暮らし

日帰り?泊まり?東京からすぐ行ける静岡県の温泉街をご案内

いえらぶコラム編集部

日帰り?泊まり?東京からすぐ行ける静岡県の温泉街をご案内

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口
タグ:

都心からのアクセスも良好な静岡県は、気軽に行ける観光地として利用されている方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな静岡県の観光地の中から温泉街にスポットを当ててご案内します。

静岡県には、魅力的で良質な温泉が数多くあります。

そんな温泉を中心として発達した温泉街は、それぞれ特徴的な魅力がいっぱいです。

都心から日帰りでも宿泊でも楽しめる静岡県の温泉街をチェックして、旅の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

日帰り?泊まり?東京からすぐ行ける静岡県の温泉街をご案内

熱海温泉街

静岡県内の温泉街としてあまりにも有名なのが、日本三大温泉のひとつともいわれる熱海温泉です。

古くは徳川家康が湯治に訪れ、徳川幕府が江戸城に温泉を運ばせたことで全国的に知られるようになった歴史ある温泉です。

海沿いに温泉街が広がる熱海温泉街は、1960年代には温泉地の枠を超え日本を代表するリゾート地として人気を博したこともあり、誰もが知っている温泉街となっています。

東京からのアクセスもよく、新幹線はもちろん在来線でも一本で行けることから、日帰りでも気軽にいける温泉として楽しまれている方も多いでしょう。

近年では再開発が進み新たな観光スポットやおしゃれなカフェ、新規のホテルなどが増え、既存のレトロな街並みと相まって新たな魅力を創出しています。

特に、熱海駅の前には仲見世商店街と平和通り商店街の2つの商店街があり、お土産物店や飲食店が軒を連ねています。

レトロな雰囲気ながら多くの観光客が訪れるにぎやかな商店街となっており、

ノスタルジックな雰囲気を楽しみながら散策してみるのもよいでしょう。

また、熱海は年間を通してさまざまなイベントが催されていますので、そういったタイミングに合わせて訪れるのもよいでしょう。

特に、熱海海上花火大会は一般的な夏だけにおこなわれる花火大会と違い、年間通して通常10回以上開催されています。

珍しい冬の花火を見る体験は、熱海温泉ならではといえるでしょう。

修善寺

修善寺温泉街

日本百名湯に選定されている修善寺温泉は、伊豆の小京都とも呼ばれるしっとりとした風情を楽しめる温泉街です。

地元では桂川と呼ばれ親しまれている修善寺川が温泉街の中を流れる風景は、とても美しいです。

その桂川が温泉街の中心をさしかかったところにある独鈷の湯(とっこのゆ)は、修善寺温泉発祥の湯であり温泉街のシンボル的存在となっています。

現在は独鈷の湯は見学のみで入浴することはできませんが、そのたたずまいは一見の価値ありです。

また、桂川周辺には数多くの温泉宿や飲食店が建ち並んでいます。

川のせせらぎを聞きながら散策をしたり、グルメを楽しんだり、ときには足湯につかりのんびりとした時間をすごすのもよいでしょう。

また、桂川沿いに整備された竹林の小径(ちくりんのこみち)は、その名のとおり美しい竹林の中を抜ける散策道となっています。

散策道を進むと茶処やギャラリー、懐かしさを感じる火の見櫓が心を和ませてくれるでしょう。

竹林中央では大きな竹の円形ベンチに座って、竹林を通る風を感じながらゆったりとした時間をすごすのもおすすめです。

また、竹林の小径は時期によってはライトアップされるので、昼だけではなく幻想的な夜の散策を楽しむのもよいでしょう。

伊豆長岡温泉街

伊豆の玄関口として知られる伊豆長岡温泉は沼津にほど近い中伊豆に位置しており、伊豆観光の拠点としてしても最適な場所といえるでしょう。

新東名・伊豆縦貫道などが整備され首都圏や名古屋からもアクセスしやすくなりました。

実は伊豆長岡温泉はひとつの温泉街ではなく、古奈温泉と長岡温泉を合わせた温泉地となっています。

この一帯には非常に多くの源泉があるため、源泉かけ流しの宿が数多くあるのも伊豆長岡温泉の特徴となっています。

そしてなんといっても伊豆長岡温泉の最大の魅力は、富士山を望む雄大な景色といえるでしょう。

伊豆長岡温泉にある多くの宿が富士山を眺める絶好のロケーションとなっていますので、かけ流しの温泉と合わせてよりいっそう贅沢な時間を楽しむことができるでしょう。

また、伊豆長岡温泉は昔ながらの温泉街の雰囲気を醸す街並みが残っているのも特徴です。

過去にタイムスリップしたようななんともいえないレトロな情緒があります。

夜になると、さらに昔ながらの温泉の歓楽街といった雰囲気が増すので、興味のある人は夜の温泉街を散策してみてはいかがでしょうか。

解体の窓口

伊東温泉街

伊東温泉は静岡県伊東市にある温泉で、駅前から海に向かい大型のホテルや旅館などが広い範囲に数多くある温泉街です。

伊東温泉に所在する大型ホテルのTVCMが長い間放送されていたこともあり、全国的に高い知名度を持つ温泉街となっています。

伊東温泉の歴史は古く、開湯はなんと平安時代までさかのぼるそうです。

その後も、江戸時代には将軍徳川家光に献上湯されていたなど、非常に歴史を感じることができる温泉となっています。

伊東温泉は豊かな自然に囲まれた温泉街で、桜や紫陽花、藤棚カーテンなど四季折々の花を楽しむ観光スポットが近隣に数多くあります。

また、色とりどりの花々にも負けない個性をもった温泉宿が150軒ほども建ち並んでおり、とても華やかな印象をうける温泉街となっています。

街の商店街としては、伊東駅の近くに「花通り商店街」があります。

昭和の風情が漂うレトロな雰囲気の商店街で、多くのお土産物店やお食事処があるので散策を楽しむのもよいでしょう。

また、こちらの商店街には「お湯掛け七福神めぐり」という温泉街ならではの少し変わった七福神めぐりを楽しむことができます。

商店街のあちらこちらに点在する七福神の石像をめぐるのですが、こちらの石像にお湯をかけてまわっていきます。

数十分程度でめぐれる距離ですので、ノスタルジックな商店街を散策しながら七福神めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

浜名湖

浜名湖かんざんじ温泉街

「浜名湖かんざんじ温泉」はその名のとおり、浜名湖沿岸に温泉宿が建ち並ぶ温泉街です。

温泉地としてはもちろん、近隣には遊園地や動物園、フラワーパークなどアミューズメント施設が数多くあり、温泉と合わせてさまざまなレジャーも楽しみたい人におすすめの温泉街となっています。

アミューズメント施設以外にも、浜名湖の上を景色を楽しみながら渡るロープウェイなど、観光スポットとしても非常に充実しています。

遊園地の「浜名湖パルパル」でジェットコースターや観覧車などで楽しんだあとは、ロープウェイで浜名湖の上を空中移動してみるのもよいでしょう。

ロープウェイで移動した先は、展望台から浜名湖を含む絶景を見渡せる「オルゴールミュージアム」があります。

また浜名湖名物でもある、うなぎの養殖を見学できる浜名湖うなぎ探検隊「天保養魚場」や、四季折々の花を楽しめる「はままつフラワーパーク」などもあります。

温泉で癒されながら多種多様なレジャー施設を楽しめる他とは違った魅力をもった温泉街となっています。

まとめ

東京からのアクセスの良さが魅力の静岡の温泉街をご紹介しました。

今回紹介しきれなかった北川温泉、弁天島温泉、熱川温泉など、静岡県にはまだまだたくさんの魅力的な温泉街があります。

数が多いだけではなく、それぞれとても個性的な温泉街ばかりですので自分だけのお気に入りの温泉を見つけてみてはいかがでしょうか。

いえらぶでは、静岡県の物件も多数掲載しています。

旅行で静岡にお気に入りの場所ができたら、移住を計画してみるのもよいかもしれませんね。

移住のためのお家探しもいえらぶにお任せください。

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
某IT企業でSEOのノウハウを学び、現在はいえらぶGROUPのライターとして活動中。おもに、不動産や税金、車といった暮らしに関わる記事を執筆しています。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事