暮らし

夏のウイルスを寄せ付けない!夏風邪をひかないエアコンの使い方

エアコン

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

暑い夏に必須なものといえば"エアコン"です。気温が30℃を超える日々が続くことも多いため、「クーラーのひんやりした空気がないと生活できない」という方も少なくないはず。また、暑さ対策のほかにも熱中症予防としてエアコンを使用する方は多いですし、自宅だけでなく職場でも快適な業務環境を整えるために、エアコンを使用しているところがほとんどです。

そんな、暑い夏を乗り切るために欠かせないエアコンですが、使い方を間違えるとたちまち「夏バテ」を起こしたり、「夏風邪」をひいてしまったりします。

そこで今回は、夏風邪をひいてしまう原因と、エアコンが原因で夏風邪をひいてしまう理由についてご紹介します。

夏風邪は一度ひくと長引きやすいので、ぜひ予防のためにもご一読ください。

夏風邪はなぜ起きる?夏バテによる免疫力低下に注意

夏風邪をひいた女性

夏風邪とは、その名のとおり「夏にひく風邪」のこと。とはいえ、夏風邪の明確な定義はなく、咳や喉の痛み、頭痛、発熱、鼻水などの風邪の症状のほか、おなかの中で増殖することから腹痛や下痢なども症状としてあらわれます。

風邪の原因となるウイルスは数百種類ほどおり、なかには夏の暑さと湿気を好むウイルスもいるのだとか。この"夏大好きウイルス"が、夏バテによって免疫力が低下した体内に入り込むと、夏風邪を引き起こすというわけです。

夏はただでさえ食欲も体力も落ちやすい季節。そんな時期にかかる夏風邪は、人によってはかなり長引いてしまいます。夏風邪は子どもがかかることが多いのですが、大人がかかると重症化するケースもあるため注意が必要です。

もしも夏風邪をひいてしまったときは、水分をこまめに補給したり、食事や睡眠をしっかりと取ったりしながら、体力と免疫力が回復するのを待ちましょう。

エアコンの使い方が悪いと夏風邪の原因になる

暑い部屋をたちまち癒しの空間に変える「エアコン」。涼しい冷風が心地よく、熱中症予防にもなる優れものですが、実は使い方を誤ると夏風邪の原因となってしまいます。

以下にて、エアコンが原因で夏風邪をひいてしまう理由を2つご紹介します。

・部屋が冷えすぎて喉や鼻の粘膜が乾燥してしまう

暑いからとつい冷房の温度を下げすぎてしまう、という方は少なくありません。しかし、冷房の効きすぎによって部屋が乾燥すると、喉や鼻の粘膜も乾燥し、免疫力が低下。たちまちウイルスが付着・増殖して夏風邪をひいてしまいます。

・冷えすぎによるストレスや外気との寒暖差から免疫力が低下する

エアコンによって体が冷えると、体がストレスを感じます。また、室内の温度と外気の寒暖差が大きいと、自律神経の乱れから体温調節や新陳代謝がうまくいかなくなり、免疫力が低下してしまいます。それにより、夏バテや夏風邪をひいてしまうのです。

エアコンを使用する際は、温度設定に注意することが大切。体を冷やしすぎず、でも暑さを感じにくい26~28度くらいを目安に設定してみてください。また、エアコンの冷気が直接体にあたらないように、扇風機を使って風の流れを作ってあげるとよいでしょう。こうすることで、室内の温度を一定に保てます。

なお、職場のように自分で空調の設定ができないケースもありますが、その際はブランケットなどを用意しておくと安心です。

夏風邪をひかないように予防しよう

うがいをする女の子

夏風邪の原因となるウイルスの感染は、手洗い・うがいをすることで防げます。帰宅時や、会社でも外回りから帰社した際など、外から戻ったときはこまめに手洗い・うがいをして、できるならアルコール除菌なども行いましょう。

また、免疫力の低下を抑制することも予防において重要なポイントです。睡眠不足にならないよう夜更かしをしない、体を冷やす冷たい飲み物を飲みすぎないなど、普段から注意することで、仮に体調を崩しても早く回復できます。

さらに、最近では夏風邪の予防に効果が期待できるエアコンなども登場しています。眠りが深いときは温度を下げて涼しく、起きる直前に少し温度を上げるなど、快適な眠りをサポートすることで体調不良を起こす心配がなくなるとのこと。

加えて、空気清浄機などを使って空気をきれいにすれば、ウイルスの活動を抑制することが可能です。これらの便利なものも活用しながら、夏バテや夏風邪にならない環境を整えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

夏バテなどで免疫力が低下すると、たちまち夏風邪をひいてしまいます。少しでも夏風邪のリスクを減らすために、暑い時期のエアコンの使用には注意が必要です。

エアコンは熱中症を予防する便利な道具ですが、使い方によっては「喉や鼻の粘膜の乾燥」「冷えによるストレス」「室内と外気の寒暖差による自律神経の乱れ」などによる免疫力の低下を招き、夏風邪をひいてしまいます。

そもそも温度を下げすぎない、直接風があたらないように調整するなど、夏風邪をひかないためにエアコンを使う際は十分に注意しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事