暮らし

簡単に窓ふきできるコツとは?おすすめの掃除方法について紹介!

窓ふき コツ

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

窓をキレイにするためには、内側だけではなく、外側やサッシ部分なども掃除しないといけないのですが、そう考えると面倒に感じる方も多いでしょう。

ここでは、窓を効率よく掃除できる方法について解説します。

窓は何が原因で汚れるのか?

窓ふき コツ

窓の汚れは、内側と外側で原因が異なるので、それぞれの原因について解説します。

内側の汚れ

窓の内側の汚れには手垢やホコリ、部屋でタバコを吸う方は、タバコのヤニが原因だと考えられます。

例えば、素手でガラスに触れてしまうと、手の皮脂が付着して、そして室内に漂っているホコリやゴミが、その影響で付着しやすくなってしまいます。

またタバコのヤニによってガラスを黄ばんでしまうこともあり、頑固な汚れとなって落としにくくなるのです。

外側の汚れ

窓の外側にある汚れは花粉や雨、そして排気ガスなどが原因と考えられます。

外の空気に漂っている砂やゴミは風が吹くことで窓へ付着してしまい、そのままそれを放置してしまうと、汚れが固まってしまい落としにくくなってしまいます。

どの汚れも放置せず、定期的に掃除をして窓の清潔さを維持できるようにしましょう。

窓ふきのコツその1 新聞紙を使う

窓ふきを始めるために、まずは新聞紙を用意しましょう。

窓をキレイにするためには、新聞紙を使って窓ふきをすることがコツです。

掃除の手順

まずは新聞紙を丸めて、その丸まった状態の新聞紙を水で濡らして窓をふきましょう。

窓の端までしっかりと新聞紙でふき取り、ふき終ったら仕上げに乾いた新聞紙を丸めて、乾ふきをして完了です。

ちなみに、窓に結露が発生したらチャンスで、新聞紙を水に濡らさずにそのまま窓をふくことができます。

ただし、水分が多すぎる場合はワイパーを使って水分を除きましょう。

新聞を使う理由

窓ふき コツ 新聞紙

窓ふきに新聞紙を使う理由として、新聞紙に使われているインクが大きく関わっています。

新聞紙に使われているインクには、油分や手垢の成分を分解する効果があるため、汚れを残さずキレイに窓ふきをすることができるのです。

窓ふきのコツその2 網戸の掃除

網戸の掃除には、網戸ワイパーを使用して掃除をしましょう。

網戸の汚れは、網戸ワイパーを使用することでほとんどの汚れを取ることが出来ます。

ただし、網戸ワイパーを使用した掃除をするとホコリが飛んでしまうので、あらかじめ窓の周囲に新聞を敷いてから掃除を始めましょう。

解体の窓口

窓ふきのコツその3 サッシの掃除

サッシを掃除する前には、以下の道具を揃えてください。

・刷毛やブラシ

・掃除機

・片栗粉

・塩素系漂白剤

手順1 土埃を出す

まずは、サッシの土埃はブラシを使って掻き出しましょう。

ただし、ブラシの大きさが小さすぎるとサッシを擦るのに手間なので、少し大きめのブラシを使用しましょう。

大き目のブラシを使って、サッシ全体の汚れを掻き出してください。

手順2 細かい部分

次に細かい部分を、つまようじや歯ブラシで汚れを掻き出します。

もし汚れが頑固だった場合はマイナスドライバー、そしてウェットティッシュを使用して、汚れを落としましょう。

汚れを除去したら、水ふきと乾ふきをして終了です。

手順3 カビ取り

サッシが黒ずんでいた場合は、間違いなくカビと判断していいでしょう。

サッシに発生したカビの対処には、片栗粉を使った方法がオススメです。

片栗粉と塩素系漂白剤を混ぜてペースト状にし、できあがった漂白剤ペーストを黒ずんだ部分に塗り込みましょう。

ただし注意点として、手があれやすい方はゴム手袋を着用して直接触れてしまわないようにしてください。

漂白ペーストを、黒ずんだ部分に塗ったら5分ほど置きます。

塗ってからしばらくしたら漂白ペーストをふき取り、そして水拭きと乾拭きをして完了です。

窓ふきの注意点

スプレーを直接吹きかける

窓ふき コツ スプレー

窓ふきの際には、ガラスへ直接スプレーを吹きかけてはいけません。

なぜなら、窓ガラスへスプレーを直接吹きかけると洗剤の跡ができ、ムラになって汚れが発生するのです。

そのため、キチンとタオルや雑巾に向かってスプレーを吹きかけてから、掃除をしてください。

1枚ずつスプレーを吹きかける

窓ふきの際に、自宅にある窓全部に洗剤をつけてしまうと、洗剤が乾燥してしまい、窓に跡ができて汚れを発生させてしまいます。

そのため、窓ガラスを掃除する際には1枚ずつ洗剤をつけてから、窓ふきをしましょう。

窓ふきはすぐに終わらせる

窓ふきのコツとして、窓の汚れはすぐにふき取ってください。

なぜなら砂やホコリなどの汚れが、濡れている状態の窓ガラスに付着し、乾燥すると汚れがこびりついて、落としにくくなってしまいます。

これは手早く掃除をすることで未然に防げるので、窓ふきの際には早く汚れを除去することを心掛けましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

窓ふきは、ある程度の道具を揃えることで、窓をキレイにすることができます。

また、新聞紙に使用されているインクが、窓の汚れを分解する特徴があることに驚きですね。

今回紹介した方法で、ぜひ窓をキレイに掃除してみましょう。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事