引越し

マンションに住むときに重視する箇所は何か?

引越し

ハイライト

  • マンションを選ぶ際どのような点を重視しているのかアンケートをとってみた。
  • バス・トイレ別という意見が半数を占め、日本人ならではという結果になった。
  • 2階以上やオートロックという声も多く、やはり安全性は重視されている事が分かった。
  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

引越し

いまや一軒家よりも乱立しているマンション。都会には高層をこえた、超高層マンションが乱立していて、購入者としても賃貸者としても選ぶ側はよりどりみどりな状態である。

もちろんマンションであっても大切な家には変わりない、賃貸にせよ分譲にせよ、ここだと決めるポイントは人それぞれのはず。

家賃や立地条件の同じマンションがあったときに、人々はどのような点を重視してマンションを選んでいるのか、アンケートを取ってみた。
質問内容と回答は以下の通りである。       

マンションに住む場合、最も重視するものはどれか。

マンションに住む場合、最も重視するものはどれか。
・バス・トイレ別:50%
・2階以上:19%     
・オートロック:17%
・ペット可:14%

なんと、バス・トイレ別であることを最も重視すると答えた声が半数を占めた。最近の分譲マンションではバス・トイレが同じマンションはほとんどないが、賃貸ではまだまだ多い。

「毎日使う場所で、特にお風呂はリラックスする場所なのでストレスを感じたくない」「ユニットバスだとせっかくのお風呂にゆっくり出来ない」というように、風呂とトイレが同じではくつろげないという声が多数。また、「家族と一緒に住むのが難しい」という声もあり、ホテルならばまだしもという声が多数であった。


続いて多いのは2階以上であることを重視するという声である。「防犯上の理由」で、特に女性の一人暮らしや、洗濯物を干す際に防犯を気にする声は多く、みな一様に実体験をもとに選択しているようである。

「不審者に狙われやすい、動物や虫が入り込みやすいのに対策が難しい」「通行人に覗かれたり子供にいたずらされやすいなど、ストレスのたまることばかり」「高層階は災害時に不便を強いられるが、二階もしくは三階ならば住みやすい」という声もあった。

防犯の面で言えばオートロックを重視するという声もある。

「より安全性の高いところを重視する。二階以上というのも大切な要素だが、鍵を壊されたら一緒」「自分の部屋のフロアに知らない人に入ってほしくないし、セールスなどの押し売りを上手に断れないのでオートロックでシャットアウトしたい」という声もあった。


賃貸でも分譲でも、住まいになるマンションを選ぶときはあれもこれもときになってしまう。しかし、あってもよいものとなくてはいけないものは違うように、マンション選びの際に重視するものは「なくてはならない」ものである。

安心して生活し、リラックスできないマンションはイヤということが、「バス・トイレ別」や「2階以上」、「オートロック」に票が集中したということであろう。少しでも理想の住まいに近いマンションを見つけることが必要である。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年2月7日~2月13日
  • 有効回答数:100サンプル
いい家選ぶ、いえらぶ
▼ペットと暮らせるお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

ペットと暮らせる物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事