暮らし

大人のスイーツでティータイム!フランス菓子カヌレ【レシピ動画あり】

いえらぶコラム編集部

焼きがったばかりのカヌレ

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
タグ:

フランスの伝統的なお菓子「カヌレ」。外側はカリッと香ばしく、なかはモチモチと弾力があります。

バニラやラム酒の香りがふわっと香る口どけは、まさしく大人のためのお菓子と言えるでしょう。

今回は、大人女子のティータイムにぴったりはまる、カヌレのレシピをご紹介します。

カヌレの材料(5.5cmカヌレ型12個分)

牛乳

・牛乳…………………………500ml

・中力粉………………………125g

※強力粉と薄力粉を半分ずつでも可

・砂糖…………………………250g

・バター………………………25g

・バニラビーンズ……………1本

・全卵…………………………1個分

・卵黄…………………………2個分

・ラム酒………………………50ml

・バニラエクストラクト……小さじ1

※バニラエッセンスを数滴でも可

カヌレのレシピ①生地を作る

牛乳にバターとバニラビーンズを入れて火にかける

鍋に牛乳、バニラビーンズ※、バターを入れて、火にかけます。

バニラビーンズの処理

※バニラビーンズはさやを切り、2つに割ってから中に詰まった種を取り出して使用する

粉と砂糖と牛乳と卵とラム酒を入れて混ぜる

ふるいにかけた小麦粉と砂糖をボウルに入れて軽く混ぜたら、先ほど温めた牛乳を半分だけ入れて混ぜ、さらに別容器でかき混ぜた卵(全卵+卵黄)を加えてしっかりと混ぜ合わせましょう。

その後、残りの牛乳を加え、さらにラム酒を加えて混ぜたら、ラップをかけて12~48時間ほど冷蔵庫で冷やしておきます。

カヌレのレシピ②オーブンで焼く

カヌレ生地を濾す

冷蔵庫で冷やした生地をホイッパーでかき混ぜたら、上記のように濾し、常温に戻るまでしばらく待ちます。

カヌレの型に生地を流し入れる

バター(またはスプレーオイル)をカヌレ型に塗り、生地を流し込んだら、あらかじめ温めておいたオーブンで焼きます。

予熱で温めたオーブンでじっくり焼く

220℃で15分、その後180℃に温度を落とし、さらに50分焼きましょう。

詰まれたカヌレ

熱いうちに型からはずし、冷めたら完成です。

もっと詳しい手順が知りたい!という方は、ぜひ下記の動画をチェックしてみてくださいね。

カヌレの作り方/EMOJOIE CUISINE

まとめ

見た目にもかわいいカヌレが、こんなに簡単に作れるなんて驚きですよね。

翌日まで保存をする際は常温が鉄則!密閉容器や袋、ラップに包むと外側がしっとりしますが、それでもおいしくいただけます。

子どもたちには内緒のスイーツ。

ぜひ手作りのカヌレをおともに、ティータイムを満喫してみてくださいね。

>>料理&スイーツレシピの記事一覧

Writer この記事を書いた人

いえらぶコラム編集部
いえらぶコラム編集部は、皆さまの住まい探しに役立つ知識や、暮らしを豊かにする情報を発信していきます。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

campaign201909

Related article関連記事

New article 新着記事