暮らし

アパートの不動産経営をする大家さんの相談まとめ

不動産業

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

こんにちは!いえらぶコラム編集部です。

いえらぶには「いえらぶ大家さん相談所」があります。

その名の通り、賃貸物件を所有する大家さんが、お悩みを投稿する場です。賃貸経営のお悩みや疑問、トラブルに関するご相談を全国の不動産アドバイザーがお答えします。

このサイトを利用して、これまでに何千件とお悩み相談が投稿され、またそれが解決されていきました。今回はこれまでに集まったご相談内容をご紹介するまとめ記事です!

今回のまとめ記事は「賃貸経営・不動産経営」です!

賃貸経営・不動産経営は家賃収入となりますので、投資初心者が始めやすいものとなっています。今では分譲マンションの部屋を購入して、他の人に賃貸している人もいます。お客様からの意見や相談を多数受けている不動産会社なら、賃貸経営・不動産経営のアドバイスやノウハウを伝授してくれます。

どのようなご相談が寄せられているのでしょうか。ではご覧ください!

「賃貸経営・不動産経営」に関するお悩み

アパート経営

【お悩み①】「賃貸併用住宅の区分登記のメリットデメリットって?」

Q:「賃貸併用住宅の登記には単独登記と区分登記があるようですが、区分登記のメリットとデメリットはなんですか?」

A:「建物の登記の仕方によって、「単独登記」と「区分登記」があります...」

続きは”こちら”から

【お悩み②】「利回りの計算で購入額に消費税は入れる?」

Q:「利回りの計算では、消費税の税込と税抜きではどちらでするのですか?」

A:「表面利回りを表示する場合は一般的に消費税込(住宅の場合は非課税)で表示しています...」

続きは”こちら”から

【お悩み③】「サブリース契約を解約するか迷っています」

Q:「アパートをサブリース契約で建てましたが、解約するか意見を聞かせていただきたいです」

A:「サブリースではなく通常の賃貸管理に変更されると、空室保証はありませんが...」

続きは”こちら”から

家賃費用

【お悩み④】「耐用年数の過ぎたものは原状回復費用はとれない?」

Q:「耐用年数がすぎた物件の場合、現状回復させるための費用は請求できないのでしょうか?」

A:「国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に記述がありますので、引用して回答いたします...」

続きは”こちら”から

【お悩み⑤】「修繕積立金の賃料への反映」

Q:「修繕積立金の値上がりが管理組合で決まったのですが、申し入れのタイミングはいつがよいでしょうか?」

A:「賃貸借契約書に、修繕積立金の値上げの場合は、家賃を値上げする場合がある等の文言が入っていれば大丈夫です...」

続きは”こちら”から

【お悩み⑥】「更新料について」

Q:「自主管理の物件の更新と解約を不動産会社に任せているのですが、この場合更新がかかるとその料金は不動産会社がすべて取る形になるのでしょうか」

A:「賃貸借契約において必ずしも、1~2年で更新手続きをし、更新料を徴収しなければならない訳ではありません...」

続きは”こちら”から

税

【お悩み⑦】「管理料と消費税」

Q:「不動産会社による管理料の差し引き、振込手数料などについて質問です」

A:「不動産会社さんによって、管理手数料は異なります...」

続きは”こちら”から

【お悩み⑧】「アパート経営やめるとしたら費用はどのくらい?」

Q:「アパート経営を終わらせようと思っていますが、どういった費用がかかってくるでしょうか」

A:「借地の場合、借地権とアパートをまとめて地主さんに引き取って頂く方法、または借地権付きアパートを第三者に売却する方法があります...」

続きは”こちら”から

【お悩み⑨】「借主負担DIY型」

Q:「DIY型の契約は、大家にとってメリットはあるのでしょうか?」

A:「DIY型とは、ご認識のとおり借主が自己負担で自由にリフォームできる契約です...」

続きは”こちら”から

【お悩み⑩】「無断修繕の費用を家賃と相殺」

Q:「テナントがいつの間にか行っていた、修繕にかかった費用を、家賃と敷金で相殺しようと、支払いをしてくれません」

A:「一般的な契約では修繕を借主が勝手に行うことは認められておりません」

続きは”こちら”から

まとめ

以上が「賃貸経営・不動産経営」に関するご相談のまとめ記事でした。

もっといろいろな事例を知りたい方は、"こちら"からどうぞ。

「大家さん相談所」では、これからも全国の大家さんのお悩みを集めていきます!ご相談がある方はお気軽に"こちら"からどうぞ

また「大家さん相談所」には、他にも様々なお悩みが寄せられています。今後もまとめ記事として発信を続けますので、ぜひ今後もご覧ください!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事