暮らし

建物の構造の主な種類とそれぞれのメリット・デメリットまとめ

いえらぶコラム編集部

建物の構造の主な種類とそれぞれのメリット・デメリットまとめ

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

家を建てる場合でも賃貸物件を選ぶときにも、注目すべきポイントとして建物の構造があります。

建物の構造にはいくつか種類があり、それぞれに特徴があるため要望にあわせて選ぶと良いでしょう。

そこで今回は、希望どおりの物件選びの一助として建物の構造の代表的な4種類と、主に防音・耐火・耐震・価格や家賃について、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

住み始めてから思わぬデメリットに悩まないためにも、事前に把握しておくと安心ですよ。

建物の構造の種類とは?「RC造」「S造」「SRC造」「木造」の特徴

建物の構造には「RC造」「S造」「SRC造」「木造」と、さまざまな種類があります。

ここではまず、それぞれの種類の特徴を見ていきましょう。

建物の構造の種類とは?「RC造」「S造」「SRC造」「木造」の特徴

<RC造の特徴>

RC造とは、鉄筋コンクリート造のことです。

RC造は鉄筋でできた枠型にコンクリートを流し込み、柱や梁など強度が必要な部分に使用しているのが特徴です。

引っ張る力に強い鉄筋と、圧縮に強いコンクリートを組み合わせたRC造は、今回ご紹介する種類のなかでも比較的、強度に優れた建物の構造といえます。

<S造の特徴>

S造とは、鉄骨造のことです。

鉄骨は粘り強くしなやかなのが特徴で、コンクリートを使用するRC造やSRC造よりも軽量化が実現できることから、今話題のタワーマンションなど超高層の建築物や体育館など広大な建築物に採用されています。

S造のなかでも鋼材の厚みが6mm以上のものは「重量鉄骨構造」、6mm未満のものは「軽量鉄骨構造」に分かれます。

<SRC造の特徴>

SRC造とは、鉄骨鉄筋コンクリート造のことです。

基本的にはRC造と同様の構造といえますが、鉄骨を支柱としているのが大きな特徴で、鉄筋とコンクリートの強度に加え、粘り強くしなやかな鉄骨の利点がプラスされています。

そうした性能の高さからSRC造は、主に高層の建築物に向いていますが、すべてにコンクリートを使用すると重量が重くなってしまうことから、5階以上の上層階にはコンクリートを流し込まない手法もあります。

<木造の特徴>

木造には、従来の木造軸組工法(在来工法)や2×4(ツーバイフォー)工法、2×6(ツーバイシックス)工法などがあります。

木造軸組工法(在来工法)は居住用の建物のほか神社仏閣などの建築物にも採用されている、日本では古くから馴染み深い工法といえます。

建物の構造「RC造」「S造」「SRC造」「木造」のメリット

建物の構造について大まかに把握したところで、ここではそれぞれの種類について具体的なメリットを挙げてみましょう。

建物の構造「RC造」「S造」「SRC造」「木造」のメリット

<RC造のメリット>

RC造に使用されているコンクリートは子どもの泣き声などの高音から物音などの低音まで、高い遮音性が大きなメリットです。

また前述のとおり鉄筋とコンクリートの相乗効果により耐震性能が高く、重量があることから大きな地震での揺れは大きくなるものの倒壊しにくく安心感があります。

コンクリートは不燃材であるため耐火性についても申し分なく、火災などに対しても心強い構造です。

<S造のメリット>

S造のなかでも鋼材の厚みが6mm以上の重量鉄骨構造では、木造や軽量鉄骨造より高い遮音性、耐震性、耐火性が期待できます。

一方、鋼材の厚みが6mm未満の軽量鉄骨構造では、部材の大量生産が可能なことから工期が短く低コストであること、木造に比べて耐震性、気密性が高いことがメリットとなります。

<SRC造のメリット>

SRC造は、鉄骨とコンクリートに加え鉄骨の補強も加わっているため、遮音性、耐震性、耐火性すべてにおいてほかの構造より優れています。

とくに粘り強くしなやかな鉄骨の性質から、地震の揺れを柔軟に受けとめて建物への被害を受けにくいのは注目すべきメリットでしょう。

<木造のメリット>

木造のメリットとして建築費や家賃が安く抑えられる点が注目されがちですが、それだけではありません。

木造というと耐火性や断熱性に不安を持つ方も多いかもしれませんが、実は建築に使用される太い木は熱伝導率が低く、燃えるまでに時間を要することから耐火性に優れているのです。

スギやヒノキ、ブナなどの木材を用いればコンクリートや鉄と比べても遜色のない断熱性が望めます。

またシンプルな構造の木造は設計の自由度が高く、将来のリフォームに対応しやすいのもメリットの1つです。

建物の構造「RC造」「S造」「SRC造」「木造」のデメリット

続いて、建物の構造それぞれの種類について、知っておくべきデメリットを挙げてみましょう。

建物の構造「RC造」「S造」「SRC造」「木造」のデメリット

<RC造のデメリット>

耐震性、耐火性に優れたRC造のデメリットは工期が長いこと、建築コストが高くなることが挙げられます。

新築する場合のみならず将来、解体するときの費用も高くなり、賃貸物件であっても賃料が高めに設定されるため、建築費や毎月の出費を抑えたい方には不向きといえます。

<S造のデメリット>

S造のデメリットは、重量鉄骨構造と軽量鉄骨構造によって違いがあります。

軽量鉄骨構造は工期が短く低コストというメリットがありましたが、重量鉄骨構造となると大量生産が難しく、コストも割高になるのがデメリットです。

軽量鉄骨構造のデメリットとしては、薄い鉄骨は熱に弱く、万一火災が発生した場合、急激に強度が弱まって建物が倒壊する恐れがあります。

また軽量鉄骨構造の壁自体の防音性は木造と同等なので、遮音性能を求める方にとっては心許なく感じるでしょう。

<SRC造のデメリット>

SRC造はRC造に鉄骨をプラスした凝った構造となるため、工期はより長く、建築コストもさらに高額となるのがデメリットです。

ほかの構造に比べて格段に優れた遮音性、耐震性、耐火性が得られるSRC造は「時間やお金をかけても快適さや安心感を重視する」という方におすすめの構造でしょう。

<木造のデメリット>

木造の大きなデメリットは、ほかの種類の構造に比べて耐震性が低いという点です。

ただし耐震性については建築基準法の新耐震基準を満たすことが必須となるため、木造住宅を新築する場合や比較的新しい木造物件であればそれほど心配する必要はありません。

また木材の性質から遮音性が低く音が響きやすいというデメリットがあるため、防音性能を高めて快適な空間を目指すなら建築段階から床や壁、天井などを二重構造にするなどの対策が必要です。

解体の窓口

まとめ

建物の構造にはさまざまな種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

建物の構造は一戸建てかマンションかによっても変わってきますが、建築コストや賃料を抑えたい場合は木造やS造の軽量鉄骨構造、建築コストや賃料が高くなっても快適性や安心感を高めたいと考えるならSRC造をはじめその他の構造を選択するのが良いでしょう。

マイホームを建てる場合は構造の種類から検討するためとくに問題ありませんが、賃貸物件を選ぶ際は要注意です。

賃料が安いからと契約を急いで構造の確認を怠ると、住み始めてからほかの住人の物音が気になったり、万一の火災や地震のときに不安を感じたりする事態にもなりかねません。

賃貸物件を選ぶ際には賃料や間取り図とともに、建物の築年数や構造もしっかり確認するよう心掛けましょう。

いえらぶでは全国の賃貸・売買マンションを、こだわり条件から探せます。

さらに知ってお得!?お引越しマニュアルも掲載しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事