暮らし

買取再販業者で不動産を売却した方がいいケースとは?業者一覧もご紹介

いえらぶコラム編集部

買取再販業者で不動産を売却した方がいいケースとは?業者一覧もご紹介

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

「不動産を少しでも早く売却したい」と考えている方におすすめなのが、買取再販業者です。

買取再販業者とは、一般的な不動産の売却で多い「仲介」をする業者ではなく、「買取」で利益を得ています。

今回は、買取再販業者とは何かを説明したうえで、買取再販業者を使って不動産を売却した方がいいケースや、買取再販業者の一覧についてもご紹介します。

不動産の買取再販業者とは?

まず、不動産の買取再販業者とはどのようなものかご説明します。

不動産の買取再販業者とは?

<不動産の買取再販業者とは?>

不動産の買取再販業者とは、中古住宅を買取したうえで、リフォームやリノベーションをして不動産の価値を高めたうえで売却して利益を得る業者のことをいいます。

たとえば、間取りの変更、設備の充実、耐震補強工事、省エネ化やバリアフリー化などのリフォームをおこない、既存住宅よりもさらに魅力を高めて売却します。

買取再販業者は、不動産会社以外にも建築会社なども多く、多種多様な事業者が参入してきています。

<買取再販業者と仲介業者の違い>

不動産を売却するときにお願いをすることが多いのが「不動産仲介業者」です。

買取再販業者と仲介業者の違いを表すならば、以下のとおりです。

①買取再販業者は自らが買主、仲介業者はあくまで仲介

買取再販業者は、売主から中古住宅などの不動産を直接買取するのに対し、仲介業者はあくまで売主と買主の仲介をします。

仲介業者は、売主から依頼を受けて、ポータルサイトやチラシなどの広告活動をし、買主を探し、マッチングさせるのです。

②買取再販業者は仕入れ値と販売額の差額が収益、仲介業者は手数料が収益

買取再販業者は、中古住宅などの不動産の仕入れ値と実際に販売したときの販売額の差額が収益となります。

いかに安く仕入れ、工事も安く済ませ、高く売れるか、というところがポイントなのです。

一方で、仲介業者は売主と買主をマッチングさせることによって得られる不動産仲介手数料が収益となります。

買取再販業者を使って売却した方がよいケース

続いては、不動産を買取再販業者を使って売却することに向いているケースをご紹介します。

買取再販業者を使って売却した方がよいケース

<早く売却したいとき>

買取再販業者は、直接買取をしてくれる「買主」であるため、販売活動の期間がなく、スピーディーに売却することができます。

一方、仲介業者を通して売却するときは、買主を探す期間が必要であるため、平均して4~6か月は売却に時間がかかるといわれています。

少しでも早く売却したいと考えている場合は、買取再販業者がおすすめです。

そのかわり、仲介業者は市場の適正価格で売却される傾向がありますが、買取再販業者は少しでも安く仕入れることで利益を得られるため、買取価格は安くなります。

買取再販業者による買取価格の相場は、市場価格の7割ほどといわれています。

<買主とのトラブルを避けたいとき>

買取再販業者は、購入後に「このような設備の不備があった」などという契約不適合責任で揉めることはありません。

一方、仲介業者を通した場合でとくに築年数が経過している物件を売却すると、売却後にはじめて見つかる瑕疵(欠陥)などがあった場合、トラブルになる恐れがあります。

場合によっては、数百万円ほど買主から売主に請求されることもあります。

このようなトラブルを避けたいと考えている方は、買取再販業者での買取が向いているといえるでしょう。

<自分でリフォーム・リノベーションをしたくないとき>

仲介業者を通して売却をする場合でも、築年数が経過しているとそのままの状態では売却しづらいことも多々あります。

その場合、自分でリフォームなどを手配し費用も負担したうえで、売却をするケースもあります。

しかし、買取再販業者であれば、リフォームの手配も費用負担もすべて業者にしてもらえるため、売主の負担が少なくて済みます。

そのかわり買取価格は安くはなるのですが、多忙で手間をかけたくない場合などは買取再販業者がおすすめです。

<売却することを近所にバレたくないとき>

仲介業者を通して売却する場合は、不動産のポータルサイトやチラシなどを使って販売活動をするため、ご近所に知られる可能性があります。

また、内覧なども多ければ何十回もおこなうことになるため、内覧会をしている現場を見られてご近所に知られることも多いでしょう。

しかし、買取再販業者であれば、物件の情報が人目に触れられることはないため、安心です。

いえらぶでは、買取再販業者による買取査定をおこなうことができます。

自分の住んでいる家が業者による買取ならば、どれくらいで売却できるのか、最大6社に無料査定をすることができるため、是非試してみてくださいね。

>>いえらぶの買取査定

不動産の買取再販業者一覧をご紹介!

それでは、具体的に買取再販業者とは、どのような会社がいるのか、その一覧を見てみましょう。

今回は、2019年の買取件数をもとに、上位5件の一覧をご紹介します。

不動産の買取再販業者一覧をご紹介!

<①カチタス>

カチタスは、地方の中古戸建てをメインに買取をおこなっています。

特徴としては、値段が圧倒的に安いことです。

土地・建物込みで1,300万円~など、安くで販売していることが強みといえます。

また、近年はニトリとも提携しており、ニトリと共同仕入れをして住宅内にニトリの家具を配置するなどの取り組みもおこなっています。

<②べストランド>

べストランドは、中古のマンションの買取をメインとしており、また、投資用マンションなどの再販も得意としています。

カチタス同様、安くでの再販が特徴の一つです。

<③フジ住宅>

フジ住宅は、大阪の不動産会社・買取業者で、もともとは新築戸建て分譲を得意としています。

しかし、同時に、大阪では有名な買取業者でもあります。

近年では、やや買取数を減らしてはいますが、関西に住んでいる方にはおすすめの会社です。

<④大京穴吹不動産>

ライオンズマンションのブランドで有名な大京穴吹不動産は、ライオンズマンションの買取だけでなく、他のマンションの買取も強いことが特徴です。

買取はほぼマンションとなっていますが、仲介もしているため、様々な選択肢を取ることができます。

<⑤リプライス>

愛知県名古屋市に構える会社であり、東海地方の案件に強いことが特徴です。

元々は戸建ての買取をメインで進めていましたが、近年はカチタスと経営統合したこともあり、マンションの買取件数も増えてきています。

<まずは、一度査定を試してみよう>

以上、買取業者の一覧をご紹介しましたが、そもそも、買取か仲介での売却かを悩まれる方もいらっしゃるかもしれません。

まずは、買取、売却ともに実際に査定をしてみると、自らの物件がどれくらいの価格になるかのイメージがつきます。

いえらぶでは、無料で最大6社まで査定をすることができるので、是非試してみましょう。

>>いえらぶの買取査定

>>いえらぶの売却査定

解体の窓口

まとめ

以上、不動産の買取再販業者について仲介業者との違いや、買取に向いているケースなどを中心にご紹介しました。

不動産は売却が一般的だと思われている方も多いかもしれませんが、ご自身のケースは売却と買取、どちらが向いているかを是非検討してみてください。

不動産の売却なら、1万社以上のネットワークを持ついえらぶの”売却一括査定”をご利用ください。

期限がある不動産の売却や、なかなか売れない不動産でお困りの方は”買取査定”もご利用ください。

どちらも簡単60秒で見積査定依頼が可能です。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼いえらぶで戸建てを探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

戸建てを探す

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事