住まいのノウハウ

不動産売却には「仲介」と「買取」がある!メリット・デメリット紹介

不動産売却の図

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

こんにちは!いえらぶコラム編集部です。

不動産売却を検討されている方に向けて、一連の流れをシリーズ化してご説明していきます。

今回ご紹介するのは、不動産売却の種類に関してです。

不動産売却には”仲介”と”買取”という、二つの売却方法があります。どのように違うのか、どちらがお得なのか、またこの記事を読んでいる方にはどちらの方法が適しているのかお伝えしていきます。

この記事を読んで、不動産売却を検討される際はどちらの方法にするか、参考になれば幸いです。

【仲介と買取】

仲介とは:不動産会社に依頼して買主を見つけてもらうことです。広告を出しての宣伝・販売活動や内見の手続きも、全て不動産会社がしてくれます。

買取とは:買主を探すのではなく、不動産会社に物件を買い取ってもらうことです。

【仲介・買取の特徴】

仲介と買い取りの表

【仲介の特徴】

仲介の仕組みを表した図

・市場価格で売れる

広告を出して広範囲で購入希望者を見つけるため、不動産市場の価格で売れる可能性が高いです。

・売却するまでの期間が長い

仲介の場合、一から買い取ってくれる個人を探すため、準備の段階から契約までを含めて3~6ヶ月はかかると言われています。

・売却することが近隣、周囲に知られる

広告を出すなどの販売活動をするため、周囲に知られてしまいます。そのため、周囲には内緒にしたいという方は買取がいいでしょう。

・広告を出すなどの販売活動をする

仲介の場合、個人の購入希望者を募るため広告を出すなど宣伝して販売活動をします。また、購入希望者が現れた場合には内見を行うこともあります。

・築浅物件、条件のいい物件の売却に適している

購入者が不動産会社ではなく個人のため、なるべく築浅物件や条件の良い物件のほうが売りやすいと言えるでしょう。

売却バナー

【買取の特徴】

買取の仕組みを表した図

・市場価格より売値が安くなる

不動産会社に買い取られる場合、その物件はリフォームされて再販売されます。その場合、リフォーム費用などの諸費用が差し引かれるため、買取の場合は市場価格より安くなってしまいます。

・売却するまでの期間が短い

買い取ってくれる個人を探す必要がないので、仲介に比べて売却期間は短いです。

・売却することが近隣、周囲に知られない

売主と不動産会社とのやり取りで終わるため、仲介と異なり販売活動がないです。そのため、売却することが周囲に知られることはありません。

・築古物件の売却に適している

仮に築浅物件の場合、買い取り手が見つかりやすいために高く売るため仲介のほうが適しています。しかし築古物件の場合は、不動産会社に買い取ってもらい、リフォームされてから再販売される方法が主流です。

買取バナー

【不動産を売却するときの注意点】

・複数の不動産会社に依頼

仲介の場合でも買取の場合でも、依頼するときは複数の不動産会社に相談しましょう。仲介の場合は契約を取るために先に高い金額で提示しておいて、契約後に値下げをする不動産会社も祖団するからです。買取の場合も、なるべく高い金額を提示してくれる会社を探しましょう。

・相場価格を調べる

不動産会社に頼りきりになるだけでなく、自身でも近隣の類似物件の取引額等を調べておくことも大切です。売却が正式に決まっていなくても、大体の取引額を知っておくとよいでしょう。

【まとめ】

それぞれの特徴をもう一度まとめると、このようになります。

・早く売りたい場合は「買取」

・高く売りたい場合は「仲介」

・売却することを周囲に知られたくない場合は「買取」

・築浅物件の場合は「仲介」、築古物件の場合は「買取」

以上です。

「仲介」にするか「買取」にするか、ご自身の条件に合った方法を選びましょう。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事