住まいのノウハウ

不動産売却を成功させるコツは心構えと準備にあり!不動産売却のコツを伝授

不動産売却のコツとノウハウ

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
タグ:

住み替えや家庭の諸事情で不動産売却をする際には、なるべく高く売りたいと考えるのは当たり前の話です。

しかし、買う側にとってみれば、なるべく安く買いたいと考えるのも当然のことでしょう。

不動産売買は相反する双方の希望があるので簡単にはいきません。

そこで今回は、不動産売却を成功させるコツをご紹介します。

大事な不動産を売却するのですから成功させましょう。

あわせて読みたい|意外と身近な不動産売却。売却前に押さえておきたい確認ポイントは?

不動産売却に必要な事とは?

不動産売却を成功させるコツは心構えにあり

1つ目の不動産売却を成功させるコツとしてご紹介するのは心構えです。

不動産購入時と不動産売却時には重要になる心構えがあるため、まずは心構えからご紹介します。

<不動産購入時の心構えが重要>

一生住み続けるのなら話は別ですが、不動産を購入する際に、不動産売却時のことも考えて購入する心構えが重要になります。

誰もがほしいと考える、何年経っても魅力ある物件であれば、不動産売却時に苦労する可能性は低いでしょう。

憧れのエリア、駅から近い・買い物に便利な好立地、ブランド力のあるマンションなどが一例です。

<余裕をもって不動産売却できる心構えを!>

不動産を売却する際に、余裕がなければ売り急いでしまいます。

売り急げば、売却価格の交渉における主導権を握れません。

結果、自分が希望していた価格よりもかなり下回った価格で売却しなければならないなんてことになってしまいます。

慌てず、余裕をもって不動産売却に臨める心構えで臨むことが重要なコツの1つといえるでしょう。

<欲張らない心構えも重要!>

なるべく高く不動産を売却したい気持ちはわかりますが、根拠なく相場とかけ離れた価格で売却したいと思っても、なかなか売却できるものではありません。

相場を知り、妥当な価格設定をしなければ誰も見向きもせず、長い間売れずに売れ残り感が漂ってしまいます。

結果、価格を下げるはめになり、無駄に時間が過ぎた分下げ幅が大きくなってしまうなんてことになりかねません。

前項で慌てずと申し上げましたが、根拠なく相場とかけ離れた価格設定で過ぎる時間はただ無駄な時間だといえます。

変な欲をかかずに不動産売却に臨む心構えも重要です。

上記の心構えで不動産売却に臨むには、適正な価格設定をする、必要な準備をすることが欠かせません。

<あくまであなたが主体になる心構えで!>

不動産を売却するには、購入者を探し、売買契約を取り交わし、登記しなければならず、あなた一人でおこなうのは無理な話です。

不動産会社にお願いするのが一般的でしょう。

ただ、いくら不動産会社にお願いするといっても、任せっぱなしにしていると、業者に都合よく売りやすい安い価格で売られてしまう可能性があります。

当然のことながら主体はあなたなので、あなた自信が主体だという心構えで臨み、業者はあくまでパートナーという認識でいましょう。

不動産売却の価格設定

不動産売却を成功させるコツは価格設定にあり

2つ目の不動産売却を成功させるコツは妥当な価格設定です。

高すぎる価格設定では売れず、安い価格設定では損をしてしまいます。

では、どうやって妥当な価格設定をすればいいのでしょうか?

価格設定のコツは、ご自身で周辺の売却価格の相場を調べておき、複数の不動産会社に査定してもらうことです。

不動産というのは唯一無二の存在なので、全く同じ不動産は存在せず、そのものズバリの価格を知ることは難しいですが、周辺の売却価格は参考になります。

また、いくら不動産会社は不動産のプロだといっても、任せっぱなしにするのはよくありません。

不動産会社としてみれば、仕事を取りたくて初めに高い価格を提示しておいて、しばらくして売れないから価格を下げましょうと持ちかけることも考えられますし、逆に初めから売りやすい安い価格を提示する可能性もあります。

これらのことを考えると、あらかじめご自身で周辺の売却価格の相場を調べて希望する売却価格を設定しておき、複数の不動産会社から意見を聞くというのが、妥当な価格設定をするコツなのです。

不動産会社の意見を聞く際には、あなたの意見や価格設定の根拠、質問をどんどん投げかけてみましょう。

価格設定の根拠や質問に誠実に答えられない業者や、あなたの意見を全く聞かずに上手く丸め込もうとするような業者は避けるべきです。

あなたの意見もしっかり聞き、的確なアドバイスをくれる業者、価格設定の根拠や質問に誠実に答えてくれる業者なら、あなたも納得して任せられるでしょう。

妥当な価格設定は、高すぎればなかなか売れず、安すぎれば損をしてしまうリスクを回避して、不動産売却を成功させる重要なコツなのです。

そしてもう一点、安心して任せられる不動産会社を選ぶコツにもつながります。

不動産売却の際に準備すべきこと

不動産売却を成功させるコツは準備にあり

3つ目の不動産売却を成功させるコツはしっかり準備しておくことです。

不動産売却を成功させるのに必要な準備を確認してみましょう。

<いつでも引っ越しできる準備>

先に引っ越しを済ませて売却活動に臨むのが理想ですが、現実的には難しいでしょうから、いつでも引っ越しできる状態に準備しておきましょう。

購入希望者の都合に合わせて引っ越しできるとなれば、購入希望者の気持ちが盛り上がったまま契約に進めます。

引っ越しまでに時間がかかるとなると、気持ちが盛り下がる、他の物件に目移りしてしまう可能性も否定できません。

いつでも引っ越しできる状態にするには、あなたが住む新しい家を確保しておく必要があります。

購入するにしても、とりあえず賃貸するにしても、引っ越し先のめぼしをつけておかなければいけないため、あなたの引っ越し先を探しましょう。

また、不用品の処分をしておくこともスムーズに引っ越しをするためのコツの1つです。

荷物が少ないほうが素早く引っ越しできますし、不用品を処分しておけば、内見の際にもよい印象を与えられるでしょう。

<必要な書類の準備>

不動産会社から求められると思いますが、契約の際に必要な書類はあらかじめ準備しておきましょう。

・売買契約書

・権利証(登記済権利証もしくは登記識別情報通知)

・間取り図

・固定資産税納税通知書

一戸建ての場合にはさらに、

・土地測量図面、境界確認書

・建築確認通知書

マンションの場合には、

・マンションの利用規約

など、物件に関する必要書類は準備しておきましょう。

また、実際に契約する際には、本人確認のための身分証明書や印鑑証明書なども必要になります。

<価格設定の準備>

不動産売却を成功させるのに重要な価格設定の準備として、周辺の売却価格の相場を調べておくことも大切な準備の1つです。

<不動産会社選びは重要な準備>

不動産売却の成功を左右しかねない不動産会社選びも重要な準備の1つといえるでしょう。

複数の業者に相談、査定をお願いし、あなたが納得して任せられる業者を選んでください。

また、一般媒介契約にするか、専任媒介契約、専属専任媒介契約にするか、不動産会社との契約形態も決めなくてはなりません。

一般媒介契約は複数の業者とも契約できるため活動の幅が広がりますが、専任媒介契約、専属専任媒介は1つの業者としか契約ができないため業者の本気度が変わります。

考え方次第ですが、複数の業者と契約できる一般媒介契約が一般的です。

<内見に向けた準備を!>

内見は購入希望者の物件イメージを左右するため、不動産売却を成功させるには内見も重要です。

モデルルームと同様の働きをします。

少しでもよいイメージを持ってもらえるように、不用品をなくし、整理整頓に心掛けるなど、万全の準備をしておきましょう。

※スムーズに不動産売却を進めたいという方はこちらもご覧ください!|流れを把握すれば、不動産売却がスムーズに!

まとめ

不動産売却を成功させるコツをご紹介しました。不動産売却を成功させるには、心構えと価格設定、準備が重要です。

この記事を参考に、是非、成功させてくださいね。

あなたの不動産売却が成功することを心よりお祈りしております。

売却をご検討されるなら、まずはご自宅を無料査定しませんか?無料で最大6社まで、不動産会社にまとめて査定依頼することができます。不動産売却にも「いえらぶ」をご利用ください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事