住まいのノウハウ

結婚する前?それとも後?婚約カップルが家を買うタイミング

山本 宏明

新築分譲一戸建て

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
タグ:

結婚が決まり幸せな日々を送っているカップルなら、新居をどうするか話し合うこともあるはず。

今住んでいる賃貸物件に住み続けることもできますが、中には一戸建てやマンションなどの"持ち家"が欲しいと考える方もいるでしょう。

カップルが家を買う場合、結婚前と結婚後、どのタイミングで買うのが良いのでしょうか。

そこで今回は、カップルが家を買うタイミングと、それぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

結婚前に家を買うメリット&デメリット

婚約中の恋人同士

結婚することは決まったけど、今はまだ婚約中の二人。

書類上では夫婦になっていないタイミングで家を買うケースは少ないでしょうが、何年も同棲している婚約カップルなら「早めに家を買ってもいいね」という話が出るのは自然なことかもしれません。

結婚前に家を買うメリットとデメリットは、以下の通りです。

・結婚前に家を買うメリット

婚約中に家を買うメリットは、住宅ローンを完済する年齢に早く到達するという点です。

一般的に住宅ローンの返済年数は30~35年であり、多くの金融機関で住宅ローンの完済年齢の上限を80歳までとしています。

45歳までなら最長の35年ローンを利用できますが、仮に婚約している二人の年齢が30歳で、そこから住宅ローンの支払いが始まったら完済時の年齢は60~65歳です。

できるだけ早く住宅ローンが完済できるのは、魅力的なメリットと言えるでしょう。

なお、婚約中でも住宅ローンの申し込みは可能ですし、二人の収入を合算することもできます。

・結婚前に家を買うデメリット

結婚前に家を買うデメリットとしてあげられるのは"婚約解消のリスク"。結婚目前になって破談になった、というケースも少なからずあるようです。

もしも家の購入に住宅ローンを利用していたら、例え婚約解消になったとしても住宅ローンの返済義務が消えることはありません。

また、婚約中に住宅ローンに申し込んだ場合は二人とも債務者になっているケースが多いので、それぞれに住宅ローンが残ることになります。

二人のうちのどちらかが相手の住宅ローンを引き受けることも可能ですが、若いカップルだと収入の観点から難しいでしょう。

買った家を売却し、それでローンを返済するという方法もありますが、購入した価格で売れることは期待できないので、結婚前に家を買うのは慎重に検討したほうが良さそうです。

新婚の間に家を買うメリット&デメリット

結婚したばかりの新婚さん

結婚後、とりあえず賃貸のマンションやアパートで生活するケースが多いようですが、その暮らしに慣れてくると「もう少し広い家に住みたい」とマイホームの購入を計画する夫婦も出てきます。

結婚後、まだ新婚の間に家を買う場合のメリットとデメリットは以下の通りです。

・新婚の間に家を買うメリット

就職、昇進、結婚、出産、子育て…、人生における大きなイベントはいくつかありますが、マイホームの購入も当然大きなライフイベントの一つ。

新婚の間に家を買えば、将来くるであろうイベントの一つを早めにクリアでき、家族としての土台をしっかりと固められるでしょう。

早い時期から住宅ローンの返済が始まれば、その分完済の時期も早く訪れます。

「子どもが生まれると教育費がかかるし…」と躊躇する方もいますが、教育費と住宅ローンの重複はマイホームを購入する家庭ならどこも同じもの。

それよりも、70~80代の高齢になっても住宅ローンが残っているか、完済しているかの差が今後の生活に大きく影響します。

・新婚の間に家を買うデメリット

人によって理想的な家族構成は異なるでしょうが、全てが思い通りになるとは限りません。

「子どもは一人だけでいい」と思っていたとしても、二人目ができた、双子だったという想定外の状況になることもあるでしょうし、将来的に部屋数が足りなくなる可能性もあるでしょう。

また、家族が増えると家計の状況も変わるので、住宅ローンの支払いが負担になるおそれもあるのです。

さらに、子どもの学区問題で失敗するケースもあります。

夫婦だけなら駅近で通勤に便利なら問題ないと思えるかもしれませんが、子どもいると学校の評判や通学のしやすさなど、教育環境に最適な場所かどうかも判断しなくてはならないでしょう。

子どもが生まれてから家を買うメリット&デメリット

子育て中の夫婦

子どもが生まれてからマイホームの購入を考える夫婦は多いでしょうが、子どもの年齢によってはデメリットとなり得ることもあるため注意しましょう。

子どもが生まれてから家を買うメリットとデメリットは、以下の通りです。

・子どもが生まれてから家を買うメリット

子どもが生まれたタイミングで家を購入するメリットとして、マイホーム購入後の暮らしを現実的にイメージしやすいという点があげられます。

子どもがいると、今までは不便に感じなかった家具の配置や設備に使いづらさを感じることがあります。

実際に子どもがいる生活を体験すれば、理想の住まいを想像しやすくなるので、マイホーム購入後の満足度も高まるでしょう。

・子どもが生まれてから家を買うデメリット

前述したように、子どもの年齢によってはマイホームの購入にデメリットが生じることがあります。

例えば家を買う際、子どもが小中学生くらいなら家族構成に大きな変化がないので、家を買うタイミングとしては良いでしょう。

しかし、子どもが高校生以上だと数年後には県外の大学に進学したり、実家から離れた会社に就職したりして、一人暮らしを始めるかもしれません。

部屋があまった、必要以上に大きな家を買ったというケースにもなりかねないので、子どもがある程度の年齢になったタイミングで家を買う場合は、家族構成の変化も考慮しましょう。

まとめ

結婚を機に家の購入を検討する方は多いですが、いつ買うかによってメリットとデメリットは異なります。

後悔しないためにも、二人でよく話し合って納得できるベストなタイミングを見つけましょう。

<関連記事>

周辺環境が大事!戸建てを買うファミリー世帯が確認すべき4つのポイント

巷で話題の新築ブルーとは?失敗&後悔しないマイホーム購入のコツ

>>いえらぶで全国の不動産情報をチェックする

Writer この記事を書いた人

山本 宏明
某IT企業でSEOのノウハウを学び、現在はフリーのライターとして活動中。おもに、不動産や税金、車といった暮らしに関わる記事を執筆しています。
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

campaign201909

Related article関連記事

New article 新着記事