暮らし

毎月18日はホタテの日!ホタテの日の由来や雑学を紹介!

ホタテ由来

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
タグ:

ホタテは魚介類でも有名な食材で、ホタテを食べることでさまざまな健康効果を得られることが期待できます。

そんなホタテですが、実は毎月18日はホタテの日という記念日なのをご存知でしょうか?

今回は、ホタテの日という記念日が毎月18日となった由来と、そしてホタテの雑学を2つ紹介します。

毎月18日がホタテの日となった由来

ホタテ由来

ホタテの日が毎月18日となったのは、ホタテのホという字を2つに分けると「十八」になることから由来です。

もともとホタテの日は、ホタテの旬の時期が6月18日であることや、陸奥湾の「むつ」を六つと読む語呂合わせから6月18日が記念日でした。

しかし後に、毎月の記念日として拡大していきました。

また、前述した通りホタテにはさまざまな健康効果があり、例えばアルコールなどによって疲労した肝臓の回復や、コレステロールを抑制、更に肝機能を高める効果があります。

その他にも血液サラサラの効果や眼精疲労の回復も期待できます。

ホタテにまつわる雑学

ホタテ由来


ホタテの目は80個ある?

ホタテを見た感じだと、人間や犬などのように目がついているようには見えないかもしれません。

しかし実は、個体差はありますがホタテには80個以上目がついているのです。

ホタテには外套膜という部分があり、そこにホタテの目があります。

これはホタテの身の外側にある貝ヒモに目が点々と並んでおり、多くて百個以上目があるホタテもあるようです。

しかし数は多いのですが、ホタテの目の視力はあまり高くありません。

あくまで周囲の明るさがわかる程度の視力のようです。

ホタテは唯一泳げる貝?

貝の中でも、ホタテは唯一泳げる貝なのをご存知でしょうか?

ホタテの貝があれほど大きいのは、実は泳ぐ機能を特化させるためにあれほど大きくなったのです。

動画でもホタテが泳いでいる姿を確認できますが、2枚の貝殻をパクパクとさせてホタテは泳いでいます。

更にホタテの泳ぐスピードは意外に早く、魚と比較しても同じくらいのスピードで泳げます。

また、ホタテが泳ぐ理由には二つあり、一つは外敵から逃れるためです。

ホタテの天敵はヒトデやタコなどが挙げられ、そのような外敵から避難するために泳いでいます。

もう1つの理由は移動するためで、自分の生息する環境へと移動するために泳いでいるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ホタテの日が制定されたのは、ホの字を分解して十八となること由来であることがわかりました。

ホタテは健康効果にいいので、ホタテの日にはホタテの料理を食べてみてはいかがでしょうか

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

campaign201909

Related article関連記事

New article 新着記事