住まいのノウハウ

解体工事会社を斡旋する「解体の窓口」の魅力とは?メリットやデメリットも紹介!

解体工事会社を斡旋する「解体の窓口」の魅力とは?メリットやデメリットも紹介!

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

皆さんは、お家の解体をする場合はどうしますか?

ほとんどの方が解体会社に依頼すると思います。

また、できれば解体費用は安く抑えたいですよね。

今回ご紹介する「解体の窓口」は、バリュークリエーション株式会社が運営する解体会社を斡旋するサービスで、ユーザーから提供される物件の写真をもとに、最安値の地元優良解体事業者をマッチングしてくれます。

どんな魅力があるのか、メリットやデメリットもご紹介いたしますので、お家の解体を考えている方の参考になれば幸いです。

解体工事会社の斡旋サイトを利用する際のメリットとデメリット

解体工事会社の斡旋サイトを利用する際のメリットとデメリット

<解体工事会社斡旋サイトを利用する際のメリット>

時間の短縮になる

解体工事会社斡旋サイトを利用する際の一番のメリットといえば、時間の短縮でしょう。

解体業者を探すときも思った以上に時間がかかってしまいます。

一から解体会社を探す際にはインターネットでの検索や町中の広告、友人からの紹介などもありますが、どれも時間がかかってしまいます。

さらに頼みたい業者が信頼できる業者なのかを調べる時間も必要でしょう。

そのため、一括で見積もりまでできる解体工事会社の斡旋サイトは非常に便利です。

一定水準以上の業者を利用できる

サービスを提供する側は、どんな会社でも自社サイトに登録するわけではありません。

評判の悪い解体会社が見積もりで出てくるのであれば、そのサービス自体の評判が落ちてしまいます。

そのため、サービスを提供する側は一定水準以上の業者を紹介します。

利用者にとっては、先ほども挙げた利用したい解体業者が信頼できるかどうかを調べる手間が省けるのも嬉しいポイントです。

<解体工事会社斡旋サイトを利用する際のデメリット>

当たり外れがある可能性も

斡旋と言っても、中には専門知識があまりない企業が運営しているところもあります。

そのため斡旋サービスを利用する際には、その斡旋をおこなっている会社の事も調べなければなりません。

紹介料を上乗せする業者も居る

斡旋サービスは、解体業者から紹介料を受け取ることで利益を得ています。

そのため、解体業者の中には紹介された見積もりに紹介料を上乗せする業者も居ます。

本当にその見積り料金が適切なのか、サービルを受ける側も注意して確認しましょう。

<解体の窓口は時間の短縮と適正価格が強み!>

以上が解体工事会社斡旋サイトのメリットとデメリットです。

後述でも詳しく紹介いたしますが、解体の窓口は現地訪問をする必要がないので時間短縮にも繋がり、また逆オークション方式による適正価格を出すことも可能です。

解体の窓口がおこなっているサービスとは

解体業者の斡旋をおこなっている解体の窓口ですが、どのようなフローでサービスを提供しているのでしょうか。

解体業者は、解体の窓口への企業情報を登録し、出品された案件を確認、見積もりを出して、オークション形式で入札をおこない現地訪問、契約締結、施工に入ります。

ユーザー側は、希望する案件を登録し、出品をおこないます。

その後は逆オークションを実施し、解体業者を選定して契約締結に入ります。

また、物件の外観を撮影して送信することで、解体業者が実際に訪問しなくても見積もりの作成が可能なため、解体業者もユーザーも現地での見積もりに時間を割く必要がありません。

解体の窓口がおこなっているサービスの魅力とは

解体の窓口がおこなっているサービスの魅力とは

<時間短縮と完全成功報酬型の形態>

先ほども挙げた通り、解体の窓口がおこなっている解体業者斡旋サービスの最大の魅力といえば、現地での見積もりをおこなわない時間短縮でしょう。

また、業者にとっても実際に訪問しなくても済むので現地への移動による出費などを抑えられます。

さらに解体の窓口の利用料金は、工事が完了した時点で工事金額に応じた手数料を請求いたします。

利用料金の支払いをするタイミングが、ユーザーからの入金後なのでリスクがないのも魅力の1つでしょう。

<高い成約率>

解体業者への魅力の1つに、高い成約率が挙げられます。

必要な情報と写真をサイトに登録し出品するので、熱量の高いユーザーをご紹介しています。

他にも他競合とのバッティングも防げますし、ユーザーがオークション形式で決めた事による納得感を持った状態で解体業者とのコミュニケーションをはかれます。

<解体の窓口を利用することによるメリット>

ユーザー側のメリットとして、現地見積もりのやりとりに時間を割かれない以外にも、契約をするまで個人情報が業者に渡らないため、営業電話などに悩まされません。

他にも同一の条件下での見積もりを得られますので、最安値と相場を見てからの判断が可能です。

業者側のメリットとしては、完全成功報酬型で成約率の高い案件を集められる、現地見積もりをするための工数削減以外に、空き日程や解体作業に当てる人員を調整できます。

<ホームページでの基礎知識の紹介>

解体工事の基礎知識をホームページにて共有しています。

コラム形式なので、時間がある際に読むことが可能です。

例えば、火災で燃えてしまった部分の解体はどうするのか、火事がおこったらまずは何をすればいいのか、解体工事にローンを利用できるのかなど、ユーザーの方々が気になる疑問への回答が書いてあります。

気になる方は、公式ホームページにて読んでみると良いでしょう!

<業務提携による解体から売却までのニーズをワンストップ可>

解体の窓口が利用者500件を無作為に抽出し、電話による調査をおこなった結果、解体業者を探しているユーザーの半数は土地の売却や活用を検討し、解体業者を探しながら並行して売却を相談できる事業者を探していました。

そのため、解体の窓口は不動産サービス・価格比較のポータルサイトとの業務連携をし、申し込みフォームに入力する際に売却の査定も同時に依頼できるようにしました。

この業務提携により、ユーザーの利便性向上に繋がる可能性が高いでしょう。

ユーザーの利便性向上に繋がる可能性があります。

解体の窓口

まとめ

今回は、解体業者斡旋サービスを運営している「解体の窓口」についてご紹介いたしました。

写真を使用した見積もりの時間短縮や逆オークション方式による最安値価格を提示するサービスはとても面白いですし、見積もり後の営業電話に悩まされないのも大きな魅力ですね。

今回の記事が、お家の解体に困っている方々の参考になれば幸いです。

気になる方は是非「解体の窓口」をご覧ください!

解体の窓口

  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事