不動産ニュース

あらためて見直そう「賃貸管理」入門

いえらぶコラム編集部

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
タグ:

【タイアップ企画】提供:オーナーズスタイル・ネット

あらためて見直そう「賃貸管理」入門

「選ばれる物件」になるか、「選ばれない物件」になるか、その分かれ道は賃貸管理にあります。入居者は、大家さんや管理会社が考えている以上に「管理の質」で物件を選別していることをご存じでしょうか。

物件の「管理力」を高めることが、これからの大家さんには必要になります。いま、あらためて見直してみてください。

収益性に差が出る!管理を見直して「管理力」を高めよう

空室期間が長引いているなか、「管理会社がやってくれているはず」「管理会社に不満を持ちながらも、委託を続けている」「自分なりに管理できている」というオーナーが少なくないのが現状です。

今は傷が浅くても、漫然と管理をしているだけでは大変なことになるかも知れません。

物件の条件は悪くないのに退去が頻発する・空室が埋まらないとしたら、入居者が不満を募らせている証拠です。

入居者が感じる管理に対する不満の上位は「建物の清掃手入れが不充分」「トラブル発生時の対応が遅い」「修繕などが発生しても対応してくれない」。

そもそもオーナーや管理会社の対応が不明確という入居者も多くいます(国土交通省「賃貸住宅管理業務に関するアンケート調査」2019 年12月)。

一方、管理の質が高ければ入居者は住み心地が良いと感じて長く住んでくれたり、次の入居者をスムーズに獲得できたりと満室経営を維持することができます。

つまり、管理の質が収益性に直結するようになってきたということです。

では管理の質は何によって左右されるのでしょうか。

それは管理会社を選ぶ力であり、管理会社を動かす力であり、自ら管理を行っていく力です。

これらを総合した「管理力」を高めることが不可欠といえます。

今一度、物件の管理がきちんとできているか見直してみてください。

そして管理にかかわる知識とノウハウを蓄え、足腰の強い賃貸経営を目指しましょう。

管理の最適化を目指す賃貸管理業界の最新動向

時代のニーズに応えるため、賃貸管理業界も日々進化しています。

不動産テックを活用して入居者の不満や不安を解消したり、空室対策や管理業務を効率化したりするサービスなど、多彩なメニューが登場しています。

例えば、入居者がスマホを使ってチャット形式で管理会社に問い合わせできるアプリ、オーナー向けの設備メンテナンスや原状回復の費用負担を軽減する保証サービス、ITを活用した高齢者の見守りサービスなどがあります。

これらのサービスを利用することで、自主管理オーナー様は管理負担軽減や合理化につながり、委託管理の場合も管理会社の業務効率化により入居率アップ策への注力が期待できます。

このような収益アップにつながる賃貸管理業界の最新動向を見逃さないようにしていきましょう。

この続きはオーナーズ・スタイル・ネットで読むことができます。

次ページ:大家さんに調査!データでみる日本の大家さんの「賃貸管理」

続きを読む:https://owners-style.net/article/detail/24516/

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事