インタビュー

風水を取り入れた家具の配置で2022年の運気をアップ!

いえらぶコラム編集部

風水を取り入れた家具の配置で2022年の運気をアップ!

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

2022年を迎え、今年の運気アップを願って初詣に出かけた方も多いでしょう。

新年のお参りも大事ですが日頃からできる運気アップの手法として、今年こそ取り入れたいのが風水です。

おうち時間が長くなっていることから、インテリアの買い替えや模様替えは生活の質に深く関わってきます。

今回は、昨今の情勢からさらに注目を集めている風水を解説していきます。

リビングや寝室など部屋ごとにピックアップしてご紹介しますので、模様替えなどを計画中の方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

風水を取り入れた家具の配置とは?風水の基本をチェック!

風水というと「専門的な知識がないから難しそう…」と思う方もいるようですが、風水の基本はズバリ「掃除と換気」です。

風水の考え方としては、「掃除と換気」を丁寧におこなうことで悪い気を取り除き、良い気を招くものということなのですね。

新型コロナウイルス感染症の予防でも「換気」は重要なポイントです。

そうした観点から、風水は今こそ取り入れたい考え方ともいえるでしょう。

風水を取り入れた家具の配置とは?風水の基本をチェック!

<風水における方角やカラーの関係とは?>

風水の基本となる「掃除と換気」を徹底するほか、風水で把握しておくべきこととして方角と色彩の関係があります。

方角によってエネルギーや運気の種類が異なるため、家具などを配置するうえで希望する運気の方角をしっかり意識することが大切です。

風水では方角を8つに分けた「八方位」が用いられ、それぞれの方角には相性の良い色が当てはめられています。

たとえば仕事運をアップするなら東、人気運なら南、金運は西、家庭運は南西など、まずは運気アップの希望にあわせて方角を決め、以下で当てはめられたカラーの家具や小物を配置してみると良いでしょう。

風水「八方位」のよる方角と色彩の組み合わせ

北:ピンク・クリーム

北東:多めの白・少しの赤

東:水色・青

東南:オレンジ・黄緑

南:ベージュ・黄緑+白

南西:淡い緑・淡いイエロー

西:淡いイエロー・ピンク

北西:クリーム・淡いピンク

<風水における部屋の方位・方角の調べ方>

風水では方位・方角がとても大切な要素なので、風水を取り入れる前に正確な方位・方角を調べる必要があります。

四角形の部屋であれば間取り図の対角線を結び、交わった点を基点として調べます。

面する辺に張りや欠けがある場合も、面する辺の1/3以下であれば補ったり除いたりして四角形として測りましょう。

そうして求めた基点からコンパスで方角を測り、分度器で正確な角度を導き出して、風水で定められている以下の角度を当てはめてみましょう。

風水で定められている方位の角度

東・西・南・北:30°

北東・東南・南西・北西:60°

風水の基本と方位や方角の調べ方がわかったところで、次項からは運気を上げる具体的な家具の配置や色彩について見てみましょう。

風水を取り入れた家具の配置とは?運気が上がるリビング編

まずは、おうち時間でも過ごす時間の長いリビングの家具の配置や色彩について、具体例を挙げてご紹介します。

風水を取り入れた家具の配置とは?運気が上がるリビング編

<家具の配置が運気アップのポイント!>

風水では、リビング家具のなかでもソファの配置がとても重要視されています。

運気を上げるソファの配置は、リビングの入口からできるだけ遠く、リビング全体を見渡せる上座に置くのがベストです。

またソファは壁にぴったり寄せて配置すると運気が安定するとされています。

ただし上座に窓がある場合、窓を隠すようにソファを置くと運気が停滞する原因となるため避けたほうが良いでしょう。

リビングのなかで存在感のあるものとしてテレビなどのオーディオ類がありますが、こちらは仕事や貯蓄、健康の運気を上げる方角、東側に置くのが風水の定石です。

どうしても東側に置けない場合は南東や南に、それも難しい場合は観葉植物を近くに配置して悪い運気を浄化しましょう。

<色にこだわって運気アップ!>

風水で金運アップといえばイエローですよね。

金運アップを希望するなら、リビングでもソファやクッションなどに意識してイエローを使ってみましょう。

ただしビビッドなイエローは出ていくお金も多くなるので、柔らかな印象のパステルイエローがおすすめです。

また恋愛運や人間関係の運気を上げたいならピンク、リビングで癒しや落ち着きを得たいと思ったら自然を感じさせるグリーンを差し色に使うと良いでしょう。

<仕上げに家族写真を飾って運気アップ!>

風水に従って家具を配置し好みのカラーを選んだら、リビングの東側に家族写真を飾ってみましょう。

風水では写真に直接ピンを刺すこと=呪っていることになるので、写真は必ずフォトフレームに入れて飾ります。

フォトフレームのデザインや大きさを変えてレイアウトするとおしゃれ感も増して、運気はもちろん気分もアップしますよ。

風水を取り入れた家具の配置とは?運気が上がる寝室編

続いてこちらも1日の1/3を過ごす大切な場所、寝室の家具の配置や色彩について、具体例を挙げてご紹介します。

風水を取り入れた家具の配置とは?運気が上がる寝室編

<ベッドの配置が運気アップのポイント!>

昔から不吉という言い伝えのある北枕ですが、風水で運気アップを狙うならぜひ北枕にしてみましょう。

風水の考え方では、北枕は金運や恋愛運、健康運など全般の運気を上げてくれる方角です。

さらに北枕は地球の磁力に沿うため、頭からつま先へと血行の流れを良くしてくれるという効果もあるとか。

「今まで北枕を避けていた」という方も、2022年は運気アップを願って北枕に模様替えしてみてはいかがでしょうか?

ベッドの配置で気を付けたいこととしては、気の流れを直接受けとめてしまうドアの延長線上を避ける、ベッドのヘッドボードは壁にぴったり付けて運気を安定させるといったポイントもあります。

<寝室のカーテンは2重にして運気アップ!>

寝室の窓は厚手のカーテンのみで済ませている方も多いようですが、風水ではレースのカーテンとドレープカーテンの二重使いがおすすめです。

寝室は良い運気を取り入れる場所となるため、二重使いのカーテンで運気を逃がさないようにしましょう。

カーテンの色はベージュやライトグレーなど、落ち着きのある淡い色または引き寄せたい運気にあわせて派手すぎない色合いのものを選びます。

<仕上げに間接照明やアロマディフューザーで運気アップ!>

寝室のレイアウトが決まったら、仕上げに間接照明をベッドサイドなどに配置しましょう。

風水では真っ暗にして眠るのは気の流れが止まって良くないとされています。

間接照明で柔らかな灯りをともしたり、ライトを内蔵したアロマディフューザーを使ったりするのもおすすめです。

良い香りに包まれて眠りにつくのはそれだけでリラックスでき、なにより風水では気の巡りを良くする効果があるので好みの香りを見つけてぜひ試してみてくださいね。

まとめ

今回は2022年の運気アップを狙って、風水の基本と家具の配置やカラーについてご紹介しました。

新年を迎えて間もない今だからこそ風水の考え方を取り入れて、より良い年へスタートダッシュしたいものです。

まだまだ続きそうなおうち時間を快適に過ごすためにも、まずは「掃除と換気」を徹底しながらリビングや寝室の家具の配置や小物のカラーを変えることから、気軽に風水を楽しんでみてはいかがでしょうか?

いえらぶコラムでは、今回ご紹介したような、住まいに関するお役立ち情報をご紹介しております!

ぜひチェックしてみてくださいね。

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
某IT企業でSEOのノウハウを学び、現在はいえらぶGROUPのライターとして活動中。おもに、不動産や税金、車といった暮らしに関わる記事を執筆しています。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事