暮らし

便利で住みやすさのある街!相模原市の魅力について紹介!

相模原市 住みやすさ 交通アクセス

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

相模原市は、神奈川県内でも3番目に人口の多く、都心へのアクセスの良さからファミリー層のベッドタウンとして人気のあるエリアです。

こちらでは、相模原市の住みやすさについて詳しく解説します。

相模原市への移住を検討している方はぜひ、参考にしてください。

相模原市の特徴

相模原市の市全体の面積は、神奈川県内の中で横浜市を次ぐ第2位の面積です。

相模原市は3つの区に分かれており、それぞれ中央区と南区、そして緑区と呼ばれています。

その中でも緑区には相模湖があり、自然が豊かなエリアとなっています。

都市でありながらも、その自然の豊かさから相模原市の住みやすさを感じる方も多いようです。

また、都心部へのアクセスが良い主要駅があり、その周辺には商業施設が揃っています。

買い物環境について

相模原市で買い物環境が充実している場所は、相模原駅と橋本駅、そして相模大野駅の3つになります。

代表的な商業施設として伊勢丹やイオン、モアーズなどがあるので買い物には不便することは無いでしょう。

その他にも、数多くのスーパーや商店街もあります。

このように買い物施設が多く、それが住みやすさへと繋がっているのでしょう。

おすすめの買い物施設

相模原市には、東日本で初のニトリモールの「ニトリモール相模原」があります。

更に、ニトリだけでなくヤマダ電機やダイソー、ABC-MARTなど生活を充実させてくれる施設が数多く入っています。

また、サーティワンアイスクリームも有るので、お子さんと一緒にアイスを美味しく頂くことも出来ます。

ニトリモール相模原の営業時間は、10:00~21:00までです。

交通アクセスについて

相模原市 住みやすさ 交通アクセス

相模原市で主要駅となっているのは主に、相模原駅と橋本駅、そして相模大野駅の3つです。

相模原駅からはJR横浜線が、橋本駅にはJR横浜線、相模線、京王相模原線が通ります。

更に相模大野駅には、小田急電鉄の小田原線、江ノ島線が使用できるので、都心部や江ノ島など、様々なエリアに移動できます。

例えば橋本駅から新宿駅に向かう際には、京王線特急を利用すると37分ほどで到着できます。

そして相模大野駅から新宿駅へ向かう際には、小田急線快速急行を利用すると35分ほどで到着できます。

このように短時間で都市部へと移動できるので、通勤や通学の際にとても便利で、住みやすさが感じられるエリアといえるでしょう。

解体の窓口

おすすめの公共施設

アクアリウムさがみはら

この施設では、相模川をより深く知ることを目的とした施設です。

施設内には、アユ水槽やDGシアター、そして坂道おさかな観察水槽など、数多くの資料があります。

料金は大人390円、小中学生は130円となっています。

ただし、月曜日は休館となっているので注意してください。

夏休みの期間中なら、お子さんの自由研究の参考にもなる施設です。

ぜひ一度、お子さんと訪れてみてください。

相模の大凧センター

相模原市 住みやすさ 大凧大会

相模原市では「相模の大凧あげ」というイベントがとても有名で、よくテレビでも紹介されています。

天保時代(1830年代)に発祥した行事で、相模原市ではその伝統を次代へ次いでいく目的として「れんげの里あらいそ」内にこの施設が建てられました。

施設内には、相模の大凧を紹介している展示ホール、国内外の凧が展示されているギャラリー、そして凧作りを体験することができる工作室などがあります。

また、展示ホール内では相模の大凧まつり等のビデオが放映されます。

なお、工作室以外は無料で自由に閲覧することができます。

おすすめの飲食店

相模原市でおすすめの飲食店として「よしの食堂」が挙げられます。

お店からは少し古い雰囲気が感じられますが、ボリューム満点で手頃なお値段の定食を食べることができます。

また、調理時間が早く、橋本駅から徒歩10分前後の場所と駅から近い場所にあります。

ちなみに、前述したとおり駅から近い場所にあるので、男性のお客さんがお昼ご飯を食べに訪れることが多いようです。

駅の近くに美味しい飲食店があるのも、住みやすさを感じる一つのポイントといえるでしょう。

老後について

老後

相模原市 住みやすさ 老夫婦

相模原市の人口は、約70万人を抱えています。

ですが都市にも関わらず、自然環境の多いエリアなので高齢者でも住みやすい街と紹介されています。

また、市内では高齢者の社会参加を施す目的で、積極的に地域貢献活動や施設の利用などを斡旋しています。

学校教育について

相模原市内にある「神奈川県立相模原中等教育学校」は、神奈川県初の公立中高一貫校として知られており、そして6年制が採用されています。

相模原中等教育学校は「国際社会に通用する教養と、独自性を持った人物を育てること」をモットーにしており、人間性とリーダシップが重視された教育を実施しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

神奈川県相模原市は買い物施設がとても充実しており、生活の快適さを感じやすいエリアといえるでしょう。

そして、相模原市にはお子さんの楽しめる公共施設も豊富にあるので、休日にお子さんと訪れて、楽しめることができます。

ぜひ神奈川県相模原市を移住先として検討してみてください。

相模原市のお部屋探しは、いえらぶへお任せください。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事