住宅設備

太陽光発電システム、導入したいですか?

住宅設備

ハイライト

  • 今話題の太陽光発電システムを導入したいかアンケートをとってみた。
  • 結果はほぼ半々となったが、わずかに導入したいという人が上回った。
  • 共通したのは「画期的なシステムである」という認識であった。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

住宅設備

エコ、電気代も節約できる、余った電気が売れる、と話題の太陽光発電システム。太陽の光はいくら利用してもタダなのに、そこから電気が生み出せて使わない分は買い取ってもらえる。しかしその反面、気になるのは設置の費用や元を取れるかどうか心配だ。

今回はそんな太陽光システムの導入について、実際に設置している人や検討を考えている人などを含め、アンケートをとってみた。

アンケートの質問内容と結果は下記の通りである。

自宅に太陽光発電システムを導入したいですか?

自宅に太陽光発電システムを導入したいですか?
・はい:51%
・いいえ:49%  

結果は、わずかに導入したいというご意見が上回った。始めに、「はい」を選んだ人の意見をみてみる。

「現在も自宅で太陽光発電システムを取り入れており、電気代の節約に直接結びついているからです。夏場は、一日何回もお風呂をたいても、電気代に響きません」
「今の制度だと、太陽光発電は絶対に得だから。導入できるのであれば借金してもすべき」
「停電のときに安心できますし、余った電力が売れるのはとても魅力的だから」
「太陽光発電を設置すると、自宅でどの位電気を使っているかも分かるし、発電量を見ながら節約もできるし、余った分は売電できるので、設置にかかった費用も将来的には回収できるからです」

実際に利用されている方からのご意見が多く見受けられた。実体験なので説得力がある。


一方「いいえ」を選んだ人の意見を見てみる。

「マンションなので、太陽光発電システムが導入できない」
「初期費用がとても高く、何十年も使っていないと元が取れないと聞いたから」
「知人に聞いた話だと、太陽光発電だと発電量が日光量に左右されるとのことです。やはり安定的に電力を得るには、太陽光でないほうがいいと思う」
「今の家は屋根瓦で、地区年数も30年を超えており、阪神大震災も経験した家です。強度の面で不安があり、今の家では導入は厳しいと考えています」

そもそも導入が難しい住宅にお住まいであることや、初期費用の面、発電量への不安に対するご意見が多く見受けられた。


どちらの意見も納得のできる内容で、回答がほぼ半分に分かれた理由がよくわかる。「はい」を選んだ人は太陽光発電システムのメリットを実感している人が多く、「いいえ」を選んだ人は、導入したくても難しい、もしくは現時点で問題点とされる部分を気にしている意見が多く見られた。

しかし、双方に共通するのは「画期的なシステムである」という認識であり、これからシステムが進化していく中で問題点がクリアされていった暁には、また違った話が聞けそうだ。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年2月25日~3月5日
  • 有効回答数:100サンプル
いい家選ぶ、いえらぶ
▼オール電化対応のお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

オール電化対応の物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事