暮らし

不動産売却を考えたら仲介?買取?それとも賃貸経営?どれがお得?

いえらぶコラム編集部

不動産売却を考えたら仲介?買取?それとも賃貸経営?どれがお得?

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

不動産売却をお考えの方は、さまざまな理由で売却を検討されていると思います。

住み替えや、転勤、相続…今まで住んでいた家などを売却するわけですから、どのような形で売却するか、悩むのは当然です。

それぞれの家には、そこに住んでいた人の人生が刻まれていて、多くの思い出が詰まっているものですよね。

それでも手放すと判断するなら、自分に合った売却方法を選択するのが良いのではないでしょうか?

そこで、この記事では不動産売却をお考えの方に向けて「仲介」「買取」「賃貸経営」という不動産売却の選択肢について解説していきます。

不動産売却を検討中の一助になればと思います。

不動産売却の基本的な流れ

不動産売却の基本的な流れ

今まで住んでいた家や親から相続した家の売却を検討するとき、不動産売却の流れを知っていると今後の手続きに安心感が生まれますよね。

ここでは、不動産売却の基本的な流れをご説明いたします。

売却までの流れ

①売りたい家の相場を知る

まず大切なことは、持っている家の価値を知ることです。

どのくらいの価値があって、どのくらいの価格で売ることができるのか、近隣の相場を調べることが必要です。

②査定の依頼

実際どのくらいの価格になるのかを査定してもらいます。

査定は不動産会社にお願いしますが、1社だけではなく複数社に査定の依頼をすることで、信憑性のある査定額を知ることができます。

③媒介契約を結ぶ

査定額が分かったら、不動産会社と媒介契約を結び、販売活動に入ります。

媒介契約の種類によって販売戦略にも差が出てくるので、ここでは不動産会社選びと媒介契約の種類を十分に検討することが大切です。

媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があります。

都市部の需要が高いマンションなどの場合は複数不動産会社と媒介契約を結ぶ一般媒介契約がおすすめですが、戸建ての場合は1つの不動産会社と媒介契約を結んで積極的な販売活動をおこなってもらう「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」をおすすめします。

④購入希望者と価格の交渉の後、売買契約を締結

⑤決済と引き渡し

⑥確定申告をする

以上が売却の流れになります。

不動産売却には2つの選択肢がある

不動産売却には2つの選択肢がある

売却することを決めても、選択肢は1つだけではありません。

売却には「仲介」と「買取」という選択肢があります。

もちろん、2つとも不動産を「売る」ことに変わりはありませんが、状況に応じてどちらかを選ぶことが可能です。

ここでは、「仲介」と「買取」の概要についてご説明します。

不動産売却における仲介とは?

仲介とは、不動産売買時に売主と買主の間に不動産会社が立ち、売主と買主の手続きや契約を成立させることをいいます。

そのとき、売主と仲介する不動産会社は媒介契約を結びます。

不動産会社は販売活動を始めるだけでなく、買主が見つかってはじめて売却が可能となるので、売主は売却までにある程度の期間を要することを納得しなければいけません。

また、不動産会社へは仲介手数料を支払わなければなりません。

仲介の場合、販売価格は売主の希望で決めることができるので、相場と同程度の価格で売却することも可能です。

つまり、相場よりも低い価格となる「買取」よりも、高い価格で売却できるのです。

そのため、住宅ローンの返済が残っている方や、住み替えで新居の購入資金が必要な方など、高く売りたいと思っている方は不動産仲介での売却がおすすめです。

不動産売却における買取とは?

買取とは、不動産会社が買主を探すのではなく、不動産会社がその不動産を直接買い取る方法です。

買取の場合、買主を探す必要がなく、売主と不動産会社の交渉が成立すればすぐに買い取ってもらえるので、売却が完了するまでのスピードが速いです。

また、媒介契約を結ぶ必要もありませんし、仲介手数料の支払いもありません。

仲介の場合、売却期間が平均3~4か月ほどかかりますが、買取だと早くて7日~1か月ほどで売却が完了します。

しかし、売却価格と買取価格には大きな差があります。

買取をした不動産会社は、その家をリフォーム・リノベーションして新たに売り出します。

そのため、買取価格は相場の70~80%の価格になることが多いと一般的に言われています。

「価格は問わないから、とにかく早く売りたい」という方には、買取は良い方法といえますね。

不動産売却をまだ迷っているなら、賃貸経営という選択肢も

不動産売却をまだ迷っているなら、賃貸経営という選択肢も

家を売ることは、人生でもっとも大きな判断といえます。

さまざまな事情で住まなくなったとしても、売却して他の人の手に渡ってしまうことに淋しさを感じる方もいるかもしれません。

多くの思い出が詰まっている家を売却するという選択もありますが、売却してしまってから後悔しても取り返しがつきません。

そこで、不動産売却のもう一つの選択肢として「賃貸経営」をご紹介いたします。

不動産売却から一転、不動産投資へ!

今、投資の中でも不動産投資を副業として選んでいる方が多くなっています。

不動産投資の一番の魅力は「家賃収入」です。

賃貸経営では、家賃収入という安定的で定期的な収入を得ることができます。

仕事をしながら、副業として家賃収入があるのは大きな魅力ですよね。

賃貸経営をする際は、自分で経営をするか、または賃貸経営を専門の不動産会社に委託しておこなうことになります。

不動産会社へ委託する場合は、信頼できる不動産会社を選ぶことが重要なポイントです。

また、自己資金が少ない場合でも、不動産や家賃収入の収益を担保にした資金調達が容易になります。

将来的に、不動産を増やして賃貸経営の拡大を視野に入れることもできます。

このように、思い出の詰まった家を貸すという選択には家賃収入という大きなメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

一番のデメリットは、借り手が見つからずに空き家になってしまうことです。

そうなると、家賃収入はないうえに固定資産税の支払いまで続くことになります。

ほかにも、地震や火災などの災害のリスクもあります。

また、家のメンテナンスは続けていかなければならないので、そのための費用もかかります。

メンテナンスを続けるのは、綺麗で気持ちの良い家を維持しなければ、借り手も見つからなくなるからです。

何を基準に、売却か賃貸かを判断すべきか?

家を売却することも賃貸にすることも、どちらにもメリットやデメリットがあります。

家を売却する場合に必ず希望の価格で売却ができる保証はないですし、同じように賃貸経営で家賃収入を期待して家を貸そうと思っても、収入を得られる保証はありませんよね。

売却か賃貸かを判断する際には、自分や家族の生活や不動産に対する考え、そして将来に向けた計画が重要です。

これらを全て考慮して、自分たちに合った選択をすることで、納得のできる方法を選ぶことができるのではないでしょうか。

解体の窓口

まとめ

不動産売却をお考えの方は、「家を手放す」ということに疑問や不安を持ちながら選択して進んでいきます。

最終的な選択肢はひとつかもしれませんが、そこに至るまで納得できるよう考えることは大切です。

今回は、不動産売却をしたい方に向けて「仲介」と「買取」、そして「賃貸経営」という選択肢についてご紹介いたしました。

今回の記事を参考に、どちらが得かというだけではなく、自分と家族の考えに合った不動産売却の選択をしていただければ幸いです。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事