住まいのノウハウ

土地活用を始めたい!相談先はどこ?

いえらぶコラム編集部

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

相続した土地など、所有している土地を活用したいと思っているけれど、誰に相談したら良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、気になる資金面での相談先や具体的な活用法が決まった後の相談先を紹介します。

土地活用でお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね。


土地活用を始めたい場合は誰に相談すると良い?

土地活用といえば不動産会社や建設会社が考えられると思いますが、土地活用に関しては方向性が決まる前にそれらの業者へ相談するのはおすすめできません。

相談側がしっかりとした方向性や情報を持たずに相談すると、業者にとってのメリットが強い活用法をすすめられてしまう可能性があるからです。

しかし、それではどのように方向性を決めたら良いのか分からないですよね。

そこで最初に相談する相談先としておすすめなのが、ファイナンシャルプランナー(FP)や金融機関、税理士などがあります。

どのような土地活用をするか方向性を決めるために、まずは資金の面から計画を立てていきましょう。

ここでは、3つのおすすめな相談先を紹介します。

<1.ファイナンシャルプランナー(FP)>

ファイナンシャルプランナーは相談者の立場や、ライフスタイルを考慮した上で長期的かつ総合的な視点でアドバイスをおこなうお金の専門家です。

しかし「どのような土地活用法が適しているのか」ではなく、「このような土地活用法で進めた場合、収益はどのくらい見込みがあるだろうか」というふうに聞いてみると良いでしょう。

その計画が現実的かどうか、一度ファイナンシャルプランナーに相談して資金計画をみてもらうと安心ですよ。

<2.金融機関>

土地活用をしているほとんどの方は金融機関から融資を受けるため、その打診の意味も含めて相談してみると良いですよ。

金融機関では、すでに土地活用を始めている方に対しても融資相談や融資をおこなっています。

経験してきたことをもとに、土地活用に関する適切なアドバイスが受けられるでしょう。

また金融機関に相談することで、土地活用を始める際にそのまま融資の相談までしやすくなるというメリットもありますよ。

<3.税理士>

相続税や固定資産税などの節税目的で土地活用を検討している場合は、一度税理士に相談しておくと良いでしょう。

節税になる条件を満たすための建築条件や活用条件などの細かい部分は、税金の専門家である税理士に相談して確認しておかなければ分からないことも多いです。

土地活用を始めたあとに「節税になってない」という事態を防ぐためにも、一度税理士に相談しておくと安心ですよ。

また、特に節税を目的としない場合でも、賃貸マンションやアパート、太陽光発電などの土地活用では大きなお金が動くため、税金の額も大きくなってしまいます。

ファイナンシャルプランナーに相談する際と同じように、いくつか土地活用法を考えた上で相談すると、より効果的な回答が得られるでしょう。

多少の相談費用はかかりますが、長期的に続く土地活用の収益を考えると問題なく回収できるコストだと言えます。


土地活用の種類別の相談先は?

土地活用を始めた後の収益や税金といった資金面での相談が終わり、ある程度方向性が決まったら専門の業者へ相談にいきましょう。

ここでは種類別に相談するべき専門業者をご紹介します。

<1.アパート>

土地活用の方法として多いのが賃貸アパートの建設ですが、相談先としてはアパート建築をメインにおこなっているハウスメーカーが妥当でしょう。

アパート経営を始めた場合の費用や収益、利回りなどについて相談することができます。

土地の立地や面積などの情報を伝えると、アパートの建築計画と収益のイメージをハウスメーカー側が作成してくれます。

この際の費用はかからず、建築計画と収益のイメージを見てから「やっぱりやめる」ということも可能です。

また、費用がかかってでも自分好みのアパートを建てたい場合は、注文住宅建造をメインにおこなっている工務店に相談してみると良いですよ。

なるべく費用を抑えたいと考えている場合はハウスメーカーに、おしゃれなアパートを建築したいと考えている場合は工務店に相談すると良いでしょう。

<2.マンション>

賃貸マンションで土地活用したい方は、鉄筋コンクリート造のマンションやビルなどといった大規模な建築をメインにおこなっているデベロッパーに相談するのがおすすめです。

大規模なマンションならではの建築体制や建築方法など、デベロッパーにしかないノウハウがあるため、一度相談すると良いでしょう。

ただし、そもそも立地が悪い土地ではマンションを建設しても入居者の見込みがないので、デベロッパー側が相談に乗ってくれないこともあります。

マンションとアパートの明確な基準はありませんが5階以上の住宅を建てたい場合はデベロッパーに、5階より低い小規模なマンションであれば、ハウスメーカーや、工務店に相談してみると良いでしょう。

<3.駐車場>

駐車場での土地活用を考えている場合は、不動産会社または駐車場経営の専門業者が主な相談先となります。

駐車場経営にはコインパーキングと月極駐車場の2つの方法があります。

月極駐車場は土地を舗装し、白線を引き、タイヤ止めを設置したら利用者と賃貸借契約し、管理するだけなので地元の不動産会社に相談すれば話は進むでしょう。

それに対し、コインパーキングだと専用の機械の導入が求められるため専門業者に相談しなくてはなりません。

全国チェーンの駐車場会社や、コインパーキング経営会社のホームページなどに随時駐車場オーナーを募集しているのでそこから相談の申し込みができますよ。

<4.太陽光発電>

周りに高い建物がなく、広い土地を持っている方は太陽光発電システムを設置して土地活用する方法もありますよ。

相談先としては不動産会社か、専門業者となります。

不動産会社の仲介で太陽光発電システムを設置・管理してもらう方法では、多くの専門業者から信頼できる専門業者を選んでくれるメリットがありますが、仲介が入ることにより設置費用が10%から20%ほど高くなることがあります。

一方、太陽光発電システムの専門業者に設置・管理を依頼する方法だと、信頼できる専門業者を知っていれば良いですが、そうでなければ悪質な業者に当たってしまうことがあるかもしれません。


パートナー選びの際の注意点はある?

上記でお伝えした土地活用法以外にも、トランクルーム経営やコインランドリ―経営、介護施設経営、コンビニ経営などさまざまな土地活用法があります。

このような専門的な土地活用を検討している方は、それぞれの専門業者に相談することがおすすめです。

相談に行く際も、何も分からないけどとりあえず相談に行こうと丸腰で行くのはNGです。

自分の土地について、最低限のことは把握しておかないと相手もどのような土地活用法を提案したらいいのか分かりません。

そのため土地活用の相談に行く前に土地の立地、面積、どのような性質・特徴・区分の土地なのか最低限のことは把握しておくようにしましょう。

解体の窓口

まとめ

土地活用を始めるにあたり、まず初めにファイナンシャルプランナー、金融機関、税理士などに相談し土地活用の方向性がある程度決まったら、専門の業者に相談すると良いでしょう。

土地は所有しているだけでも毎年税金がかかるので、負の資産にしないためにも、積極的に相談して収益を生み出す方法を見つけてくださいね。

いえらぶでは、さまざまな土地の情報を掲載しています!

建築条件なしの土地角地土地もあります!

土地をお探しでしたらぜひいえらぶにお任せください!

いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事