暮らし

この夏行きたい!2022年新オープンの関西グランピング施設4選!

いえらぶコラム編集部

この夏行きたい!2022年新オープンの関西グランピング施設4選!

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

じめじめとして気分も落ち込んでしまう長い梅雨を乗り越えたら、待ちに待った夏の到来です!

清々しい気分で過ごせる夏は、景色の良い場所や自然豊かな場所に出かけてアウトドアアクティビティを楽しむのにピッタリ。

そんな夏は、自然の中で気心の知れた仲間や家族と美味しい料理やバーベキューを楽しめるグランピングに行ってみませんか?

今回は、関西で今年オープンしたばかりのグランピング施設を4つ、ご紹介いたします。

なかには温泉やサウナなどを備えた施設もありますので、心だけでなく身体もじっくり休めたい方も必見ですよ!

①かいづかいぶきヴィレッジ/大阪府貝塚市

①かいづかいぶきヴィレッジ/大阪府貝塚市
https://onl.la/wVapnqp

大阪湾のパノラマビューが望める二色の浜と、天然のブナ林が広がる和泉葛城山の間、地域の自然をありのままに活かした広大な敷地にあるのが「かいづかいぶきヴィレッジ」です。

地産地消やスローフードを目指し、地域の自然や文化、人々と一体となって作られたこのグランピング施設では、地域の恵みをそのままに体感することができます。

広大な敷地を贅沢に使ったグランピングエリアには、ロータスベルテントやドームテントがあり、自然を身近に感じながらゆったりと会話や食事を楽しめますよ。

料理は、三ツ星レストランで腕を磨いたシェフが監修した洋食×フレンチのコース料理を提供。

泉州の豊かな自然の恵みを受けて育った地元の食材をふんだんに使った料理を堪能できます。

施設内には地元で採れた野菜の直売所があり、さらに貸農園や収穫体験など、農のある豊かな暮らしの体験もできます。

敷地内には地元の人々からも愛される天然温泉もありますので、そちらも是非ご利用ください。

・住所:〒597-0103 大阪府貝塚市馬場3081

・チェックイン:15時00分~18時00分

・チェックアウト:10時00分

・定員:2~8人

大阪府貝塚市のその他のお出かけスポット

山と海に挟まれた貝塚市は、郷土的な自然が魅力的です。

海に面した海水浴場「二色の浜」では、穏やかな大阪湾を眺めることができ、潮干狩りや手ぶらBBQもできるので、子どもと訪れるのにピッタリ。

天然のブナ林が有名な和泉葛城山には展望台があり、木々の香りに満ちた空気を吸いながら山岳地帯の緑深い景色を望めます。

夜には大阪湾をぐるりと囲むロマンティックな夜景も楽しめますよ。

大阪府貝塚市の家賃相場はコチラ

②ファームグランピング京都天橋立/京都府宮津市

②ファームグランピング京都天橋立/京都府宮津市

京都府の北部、宮津湾を望む海岸沿いに2019年にオープンした「ファームグランピング京都天橋立」。

食育をテーマとした注目のグランピング施設に、今年新ルームが誕生しました。

新たに生まれたのは、定員5名の宿泊ドームの隣に、サウナと天然温泉を備えたSpaドームがあるプラン!

エメラルドブルーの海を湛える宮津湾のパノラマビューを眺めながら、天然温泉で身体をゆっくり温め、サウナで身体の芯からデトックス、ロウリュウの心地良いアロマの香りで心もリラックス。

サウナの後は海をより間近に見ながらの外気浴もできてしまいます。

食材には近隣の自家農園で育てた20種類以上の野菜や京都和牛、宮津の海の幸など、地元で採れたものをふんだんに取り入れています。

また、ピザづくりやポテトチップスづくりなど、食に関する体験ができるのも大きな特徴。

身体と心をじっくりと癒しながら、人の暮らしを形作り食への理解も深められる、そんなリトリートがここならできます。

・住所:〒629-2243 京都府宮津市難波野397-13

・チェックイン:15時00分~

・チェックアウト:8時00分~10時00分

・定員:2~12人

京都府宮津市のその他のお出かけスポット

宮津市といえば、宮津湾から阿蘇海を切り取る様がまるで天へと昇る龍のようにたとえられる、日本三景のひとつ「天橋立」はあまりにも有名です。

その景色は実に美しく、浜辺をゆっくりと散策しても、展望台からその全景を眺めても、水上の観光船から浜と松並木を眺めても、古来からの名勝地を満喫できます。

また、智恩寺や元伊勢籠神社など、京都ならではの寺社仏閣も多く、古来から残る自然と歴史の両方を感じ取ることができます。

京都府の家賃相場はコチラ

③In the Outdoor白浜志原海岸/和歌山県白浜町

③In the Outdoor白浜志原海岸/和歌山県白浜町
https://www.jalan.net/yad333258/

「In the Outdoor白浜志原海岸」は、関西エリアで初めて国立公園内にオープンしたグランピング施設です。

敷地があるのは、「ベアーズロック」や「鳥毛洞窟」、「志原千畳敷」など、10万年前から変わらない手つかずの大自然が残る志原海岸のすぐ近く。

施設内には、そんな大自然が楽しめるこだわりが詰め込まれています。

デザイナーがそれぞれのコンセプトに合うように丁寧に設計した宿泊棟は、テントタイプやトレーラーハウス、ドッグラン付きキャビンなど、個性溢れる洗練されたものばかり。

宿泊棟の種類ごとにエリアが分かれているので、それぞれの滞在スタイルに合った時間を過ごせますよ。

一棟ごとに焚き火台が設置されているので、大自然の静けさに抱かれながら、焚き火の音に耳を澄ませる、なんて夜の過ごし方も粋ですね。

また、白浜町は温泉が多いことでも知られ、周辺には数多くの名湯があります。

徒歩約5分の「リヴァージュ・スパひきがわ」は美人の湯としてファンも多いです。

・住所:〒649-2511 和歌山県白浜町日置1875

・チェックイン:15時00分~

・チェックアウト:~11時00分

・定員:2~16人

和歌山県白浜町のその他のお出かけスポット

関西屈指のリゾート地として有名な白浜町には、自然を満喫できるスポットが他にもたくさん。

白い砂浜と青い海が美しい「白良浜」は、まるでハワイにいるかのような気分を味わえます。

海だけでなく、世界遺産にも登録されている「熊野古道」では、1000年以上続く歴史と森のパワーを感じられますよ。

和歌山県の家賃相場はコチラ

解体の窓口

④Lakeside Resort & Cafe AFUMI KITAKOMATSU/滋賀県大津市

④Lakeside Resort & Cafe AFUMI KITAKOMATSU/滋賀県大津市
https://shiga.uminohi.jp/information/lakeside/

琵琶湖の湖西、滋賀県大津市に2022年7月にオープンするのが「Lakeside Resort & Cafe AFUMI KITAKOMATSU」です。

湖畔に広がる約8,500㎡の広大な土地を、わずか12棟の宿泊棟で使うという、贅沢で開放的なプランがとても魅力的。

琵琶湖が目の前にある大自然のロケーションを、日本初となる建築基準法に適合したドームテントやヴィラで、心行くまで堪能することができます。

透明度の高い水を湛える琵琶湖まではなんと徒歩10歩、晴れた日には湖畔で雄大な景色を眺めながら朝食をとることもできるんです。

毎日、夜間限定で施設内にオープンするFREE BARは、料金が宿泊代に含まれているインクルーシブサービス。

アルコール類だけでなくソフトドリンクも、無料で気軽に楽しめますよ。(*一部有料メニューもあり)

・住所:〒520-0501 滋賀県大津市北小松997-1

・チェックイン:15時00分~18時00分

・チェックアウト:~10時00分

・定員:2~6人

滋賀県大津市のその他のお出かけスポット

施設から車で約15分には、琵琶湖のパノラマビューが望める「びわ湖バレイ」があります。

麓からロープウェイで5分ほどの山頂からは、琵琶湖を見下ろし自然の広大さを体感できます。

施設内にはダイニングやカフェなどもあり、大自然のなかでも快適に非日常の体験ができますよ。

また、お隣の高島市には、湖の中にそびえ立つ鳥居が有名な「白髭神社」もあり、琵琶湖の広々とした景色を楽しむには事欠きません。

滋賀県大津市の家賃相場はコチラ

まとめ

空調設備など快適な施設が整ったグランピング施設では、暑い夏でも快適に、夏の清々しさを楽しめます。

この夏は、新しくオープンしたグランピング施設で、家族や友人と楽しい時間を過ごしてみませんか?

いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事