ライフスタイル

老後は田舎で?それとも都会で?

ライフスタイル

ハイライト

  • 老後は便利な都会か、自給自足の田舎かどちらで過ごしたいかアンケートをとった。
  • 都会生活を選んだ人がわずかな差で上回る結果となった。
  • 都会生活を選んだ人の声としてダントツで多かったのは病院問題についてであった。
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
GOTO不動産キャンペーン

ライフスタイル

高齢化社会となり、定年退職後は第2の人生のスタートとして、人生をまた別の形で楽しむ方々が増えてきた。もちろん、仕事現役中にマイホームを立て、老後もそのままその地で過ごすのが一般的ではあるが、最近では老後の移住計画が流行っている。移住計画というと、都心に住む人が、田舎へ移住するというイメージが強い。

そこで、「老後に住むなら、何でも揃って便利な都会生活か、自然の中で自給自足の田舎生活か、どちらを選ぶか?」というアンケートを取ってみた。

老後住むなら、なんでも揃って便利な都会生活、自然の中で自給自足の田舎生活どちらを選びますか?

老後住むなら、なんでも揃って便利な都会生活、自然の中で自給自足の田舎生活どちらを選びますか?
・田舎生活が良い:48%
・都会生活が良い:52%

こうして見てみると、老後を田舎ですごしたいという人が圧倒的に多いかと思いきや、なんと都会生活を希望する人がわずかな差で多いことがわかる。

田舎生活を希望する人の声としては、
「空気のきれいなところでのんびりと・・」
「落ち着いた生活を送りたい」
「うるさくてごちゃごちゃしたところよりも、静かなところがすき」
「自然と戯れたい」
「携帯の音やさまざまな騒音から離れることができる」
など、都会でせわしく働き疲れたひとが田舎に安らぎや癒しを求めている人が多い。

また田舎暮らしといえば「自給自足」。これをイメージし、自給自足の生活に憧れをもっている人も多く見られる。
その理由に、「自給自足していたら生き甲斐になってずっと元気にいられそうな気がするから」「体力も衰えるので、元気で暮らすためには自分で行動しなくちゃいけない自給自足のほうが良い」など、生きる活力になるようだ。また自給自足とまではいかなくても、「野菜を自分で育てて食べたい」「ガーデニングや絵を描いてのんびり」自由気ままな生活スタイルを望んでいる人も多い。


それに対して都会生活を希望する人の声としてダントツで多いのが「病院問題」である。

「身体の不自由が多くなる老後こそ、都会の便利さを利用したほうが楽だ」
「すぐに病院に行くことができる生活のほうが安心して暮らしていける」

など、公共交通機関が充実して、大きな病院にもすぐに行くことができる点が大きいようだ。また「虫が嫌い」や「足腰が弱って畑仕事は厳しい」など自給自足に反対派の声も多い。


病院に関しては都会生活の便利さの利点、自由気ままにのんびりは田舎生活の利点。どちらも良さがあるのは確かだ。あとは、自分が第2の人生に何に重きをおいて過ごすかであろう。その考えは結局のところ人それぞれというところに行き着く。

また、中には都会・田舎にかかわらず、「昔からここにすんでいるから」という意見もあった。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年2月25日~3月5日
  • 有効回答数:100サンプル
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事