暮らし

知っておきたい日焼け止めの予防方法!これで日焼け対策もバッチリ?

日焼け止め対策をする女性

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

夏の時期になると、日焼けがとても気になる方が多いと思います。

きちんと正しい日焼け対策をすることで、将来的に美肌に繋がるといっても過言ではないでしょう。

ですが、正しい日焼け対策ができている方が少ないと思われます。

そこで、効果的な日焼けの予防方法について解説していきます。

ぜひ参考にして、効果的な日焼け対策をしていきましょう。

1日焼け止めを塗る頻度

日焼け止め対策をする女性

実は、日焼け対策は年中した方が効果的です。

なぜなら、実はシミはひと夏によって発生するものではありません。

お肌のシミは、日焼けを何年も積み重ねたことが原因で発生したものなのです。

なので、日焼けが積み重なったことで、シミが色濃くなっているといった方が正しいでしょう。

シミの発生や状態の悪化を防ぐためにも、日頃から日焼け対策を重ねて予防していきましょう。

2 日焼け止めの種類

実は日焼け止めの種類は大きく分けて2種類あり、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。

まずは紫外線吸収剤の方を解説していきます。

こちらは紫外線を吸収し、エネルギーへと変えて放出するのが特徴的です。

そのため、同時に肌から紫外線を防ぐ力が強いです。

もう一つの紫外線散乱剤は、紫外線を反射や散乱させることで皮膚から紫外線を守るのが特徴的で、肌への負担が少ないです。

また、「SPF」と「PA」というものがあり、これは紫外線やUVBをどれほど遮断できるのか数値化したものです。

具体的には、素肌の状態と比較して、日焼けが始まるまでの時間をどれほど遅らせるのかわかります。

例えば、SPF1の場合は、日焼けが始まる時間まで20分といわれています。

そしてSPF30の場合は「20分×30=600分」と、このような計算ができます。

そしてPAの場合は、肌から紫外線やUVAをどれほど防御できるか目安となる数値です。

単純に+が多ければ多いほど、防御の効果が高いです。

ただし、多い分同時に肌への負担も大きくなるので注意してください。

3 日焼け止めの塗り方

次に、日焼け止めの効果的な塗り方を解説していきます。

まず、日焼け止めは外出の20~30分前から肌に塗っておきましょう。

そして、効果を持続させるためには、2~3時間ごとに日焼け止めを肌に上塗りする必要があります。

また、化粧崩れが気になる方は、日焼け止め効果のあるファンデーションを、同様に2~3時間ごと肌に上塗りするのも効果的です。

また、日焼け止めを塗る際には注意点があります。

まず、日焼け止めを使用する量は規定されている量を守りましょう。

例えば、既定の量よりも少なく使用している方が多いです。

そして、肌から出る汗やかきむしることで紫外線の予防効果が低下します。

前述した通り、日焼け止めを上塗りすることで予防効果を持続させることが大事なのです。

解体の窓口

4日焼け止めとの併用におすすめのグッズ

紫外線の対策は、日焼け止めの使用だけでなく、ほかのグッズも一緒に使用することで更に予防効果が上がります。

例えば、つばの広い帽子、サングラス、日傘を使用することで日焼けの予防となるのです。

また、美白効果のある化粧品を日焼け止めと一緒に使ことで、日焼けの予防効果が高まります。

更に、パウダーファンデーションには紫外線を散乱させる効果があります。

このように、さまざまなアイテムを併用することで、より予防効果が上がるのです。

自分に合ってるものを組み合わせ、日焼けの予防効果をより高めていきましょう。

5実は食べ物でも日焼け対策が出来る?

実は意外にも、ビタミンが豊富な野菜や食物繊維が豊富な食べ物を採ることで、日焼け対策へと繋ぐことができます。

食事で予防効果が上がるのでしたら、気軽に毎日続けることができますね。

ただし、それらの食べ物を摂取するだけでOKではなく、バランスの良い食事を心がけることが大事です。

日焼け対策に効果的な成分は以下の通りです。

・ビタミンC

日焼け止め対策 ブロッコリー

ビタミンCを摂取することでシミの原因となるメラニンを還元させることが期待でき、更にそれだけでなく、黒色メラニンの合成を抑える効果もあります。

ビタミンCが含まれる食材は、ブロッコリーやピーマンといった緑黄色野菜が挙げられます。

・L-システィン

L-システィンにはメラニン色素が発生するのを抑える効果があります。

また、肌のターンーオーバーを促進させ、メラニンを排出させます。

L-システィンが含まれる食材は、はちみつや大豆、赤身の肉類に含まれています。

・ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用を持つ脂溶性ビタミンです。

肌を活性酵素から守り、肌の健康状態を維持する効果があります。

ビタミンEが含まれる食材は、アーモンドといったナッツ類や、アボカドやカボチャがあります。

・ビタミンA

こちらの成分もビタミンEと同様に脂溶性ビタミンに該当します。

こちらの効果も、活性酵素から肌を守るというものです。

ビタミンAが含まれる食材は、レバーやチーズ、そしてウナギなどが挙げられます。

まとめ

いかがでしょうか。

ここまで読んで、日焼け止めの効果的な使い方がわかったかと思います。

また、日焼けは普段の食生活からでも日焼け対策をすることができます。

キチンとした日焼け対策をして、お肌の健康を保っていきましょう。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事