借りる

家賃は下がる!?家賃の交渉をした経験を聞いてみた!

賃貸

ハイライト

  • 家賃の値引き交渉をした事があるかアンケートをとってみた。
  • “はい”と答えた人は駄目元でチャレンジしている人が多いようだ。
  • “いいえ”と答えた人でも先方から言い出されて値引きしてもらえたという経験もあるようだ。
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
GOTO不動産キャンペーン

賃貸

賃貸契約のときに値引き交渉は出来るのだろうか。一度契約したら二年、四年となんだかんだ長く住んでしまうこともある賃貸物件は、考えてみたら結構な額の出費になるもの。

できれば毎月の家賃は安い方がいいけれど、言われるとおりに契約をしてしまいがちなものが賃貸。日本人はなかなか値引きの習慣があまりない。いったいどれだけの人が値引き交渉をしているか調べるためにアンケートをとってみた。

アンケートの質問内容と結果は以下の通りだ。

いままで賃貸物件の値引き交渉をしたことがありますか?

いままで賃貸物件の値引き交渉をしたことがありますか?
ある:23%
ない:77%
      

なんと、値引き交渉をしたことある人が23%であった。やはり大多数の人が値引き交渉をしたことがないという結果になった。

ない人の意見には、「値引きするということが頭になかった」という意見から、「ぐいぐい言える性格ではない」「交渉がもとより苦手」といった意見が見られる中、意外と多かったのが「値引き交渉をする前に、先方から言い出してもらった」「担当の不動産屋が親切で、私から言わなくても家賃については家主さんに聞いておいてくれた」などという、いい人との巡り会わせがあったという意見も。


一方、値引き交渉をした事のある人の意見では、こんなものがある。

「不動産屋に勤める知人に、家賃は交渉すると下がる場合が多いと聞いていたので、一度は交渉している。固定費だから千円でも下がると嬉しいし、もともとその家賃で検討した物件だから損をしたような気持ちにはならない」
「インターネットを閲覧したところ、自分の住んでいる物件が自分の住んでいる家賃より一万円以上も安い値段で募集をかけられていた。友人も家賃交渉に成功したこともあり、自分もチャレンジした」
「元の家賃の値段がキリの悪い値段だったので、ちょうどよい値段まで下げて欲しいと交渉した」

キリが悪い数字だったり、今住んでいる場合でも更新時に交渉を持ち出すものも値引き交渉のポイントかもしれない。

おおむね「ある」と答えた人の意見をみてみると、駄目でもともと、下げてもらえたとしたらラッキー程度の気持ちで交渉を行っているようだ。たしかに固定費で、毎月数万円が出て行く。たとえ千円でもちりも積もれば山となる、ということだろう。


値引き交渉をしたことがない人のほうが多かったものの、ない人でも先方から言い出されて値引きしてもらえたという経験もあるという。また、値引き交渉自体頭にないという人も多いため、やってみたら意外と金額が下がって得した!なんてこともあるかもしれない。

交渉して、下がればもうけもの、下がらなくても文句なく、何一つ損をしないのだから、一度くらい軽い気持ちで尋ねてみるのはいいかもしれない。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年2月7日~2月13日
  • 有効回答数:100サンプル
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事