住まいのノウハウ

不動産売却にかかる期間はどれくらい?各項目とかかる期間をご紹介!

家を売却する画像

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

不動産売却を検討されている方に向けて、様々なキーワードより不動産売却に関する情報をお伝えしていきます。

今回は不動産売却にかかる”期間”のご紹介です。

いざ、いま住んでいる家や持っている不動産を売却しようと考えても、どのくらいの期間で売れるものなのでしょうか?

もし引っ越しなどでいま住んでいる家を手放す場合などは、引越しのタイミングに合わせて売れて欲しいですよね。

現実的には、条件にもよりますが、売却前から売却後までの全工程を終わらせるまで、3~6ヶ月程度かかると言われています。

不動産売却にかかる全体図

売却の手続きは大きく3つに分かれます。売却活動を始める前・売却中・売却できた後にそれぞれやることがあります。

今回はそれぞれどのくらいの期間がかかるのか、そして速く売るためにはどのようなポイントに気を付ければいいのかご説明していきます!

売却バナー

不動産売却にかかる期間

〇売却活動を始める前にすること

売却前を強調

まず不動産を売却することにした場合、以下の準備を進めていく必要があります。

・相場調べ

現在持たれている物件と同じような条件の物件(立地や築年数など)がどれくらいの価格で売られているか、調査します。

・不動産査定を依頼

相場価格を調べた後は、実際に不動産会社に物件を査定してもらい、媒介契約する不動産会社を選びましょう。

・媒介契約結ぶ

査定された金額をもとに、契約する不動産会社を選びましょう。

※媒介契約に関して詳しく書いた記事は"こちら"。

〇売却中にすること

売却中を強調

物件を仲介してくれる不動産会社が決まれば、次は購入者を見つけるための販売活動です。

・販売活動

 基本的に販売活動は不動産業者が代行しますが、所有者も購入希望者が内見を希望した場合などは対応する必要があります。

・条件交渉

購入希望者が現れたら双方が納得するように価格などの条件交渉をしていきましょう。

・売買契約

条件交渉が終わればいよいよ契約です。購入者から手付金をもらうなどの対応をします。

〇売却後にすること

売却後を強調

契約が終わっても、まだやることはあります。お金を受け取って、物件を引き渡ししてようやく終了です。

・決済

手付金以外の残りのお金を受け取ります。このとき、購入者の住宅ローン審査が行われることもあるため、時間がかかります。

・引き渡し

最後に物件を引き渡して、売却活動の終了です。

以上が不動産売却の一連の流れと期間です。

買取バナー

〇長引く要因

平均して3~6ヶ月で売却できると言われていますが、場合によってはもっとかけても売れない場合があります。どのような場合でしょうか。

・条件が良くない

相場価格より高めに設定していたり、立地が田舎だったり駅から遠い場合などはうれにくいです。似たような条件で価格がより低い物件があれば、購入希望者はそちらに注目するでしょう。

・時期が良くない

不動産売却にも売れやすい時期があります。最も売れやすいのは、子供が成長して進学するタイミングや、転勤で引越しをする春と言われています。その時期を目標に、逆算して売却活動を始めておくとよいでしょう。

・不動産会社との相性が良くない

媒介契約によって、1社の不動産会社に依頼するか複数の会社に依頼するか異なります。1社にお願いしている場合は、その会社と物件の相性が良くないかもしれないので、他の会社に依頼することを検討しておきましょう。

まとめ

不動産売却にかかる期間に関してご紹介しました!売却を検討している人は、イメージが付きましたか?この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

他にも不動産売却に関する記事を書いていますので、興味ある方は"こちら"からご覧ください。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事