暮らし

洗濯物を早く乾かす方法を紹介!時短につながる干し方とは?

洗濯物の干し方

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

洗濯物は、衣類の種類に合わせた干し方や工夫次第で早く乾かすことができます。

ここでは、洗濯物を早く乾かす干し方について紹介していきます。

意外と知られていない方法や、場所に合わせた干し方を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

<洗濯のノウハウ系まとめ記事はこちら>

インク汚れも型崩れも解決!洗濯の悩み解消まとめ【動画あり】

1 外干しのポイント

1 時間帯

洗濯物の干し方

洗濯物を外干しするタイミングは、10時~14時がベストです。

ですが、洗濯物の素材によっては日陰で干すのが適しているものもあります。

例えば、シルク、麻、コットンなどのような天然素材は、紫外線によるダメージで生地が傷んでしまう可能性があるので、陰干しをするようにしましょう。

また、衣類の洗濯表示に「日干し」もしくは「日陰で吊り干し」などと指示マークが描かれている場合があるので、それに従って干すようにしてください。

2シワを伸ばしてから干す

洗濯物にシワができないように、キチンと衣類のシワを伸ばしてから干しましょう。

特に洗濯物の細かいシワがある箇所は、両手で挟みつつ叩いてシワを伸ばしましょう。

そして、シャツの裾やポケット、袖口などの箇所は引っ張りシワを伸ばしていきましょう。

3裏返して干す

ズボンやスカートなどといった洗濯物は、そのまま干したら乾き辛いです。

特にズボンだと、ポケットの部分が乾き辛いので、生地を裏返にしてから干したほうが乾くのが早くなります。

更に、生地が色柄だと日光で色あせる可能性があるので、その対策として裏返して干すのもいいでしょう。

また、生地同士が重ならないように、ズボンの形が筒のような形になる干し方をしましょう。

4 ハンガーの大きさを合わせる

洗濯物を干す際には、ハンガーが衣類のサイズに合うものを選びましょう。

衣類と比べて小さすぎる、逆に大きすぎると型崩れの原因となってしまいます。

ポイントとして、Tシャツやブラウスの場合は、ハンガーの肩の部分が太く厚みがあるハンガーを使用するようにしましょう。

Tシャツ内に空気の通り道ができ、乾きやすくなります。

5平干し

ニットのように伸びて型崩れしやすい衣類は、ハンガーを使って干さず、平干しして乾かすようにしましょう。

もしも平干し台や平干しネットが無い場合は、ピンチハンガーの上に広げて干すという干し方もあります。

6密着させない

洗濯物を早く乾かすポイントとして、洗濯物同士の感覚を開けて隙間を作りましょう。

隙間ができることで、風の通り道ができます。

目安として、長い洗濯物は端に寄せ、洗濯物同士の感覚は10㎝程の隙間を開けるように干しましょう。

2 洗濯物の種類に合わせた干し方

次に、洗濯物の種類に合わせた干し方のポイントを説明します。

Tシャツ

Tシャツを干す際には、形を整えた後に胴体部分を上と下の2つ折りにし、ハンガーや竿などを使って洗濯物を干しましょう。

また、Tシャツの袖はハンガーに引っ掛けて、伸びないように干してください。

可能であれば、平干しの方がTシャツの形を崩すことなく干すことができます。

タオル

洗濯物タオルの干し方

ハンガーを使ってタオルはそのまま干してしまうと、重なる部分が出て乾き辛くなってしまいます。

ですが、早く乾かさないと菌が増殖してしまう可能性もあります。

そこで、タオルは「ジャバラ干し」をするのがおすすめです。

「ジャバラ干し」は、タオルを干す際にピンチハンガーを使用します。

そしてタオル全体を見た時に、ジグザグとしたジャバラ状になるような形で干してください。

こうすることで、タオルに空気が通りやすくなり、乾く時間を早くすることができます。

靴下

つま先の部分に洗濯バサミを使うと、履き口の部分に水分が溜まりやすくなってゴムの部分を劣化させてしまいます。

それを避けるためにも靴下を干す場合は、靴下の履き口部分を洗濯バサミで固定することで、早く乾くようになります。

場所に合わせた干し方

狭いベランダ

例えばアパートにあるような狭いベランダで干す場合は、洗濯物に空気が通りやすいように意識して干すようにしましょう。

また、縦の空間というのを利用して、ピンチハンガーを2つ利用した2段使いをした干し方もあります。

1階に住んでいる場合

もしも一人暮らしをしている女性が1階の部屋で生活する場合は、洗濯物を干す際には、男性の洗濯物も一緒に干したほうが良いでしょう。

ですが、何度も同じものを使用するのではなく、様々な種類を使うことでダミーだとばれにくくなります。

また、男性物のシャツや部屋着を、パジャマ替わりに使うことで、無駄に洗う必要がなくなります。

ハンガーによっては、タオルで下着を隠しながら干せるものもあります。

下着を他人に見られないように干したい方は、このようなハンガーを購入して使用するのもいいですね。

解体の窓口

まとめ

いかがでしたでしょうか?

洗濯物は、干し方次第で早く乾かすことができ、時間短縮につながります。

また、工夫次第でお気に入りの服が型崩れしないようにできるので、ぜひお試しください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事