暮らし

宇都宮市の住みやすさは?買い物環境や子育て環境などについて調べてみました

宇都宮 住みやすさ 街

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

関東平野の中北部に位置し、北関東最大の都市として有名な宇都宮市。

ここでは、そんな宇都宮市の住みやすさについて紹介します。

宇都宮市を移住先として興味のある方はぜひ、ご覧ください。

宇都宮市の住みやすさ1 子育て環境

宇都宮 住みやすさ 妊婦さん

宇都宮市には「宮っこ子育て応援なび」という子育てサイトがあり、そちらには妊娠中や出産後に必要な手続きやサポートの情報が公開されています。

また、医療費助成体制も整っており、お子さんが中学校を卒業するまで通院と入院のどちらも、自己負担がありません。

更に、宇都宮市では小学校6年生まで学童保育を使用することができるのが特徴的です。

市内にある66ヶ所の小学校に学童保育が開設されており、月曜~金曜日は午後1時~午後6時まで、土曜と学校長期休業時は午前9時~午後5時まで開設されています。

また、栃木県が発表している情報によりますと、宇都宮市の待機児童数は0人

になっているようです。

このように宇都宮市は子育てのしやすい環境といえるでしょう。

宇都宮市にある教育施設の数は、以下の通りです。

・保育所 77ヶ所

・幼稚園 36園

・小学校 70校

・中学校 31校

・高等学校 15校

宇都宮市の住みやすさ2 交通アクセス

宇都宮市内には、雀宮駅や宇都宮駅など合計8つと数多くの駅があります。

そしてJR東北新幹線やJR東北本線、そしてJR日光線と東武鉄道宇都宮線と4つの路線を使用することができます。

東京駅までは、新幹線を使用して50分ほどで到着することができます。

その他にも、現在では路線電車LRTの工事が進められており、LRTの運行サービスや車両デザインの情報発信が開始されています。

路線電車LRTが完成することで、更なる交通アクセスの向上を期待することができるでしょう。

宇都宮市の住みやすさ3 買い物環境

宇都宮市はとても買い物環境が充実しているエリアです。

例えば宇都宮駅の周辺には大型ショッピングセンターが集まっており、東武百貨店やララスクエアといったお店があり、こちらで生活に必要なものを買うことができます。

また、成城石井や、えきの市場といった小売店もあり、こちらでもお買い物ができます。

そして、少し足を延ばした場所にFKDインターパーク店というショッピングモールがあります。

このように、数多くの買い物施設があるため、日常的な買い物だけでなく、週末のショッピングを楽しむことができるでしょう。

宇都宮市内にある買い物施設の数は以下の通りです。

・小売店数 4080店

・大型小売店数 80店

・百貨店数 11店

・飲食店数 2616店

・公民館数 18店

・図書館数 6館

解体の窓口

宇都宮市の住みやすさ4 医療福祉

宇都宮 住みやすさ 病院

宇都宮市はとても病院の数が多いエリアで、ケガや病気になっても十分サポートが受けやすいといえるでしょう。

また、宇都宮市では「健康づくりのしおり」というものが毎年発行されており、こちらには市内で行われている保険に関する事業が掲載されています。

そのため、医療機関を受診したい際にとても役立ちます。

宇都宮市内にある医療施設の数は、以下の通りです。

・児童福祉施設 90ヶ所

・一般診断所数 419施設

・一般病院数 26施設

・歯科診療所数 296施設

・老人ホーム数 22ヶ所

宇都宮市の住みやすさ5 子どもにおすすめのスポット

宇都宮市には数多くのスポットがあり、特にお子さんが遊ぶのにおすすめのスポットがあります。

こちらでは、お子さんにおすすめのスポットについて紹介します。

宇都宮動物園

宇都宮 住みやすさ 動物園 ぞう

こちらの宇都宮動物園には、アジアゾウやアミメキリンなど迫力がある動物と出会うことができます。

また、遊園地も併設されているので、動物を見るだけでなく、観覧車やジェットコースターに乗って、お子さんが楽しむこともできます。

とちのきファミリーランド

こちらの、とちのきファミリーランドは、新幹線をモチーフにしたジェットコースターや「空!行け!とちまる号」などといったアトラクションを楽しめるのが特徴的です。

また、入園料が無料となっているので、気軽に楽しむことができる施設といえるでしょう。

ただし、乗り物料金はかかるので注意してください。

栃木県子ども総合科学館

栃木県子ども総合科学館では、国内最大級の反射天文台が備えられた天文台や、天体の動きが投影できるプラネタリウムなどがあることが特徴的です。

また、野外には実物大のH2ロケットがあるのも見どころの一つです。

カルビーグループ オイシア 清原工場

こちらの工場では、スタッフがティスプレイを使って、シリアルやかっぱえびせんの作り方について教えてくれます。

実施日は祝日を除いて月曜~金曜日、9時30分~15時まで実施しています。

うつのみや妖精ミュージアム

こちらのミュージアムでは、妖精に関する絵画や陶器などが展示されています。

また、天野喜孝氏がデザインしたステンドガラスもあります。

天野氏はゲームなどのキャラクターデザインも手掛けているので、そのステンドガラスは非常に見ごたえのあるものといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

買い物の利便性や、子育て環境の充実さなど、宇都宮市の住みやすいポイントは数多くあります。

また、お子さんと楽しめるスポットもたくさんあるので、ぜひ宇都宮市を移住先のエリアとして検討してみてはいかがでしょうか。

宇都宮市で不動産を探すなら、ERA不動産Onlineがおすすめです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事