暮らし

初めての不動産売却を成功させるためには?

いえらぶコラム編集部

初めての不動産売却を成功させるためには?

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

不動産売却をご検討されている方の理由はさまざまです。

今の住まいよりも良い住まいへ、家族構成の変化、そして資産整理ということもあります。

どのような理由であっても、やはり「早く」、「高く」売れることが第一前提ですよね。

そこで、初めての不動産売却を成功させるために必要なパートナーとなる、不動産会社について詳しくご説明していきます。

不動産売却の基礎知識をしっかりおさえ、初めての不動産売却を成功させましょう。

初めての不動産売却の基礎知識

不動産売却の成功は会社選びにかかっているといわれ、優秀な不動産会社を選ぶことで納得できる売却につながります。

初めての不動産売却の基礎知識

ここでは不動産売却の流れと、大切な会社選びについてご説明します。

不動産売却の流れ

それでは、実際に会社を選ぶ前に重要なことを確認します。

それは不動産売却の流れを把握することです。

この流れを逆算しながら、動き出していくと希望の時期に売却が可能になります。

流れ①不動産会社に査定依頼

流れ②自分で近隣の売却価格など相場を調べる

流れ③不動産会社を選んで契約締結をする

流れ④不動産物件を売り出す

流れ⑤売却の交渉・売買契約・引渡し

自分でも相場を調べておくことは、立地に合った価格設定をしてくれる不動産会社を選ぶというときに大切になります。

初めての不動産売却で失敗しない会社選びとは?

不動産売却をご自分でおこなおうとすると、売り出し価格の設定、買い手を探す、内覧の準備、購入価格の交渉、たくさんの契約書の準備などやらなくてはいけないことが多く大変です。

そこで、煩雑で労力を要することを不動産会社に担ってもらい、希望の売買を成功させるのです。

不動産売却で失敗しない会社選びとは、売却に向けた優秀な不動産会社を選ぶことなのです。

では、不動産会社を選ぶ際に着目すると良いポイントをご紹介します。

・会社選びのポイント1:大手と中小どっちが良いのかチェック!

答えは「大手、中小に偏らずに比較する」ことが大切になります。

大手の良さは、全国を網羅したネットワークの豊富さで、売却したい物件の情報を全国各地に流すことができます。

遠方の購入希望者が見つかる可能性もあり、買い手を広げることができます。

また、中小でしたら「地の利」を活かした活動を展開できる強みがあります。

地域に根差した中小不動産会社でしたら、地域密着型の良さを活かした売却金額を設定してくれます。

・会社選びのポイント2:宅地建物取引業の免許更新の回数で実績をチェック!

不動産売買を仲介する不動産会社には、「宅地建物取引業の免許」が必要になります。

宅地建物取引業の免許は5年に1回の更新になっていて、数字が大きいほど業歴が長いことを表しています。

もちろん更新回数が多いからといって必ず優秀とはいえませんが、更新回数が多いだけ業績が長く売却の実績もあると判断できます。

・会社選びのポイント3:売却以外のサービスの充実度もチェック!

不動産売却を仲介する会社は、売却だけではなくてさまざまなサービスを提供してくれます。

たとえば、仲介手数料やハウスクリーニングの費用を割引するサービスは嬉しいですよね。

不動産売却の仲介を依頼する会社が、どのようなサービスをしてくれるかで選ぶと費用をおさえることにつながります。

このように3つのポイントで会社を選んでいきますが、3つのポイントの前提として大切なことは、会社選びは「複数社を比較」するということです。

なぜ、複数社の比較が必要なのかというと、売却予定の物件の査定額の比較が重要なのです。

不動産会社の査定には明確なルールがないため、不動産会社によって査定結果が異なってきます。

1社の査定結果を見ただけで決めてしまうと、不動産の売却相場を正確に判断することはできず、安く売却してしまう恐れが出てしまうのです。。

3社以上の査定結果を比較できるよう査定を依頼してもらうと良いですね。

不動産会社の正しい選び方:「売却力のある会社」とは

いよいよ売却を依頼する会社を選ぶときに、まずはその会社が自分の不動産を売却に導いてくれる力量があるかを確認しなくてはいけません。

そこで3つの方法で「売却力のある会社」を確認しましょう。

不動産会社の正しい選び方:「売却力のある会社」とは

会社の規模ではなく提案内容で比較する

会社が大手だからというだけで、売却力があるというわけではありません。

不動産業界では「REINS(レインズ)」と呼ばれる「不動産流通標準情報システム」が利用されていて、物件情報が広く流通しているので、どの業者でも見れる情報が同じなのです。

ということは、情報量が多いということで選ぶのではなく、業者の提供しているサービス内容で選んでいくのです。

たとえば、一時的に荷物を預かるサービス「お荷物お預かり」や売却後に住宅の設備に不具合が生じた場合費用を負担してくれる「設備保証」などです。

その他にも、プロカメラマン撮影・ホームステージング・24時間駆けつけサービス・即時買取・買取保証・買取賃貸居住サービスなどがあります。

このようにみてみると、さまざまなサービスを提供してくれる会社に依頼したほうが満足度は高くなりますよね。

売却力のある会社は、規模ではなくサービス内容で選びましょう。

会社の専門性と実績を確認する

不動産業者といっても、専門にしている業務には「売却業」「賃貸業」「管理業」などさまざまです。

このような業務のなかでも動産売却は専門性の高い業務なので売却を専門にしている会社に依頼することが大切です。

売却を専門にしている会社だと、売却実績が多くノウハウや専門知識があるので、よりスムーズに売却業務をおこなうことができますよね。

また、売却したい物件と似たような物件の売却実績がある会社だとさらに良いですね。

「囲い込み」をしないか確認する

囲い込みとは、不動産業者がその物件を囲い込んで両手仲介を狙う行為のことです。

不動産会社にしてみると、囲い込みをすると売買どちらも契約を取れば売主と買主の両方から仲介手数料をもらえるということになります。

しかし、売り手側が囲い込みを受けていると、他社から高値で購入依頼があっても依頼を断り1社だけで買主を探すため、どうしても成約までに時間がかかってしまいます。

囲い込みを受けていることを知らないままだと、いつまでたっても売れないということになってしまいます。

囲い込みを防止するには不動産会社と媒介契約を結ぶ前に、囲い込みをしないか担当者に確認することです。

不動産会社の正しい選び方:「信用できる営業マン」とは

売却力のある会社を選んでも、最終的に大切になってくるのは人間力です。

希望に沿った売却を目指すには、営業マンの知識や交渉力が重要となるのです。

取引条件を良くする、信頼できる営業マンであるかを確認する方法をご紹介します。

不動産会社の正しい選び方:「信用できる営業マン」とは

「宅建士」の資格を保有している人を選ぶ

不動産売却には専門的な知識が必要です。

経験だけではなく、不動産取引の専門家として一定以上の知識を保有しているという証明として宅建士の資格を持っている営業マンでしたら安心して任せることができます。

宅建士だけでなく、他にも資格をたくさん持っている営業マンでしたら、さまざまな問題や質問に応えてくれると思うので心強いですね。

売却仲介経験が長い人を選ぶ

資格を持っている営業マンが良いです!といったことと矛盾するようですが、実際に数多くの売主と関わり仲介をおこなってきた実績がある人を選ぶということは、対応力が高いと判断できます。

業績が豊富だと、売主の状況にあわせたアドバイスが適切になり安心して任せることができます。

親身に疑問点や答えてくれる人を選ぶ

初めて不動産売却をしようとお考えの多くは、疑問や不安をお持ちです。

そのような中で売却という大きな決断をするわけですから、営業マンがどれだけ親身に疑問に答えてくれる、人間性を持っているかは非常に重要になってきます。

最重要なのがビジネスマン以前に「人」として信頼できるかということになります。

解体の窓口

まとめ

不動産売却には、信頼できる会社選びと、人として信頼できる営業マンとの出会いが重要になります。

初めての不動産売却には不安が多いと思いますが、このような出会いの中からスムーズな売却につながっていきます。

納得の会社選びで、初めての不動産売却を成功に導いてください。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼リフォーム済・リノベーションのお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

リフォーム済・リノベーションの物件検索画面へ

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事