみよう。
「バリアフリー化したい」
「子ども部屋を作りたい」
といった年齢とともに生活が変わってきたことに対応する理由がある。

また、
「ペットのため痛んだところがある」
「子どもが壁紙を汚した」
という住んでいる住人による理由もある。

ほかには「水回り」「お風呂場」「ドアの立てつけ」といった経年による老朽化への対応や「収納をかえる」「台所を機能的に」といった間取りそのものを住んでいる形に合わせて機能的にしたいとする意見もあった。


一方のリフォームする場所はないとする意見もみてみよう。こちらは先ほど述べたように賃貸でできないという意見も多数あった。その他には「気に入っている」「大事に使ってきた」といった理由から「不便を感じない」「今のままで十分である」という肯定的な理由、「築年数が浅い」「リフォームしたばかり」という意見もあった。金銭的な理由でできないという意見もみられた。


アンケートの回答をみていくと、リフォームの必要性を感じている場所があるという人は多い。賃貸であるためにできないけれどもしたいんだ、という人もいるのである。

これはやはり家の老朽化、ライフスタイルの変化による必要な間取りの変化、どんどん進んでいく技術でさらに利便性を高めることができる、という理由があげられる。家も人もその時々に変化対応していくのが自然で必要なのかもしれない。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年4月21日~4月22日
  • 有効回答数:100サンプル
いい家選ぶ、いえらぶ
▼バス・トイレ別のお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

バス・トイレ別の物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事