住宅設備

引越し時に防音を重視するか

住宅設備

ハイライト

  • 引越しの際、部屋の防音について重視するかどうかアンケートをとってみた。
  • 8割以上の人がはいと答え、自らが出してしまう音も気にして重視していた。
  • いいえと答えた人は、今まで防音を気にした事も悩まされた事もないという意見が多かった。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

住宅設備

引越しの前に、住宅に関して知っておきたいことは、交通事情、周囲の環境、部屋の構造など多々あげられる。その全てに関係することは騒音であり、周囲の騒音は快適な生活を送るために知っておきたい条件の一つである。

引越す住宅に防音の処置がされているかどうかも、快適な生活を送る上で気になるポイントである。そんな生活に対しての防音の意識について、引越しの際に防音の状態を重視するかどうかのアンケートを取ってみた。

アンケートの質問内容と結果は下記の通り。

引っ越す際に防音の状態は重視しますか?

引っ越す際に防音の状態は重視しますか?
・はい:84%
・いいえ:16%

はいと答えた人の意見は次のようになっている。

「隣人への防音の配慮をすることができ、隣人からの騒音を軽減できるため防音を重視する。」
「人の声などが聞こえるとリラックスできず、音楽など騒音が聞こえることにより精神的負担がかかるためストレスがたまる。」
「上階の足音や隣からの声、ペットの鳴き声などが実際に聞こえてきて快適な生活ができない。」
「防音対策がとられていれば、自分の物音で周りへ迷惑をかけることがなく、万が一大きい音を出してしまったとしてもトラブルになる危険はないから。」
「小さな子供がいるため、隣近所への騒音が気になってしまいリラックスして生活ができない。」
「防音対策がなされていると、音楽や楽器を自由に楽しむことが可能である。」

このように、周りからの音だけを気にしているのではなく、自らが出してしまう音の為にも防音設備は重要だという声が多かった。


一方、いいえと答えた人の意見は次の様になっている。

「何度も引越しをしたが、今まで騒音を気にしたことがなく、ストレスを感じたことがない。また、防音室があると、その分家賃が高くなるため必要ない。」
「隣からの音は、少し聞こえる程度なら我慢ができ、自分も大きな音を立てることはない。防音の状態よりも家賃、交通アクセス、周りの環境、間取りなどを重視する。」
「引越してからでなければ、周りの騒音などを確認することができないため、引っ越した後に子供が住んでいるか、犬を飼っているかなどを質問する。」
「普段楽器を弾いたりすることがないため自分で騒音を出すことはなく、防音の状態はあまり重視したことがない。部屋が気に入れば防音対策がなされているかどうか関係なく契約する。」


防音の状態を気にする意見が圧倒的に多い結果の要因としては、実際に騒音に悩まされている人が多いことがあげられる。

自分が出す音の心配によるストレスなどもあり、快適な生活を送るためには防音対策がなされている住宅を選ぶということが重要である。また、生活音はプライバシーとして認識されており、隣人とのトラブルを避けるためにも防音の状態が重視されている。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年3月31日~4月1日
  • 有効回答数:100サンプル
いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事