住まいのノウハウ

土地の探し方とは?いろいろな土地の特徴もご紹介!

いえらぶコラム編集部

土地の探し方とは?いろいろな土地の特徴もご紹介!

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

土地探しの動機はいろいろありますが、「家を建てたい」から、「土地を探す」ということが一番多い動機でしょう。

今回は、失敗しない土地探しの方法や、「購入してはいけない!」土地の特徴をご紹介します。

理想の家を建てるための第一段階である、土地探しのご参考になればと思います。

土地購入に必要な知識と購入前に決めておくこと

土地を探し購入する際には、「知識」と土地を探す動機を再認識したうえで、目的・理想に合った土地を探すために、いくつかのポイントを決めておくことが大切です。

ここでは、土地購入を失敗しないために、必要な知識や探す前に決めておくことについてご紹介します。

土地購入に必要な知識と購入前に決めておくこと

<土地購入に必要な知識とは?>

土地購入を失敗しないためにも知っておいたほうがいい法的規制をご説明します。

「なるほど?!そういうことか?」と感じる内容ですので、難しいかもしれませんが、最後までお付き合いください。

①用途地域とは最も基本となる建築物の制限のことで、建築できる建物の用途等を定めた地域のことです。

用途地域の中で、最も住環境にふさわしいとされているのは第1種低層住居専用地域です。

その地域は低層住宅に良好な住居の環境を保護するために定められている地域です。

②建ぺい率と容積率は、土地にどれくらいの大きさの家が建てられるかを左右するものです。

建ぺい率とは、敷地面積に対する建物面積のことで、容積率とは敷地面積に対する延床面積のことです。

玄関やバルコニー、ロフト、地下室などは延床面積に含まれません。

③接道義務とは、都市計画区域内の敷地において決められているものです。

建築基準法で認められた幅員4m以上の道路に、2m以上接していなければ建物を建てることができません。

道路に全く接していない敷地や、道路に接している部分が2mに満たない敷地には、原則として家を建てられないのです。

<購入前に決めておくべきこと>

土地を探すときに、闇雲に探しても希望に沿った土地に出会うことは難しいといえます。

また、土地を探し、購入する前には事前に決めておくことがあります。

そうすることで、土地購入に失敗することを防ぐことができるのです。

ここでは、3つの決めておくべきことをご紹介しますので、ご参考にしてください。

・予算を決める

初めに、購入した後に家を建てて暮らしていくご家族の総予算を決めておかないと、それに応じた土地を見つけることはできません。

・希望エリアを決める

どのような住環境のエリアが良いのか決めることです。

これから永く住む場所を選ぶわけですから、将来的な家族環境までも考慮してエリアを決めることが大切です。

・その他決めること

何事もゴールを決めないと達成することは難しいです。

土地も一緒で、いつまでに買うかを決めることです。

そして、おおよその土地の広さや、建てる家の間取りも決めておくと土地探しにも張り合いが出るのではないでしょうか。

このように購入前に決めておくべきことは、すべてそれぞれのご家族のライフステージに沿った条件になります。

実現したい暮らしをイメージして、ライフステージに合った土地探しをすると、土地購入を失敗しません。

おすすめの土地の探し方

土地を探す前に決めておくことが決まったら、いよいよ土地探しに取りかかります。

ライフステージを考慮した「決めておくべきこと」に沿って、おすすめの土地の探し方をご紹介します。

おすすめの土地の探し方

<土地探しの方法>

土地を探す方法は、大きく分けて4つありますので、ぜひご参考にして理想の土地を探してください。

・インターネットで探す

インターネットの良いところは、情報量の多さです。

今ではスマートフォンで外出先でも探すことができることは助かりますね。

キーワードで検索することで、どこでもいつでも土地探しができます。

・自分の足で探す

インターネットでは古い情報も掲載されているので、自分の足で歩いて探す方法は周辺環境を見ることもできるので良い方法です。

インターネットには掲載されていない掘り出し物の土地を見つけることもできるかもしれません。

・不動産会社に依頼する

家や土地の情報や知識を多く持っているのが不動産会社です。

希望の土地について相談し、探してもらうこともひとつの方法ですね。

・ハウスメーカーに依頼する

賃貸や売買を専門に扱っている不動産会社と違って、ハウスメーカーは直接家を建てる会社ですから、理想の家から土地の紹介まで相談に乗ってくれます。

他にも工務店への依頼もあります。

工務店は多くが、特定エリアを対象にしているので、希望のエリアを決めたら工務店への依頼もひとつの選択肢ですね。

土地探しで、どこに行けばいいのか迷ったら、土地や家づくりを専門にしている会社に行くことで、安心した情報が得られるでしょう。

>>いえらぶ物件検索で理想の土地を探す

>>いえらぶ不動産会社検索 口コミであなたに合った不動産会社を探そう

<土地探しのチェックポイント>

4つの土地探しの方法をご紹介しましたが、どのような点に気を付けるといいのか、チェックポイントとしてまとめてみました。

・街並みや住環境といった、土地の立地や雰囲気

・日当たりや風通しに関係する、土地の形や方角

・災害のリスクを考慮した、土地の高低差や水はけや地盤

実際に見に行っても、インターネットなどで探す場合でも、このようなチェックポイントを持っていると、土地探しがスムーズになります。

>>土地の値段の決まり方を解説!相場の調べ方とは?

買わないほうがいい土地の特徴とおすすめの土地

人生のなかで家を建てると決めて、土地を探すということは何度もあることではありません。

だからこそ、失敗しない土地探しのために、買わないほうがいい土地の特徴を知っておいたほうが良いです。

また、理想の住宅を建てる際には、穏やかに住むためにもやはり縁起を担ぎたいですよね。

そこで、人気の風水でのおすすめの土地もご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

買わないほうがいい土地の特徴とおすすめの土地

<買わないほうがいい土地とは>

まず、地名に気を付けて見てみてください。

「池」や「沼」という水に関する漢字が入っている地名は、以前は池や沼だった、またはその近くにだったことでつけたというものが多いです。

これらの土地は、地震が起こったときに液状化現象で大きな被害が出るリスクがあります。

今の状態は良くても、以前はどのような土地だったのかを知ることも大切です。

心配な場合は、「国土地理院」が出している古地図を見てみるのも良いかもしれません。

また、斜面に面した盛土をした造成地だったり、崖地や裏山がある等も自然災害のリスクのある土地ということで、買わないほうがいい土地です。

他にも、形状がいびつな土地であったり、角地で道路に接していない土地なども、買ってはいけない土地になります。

土地がトラブルの原因になる場合もあります。

土地の境界線を明確にする「境界確定」 されていない土地は、隣人とのトラブルになる可能性があるので避けましょう。

構造的に購入に不向きな土地以外にも、過去にその土地で事故が起きているなどの「心理的瑕疵」のある土地も買わないほうがいいでしょう。

<風水でおすすめの土地探し>

長く気持ち良く暮らしていくための土地ですから、風水で探す方も今は多いです。

具体的には、風水で「運気をあげる土地」を探す方法です。

風水では、守られた土地のことを「四神相応の地」といいます。

このような土地は、風水上最高の土地ですので、活気があって人気のある土地になっています。

すでに活気のある街になっている場合がほとんどなので、このような土地を探して購入というのは難しいのかもしれません。

しかし、四神相応の地ではなくても、それに近いおすすめの土地はあるのです。

それは、「北に山や丘、あるいは森林があり、東に大きな川が流れて、南に広々とした公園や畑があって、西に幹線道路などがある」という土地です。

一度、風水で心地よい土地を探すことも良いのではないでしょうか。

解体の窓口

まとめ

家を建てることは人生のなかでも、大きな転機です。

その家を建てるための土地を探し、購入するわけですから悩むことは当然です。

だからこそ、わからないことは解決して、納得のいく土地選びをすることが大切なのです。

ご家族の皆様の思いが詰まった土地選びですから、計画的にゆとりを持って探していくといいですね。

購入したご自分の土地に建てた、居心地の良い家で充実した暮らしを実現してください。

いえらぶ物件検索では、ライフスタイルやこだわりに合った土地探しの情報を掲載しています!

また、売却一括査定もおこなっていますので、物件の売却を検討している方はぜひ活用してくださいね。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事