借りる

注目度の高いデザイナーズ物件における人々の関心の実態

賃貸

ハイライト

  • 今流行のデザイナーズ物件について興味があるか、アンケートをとってみた。
  • 注目度は高いが、興味のあるなしは半々という結果になった。
  • デザイナーズ物件はかっこいいが、やはり重要なのは家賃の安さのようだ。
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口

賃貸

建築デザイナー達のアイデアあふれるデザイナーズ物件。一味違った個性的、芸術的な居住空間が今、たいへん注目されている。

デザイナーからすれば様々な工夫が凝らされた作品なわけだが、それにともなう割高なコストや使い心地に関しては賛否両論である。スタイリッシュな生活を提供してくれる一方で、家賃が割高であったり、使い勝手に少々難ありという可能性があり、どちらを重要視すべきかは個人の問題である。

今回はこの今流行りのデザイナーズ物件について、実際に住まいを選ぶ人々がどのような意識をもっているか調査を行うことにした。

アンケートの質問内容と回答結果は以下の通りである。

今流行りのデザイナーズ物件。デザイナーズマンションなど、外観や内装にこだわった物件に興味はありますか?

今流行りのデザイナーズ物件。デザイナーズマンションなど、外観や内装にこだわった物件に興味はありますか?
・いいえ:45%
・はい:55%

注目度は高いように感じたが、ふたを開けてみれば関心あるなしは半々という結果であった。


いいえ派の意見には次のようなものがあった。

「家賃が高いイメージがある。外観や内装は二の次で、とにかく安いことが命」
「最初はかっこいいと思うが、最終的に重要なのは家賃、立地、機能性。」

いいえ派の意見は、納得の理由が多くあげられた。多くが、見た目の為だけにお金を余分に使いたくはないという意見であった。共通して、住まいには寝る場所や水回りなど、快適性・実用性を求める傾向にある。仕事に精を出す独身男性等が特に該当するのだろう。

また、はじめの流行りであるうちは良いが、後々のことを考えるとやはりオーソドックスな流行り廃れのないもののほうが良いという意見も目立った。


一方、はい派の意見は次の通りだ。

「自分が住むだけでなく、友達や家族が遊びにきたりするので、見た目良いほうが人も呼びやすい」
「外観や内装は生活するうえで、心を豊かにするものと考える」
「住まいは毎日接するものだから、その空間をどう感じるかはとても重要」

こちらは精神的なものを意識している意見の多い傾向がみられた。自分だけでなく周りの人からの目線も考慮するという意見、住むうえでさらに充実した生活の為にデザインは重要という意見など、様々であった。自分だけの空間にこだわる人、また特に外部から人を呼ぶことの多い女性の関心が高いことがうかがえる。


アンケート結果から、デザイナーズ物件に関心のあるなしでは求めるものの違いがはっきりと異なっていることが分かった。

関心のない人は、もともと居住空間に何もオプションを求めない人々であり、デザイナーズ物件に限らず住まいへの関心が低い傾向が感じられた。一方で、デザイナーズ物件に関心のある人は住まいの外観や内装はもちろん、自分の身のまわりのものが精神に少なからず影響を及ぼすと考えている人々であった。

人それぞれ何かしらで個性を表すものだが、デザイナーズ物件に関しても、建築家の個性に加えて様々な人の個性の表現材料として、これからも発展していくのではないだろうか。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年2月7日~2月13日
  • 有効回答数:100サンプル
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事