住まいのノウハウ

不動産屋・管理会社・仲介会社の違いや関係性を詳しく解説

いえらぶコラム編集部

不動産屋・管理会社・仲介会社の違いや関係性を詳しく解説

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

賃貸物件や分譲マンションなど不動産物件を買ったり売ったりする際、不動産屋・管理会社・仲介会社とかかわることがあります。

ただし、それぞれどんな仕事や業務を担当しているのか、詳しく把握している人は少ないかもしれません。

そこで今回は不動産の基礎知識として、不動産屋・管理会社・仲介会社それぞれの違いや関係性、各社が対応するケースについてご紹介します。

不動産物件に関して「この問題はどこに相談すればいいの?」と迷わないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

不動産屋・管理会社・仲介会社の違いとは?

今回特集する不動産屋・管理会社・仲介会社には、それぞれの役割や得意分野があります。

不動産屋・管理会社・仲介会社の違いとは?

<不動産屋さん・管理会社・仲介会社の違い①不動産屋とは>

まず一般的に不動産屋と呼ばれているのが不動産会社で、主な取り扱い業務としては以下のようなものがあります。

不動産屋によって取り扱う分野はさまざまで、手広く取り扱っている会社もあれば、それぞれ得意分野を中心に取り扱っている会社もあります。

不動産屋の業務内容

自社で所有する賃貸物件の紹介

自社で建てた一戸建て・分譲マンションの販売

自社で所有する中古不動産の販売

山林の所有・開発

賃貸物件の入居者の管理

売買物件の建物の管理

個人や他社が所有する賃貸物件の仲介

不動産屋には上記のほかにもさまざまな分野の業務があり、その違いによって管理会社と仲介会社に分かれています。

それをふまえ、以下では不動産屋のなかでも管理会社・仲介会社それぞれの業務内容を見てみましょう。

<不動産屋・管理会社・仲介会社の違い②管理会社とは>

不動産屋のなかでも、不動産の管理を専門分野としているのが管理会社です。

たとえば、賃貸物件の設備トラブルや契約の更新・退去手続きなど、入居後の対応をするのが主な業務といえます。

また管理会社は大家に代わって入居希望者の入居前審査をおこない、入居後には建物に関するトラブルや設備故障の対応、さらに入居者から家賃を回収する業務もおこないます。

<不動産屋・管理会社・仲介会社の違い③仲介会社とは>

不動産屋のなかでも、不動産の仲介を専門分野としているのが仲介会社です。

たとえば、物件探しのサポートから申し込みまで、入居前の対応をするのが主な業務といえます。

また仲介会社は賃貸物件や分譲マンション、一戸建てなどの物件を紹介する役割が大きく、紹介物件を広く周知し、物件を探している人を集めるのも業務の1つ。

物件の内見手配や、物件に関する質問も仲介会社が入居希望者と管理会社・大家との間に入って対応してくれます。

不動産屋・管理会社・仲介会社の大家の関係性とは?

不動産屋・管理会社・仲介会社の違いがわかったところで、不動産屋のなかでも業務の違う管理会社・仲介会社それぞれにどのような関係性があり、どのような役割を担っているのか、もう少し詳しく見てみましょう。

ここではわかりやすいよう、不動産物件を所有する大家と管理会社・仲介会社との関係性を例にあげて説明します。

 不動産屋・管理会社・仲介会社の大家の関係性とは?

<大家と管理会社である不動産屋との関係性>

管理会社が大家の依頼によっておこなう主な業務内容としては、以下のようなものがあります。

管理会社の主な業務内容

入居審査

トラブルや設備故障の対応

家賃の回収・管理

建物の維持管理

退去時の手続き

敷金の返還手続き

自社物件の紹介

管理会社は物件を所有する大家に代わって、入居審査やトラブルに対応してくれる会社というわけですね。

また入居後の家賃の回収や建物の管理、退去時の手続きなども、管理会社の業務に含まれます。

<大家と仲介会社である不動産屋との関係性>

一方、仲介会社が大家の依頼によっておこなう主な業務内容としては、以下のようなものがあります。

仲介会社の主な業務内容

物件情報を賃貸情報サイトに掲載

物件探しの相談受付

物件の空室確認

内見の立ち会い

入居申し込みと審査のサポート

重要事項の説明

契約手続き

仲介会社は物件を所有する大家に代わって、当該物件を入居希望者に紹介したり、申し込みのための相談や質問を受けたりする会社です。

管理会社が入居審査をおこなうのに対し、仲介会社は入居希望者の側に立って入居の申し込みや審査のサポートをしてくれるのも、それぞれの会社の違いの1つでしょう。

不動産屋・管理会社・仲介会社がそれぞれ対応するケースとは?

不動産屋さんにはさまざまな分野の業務があり、そのなかに管理会社と仲介会社の役割があることがわかりました。

ここではそうした違いに基づいて、どのようなケースでどこの会社が入居希望者や入居者に対応するのか具体的に見てみましょう。

不動産屋・管理会社・仲介会社がそれぞれ対応するケースとは?

<ケース①「希望に合った賃貸物件を探したい!」>

賃貸物件を探している入居希望者が、希望に合った賃貸物件を探したいと思ったら、仲介会社として業務を請け負っている不動産屋に相談しましょう。

仲介会社である不動産屋は自社が担当する物件情報を賃貸情報サイトなどに掲載して入居希望者を募っているので、そうした情報のなかから気に入った物件があれば仲介会社に連絡します。

もしも希望物件に空室がない場合でも、そのほかの物件を紹介してくれることもありますし、審査などに不安があれば審査に通るようサポートしてくれるので、入居希望者にとっては頼りになる存在といえます。

また入居が決まった場合に必須となる「重要事項の説明」も仲介会社がおこなうため、入居が決まったらしっかり対応してもらいましょう。

<ケース②「賃貸物件の入居後にエアコンが壊れた!」>

賃貸物件にもとから設置されているエアコンなどの設備が壊れた場合に対応してくれるのは、主に管理会社として管理を請け負っている不動産屋です。

管理会社である不動産屋は、入居者からの故障の連絡を受けて修理をおこない、修理費用を大家に請求します。

ただし大家が不動産屋に管理を依頼せず、自主管理している場合は直接、大家に故障の旨を報告して修理してもらうこととなります。

<ケース③「入居中の賃貸物件から退去したい!」>

入居している賃貸物件から引越しすることが決まった場合は、退去希望の旨を管理会社である不動産屋に連絡します。

管理会社である不動産屋が退去に必要な手続きを進め、敷金の返還なども入居者と大家の間に立って対応してくれます。

解体の窓口

まとめ

今回は不動産屋・管理会社・仲介会社の違いや関係性について説明し、それぞれどのようなケースに対応してくれるのかを具体的にまとめてみました。

不動産屋が請け負う業務によって管理会社と仲介会社に分かれるなど、なかなか違いがわかりにくいかもしれませんが、物件を売買したり、賃貸物件を所有したりする場合にも必要となる不動産の基礎知識なので、大まかにでも知っておくと安心です。

マンション・アパート経営をお考えの方は、”いえらぶ物件検索”から理想の物件を探してみてはいかがでしょうか。

既に運営、経営をされている方で、今の管理会社に不満があると感じている方はこちらの”管理会社比較”から不満を解消してくれる賃貸管理会社を見つけることが可能です。

また、「大家さん相談所」という大家ならではの疑問や悩みをプロの不動産アドバイザーに気軽に相談できるページも用意しています。

困ったことがあっても助けあえる環境がありますので、あわせてご確認ください。

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事