暮らし

夏場のクーラー対策!オフィスがクーラーで寒いと感じたらできる冷え対策!

クーラー対策 体調不良の女性

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

夏は気温が上がって暑いので、熱中症にならないためにオフィスではクーラーを使用しているところが多いでしょう。

ですが、体が冷えすぎたら体調を崩すことに繋がることもあります。

そしてオフィスによっては、クーラーの温度調節が難しい場合もあります。

そこでこちらでは、体が冷えすぎると起こる悪影響についての解説や、クーラーで室内が冷えていても、ちょっとした工夫でできる対策方法について解説していきます。

夏場の方が冷えやすい?

夏場だと、外に出ると当然ながら暑いですよね。

そのため、誰だって半袖のシャツを着たり薄着になりがちです。

ですがオフィスや電車といったクーラーが良く効いてる場所に長時間いると、場合によっては冬場よりも体が冷え込みやすいです。

また、夏になると冷たい食べ物や飲み物をたくさん摂りやすくなるので、それによって更に冷えやすくなります。

この様に、クーラーが良く効いた場所にいつつ、更に冷たい食べ物や飲み物を摂取することで、過剰に体温を下げてしまう方がたくさんいます。

体が冷えることで起きえる体調不良

クーラー対策 体調不良の女性

体を冷やし過ぎると、さまざまな体調不良を引き起こします。

例えば、内臓が冷えることで臓器の働きが鈍くなります。

その結果、胃もたれや下痢、そして便秘などお腹の不調へと繋がってしまいます。

その他には、仕事をしている方だと、暑い野外や冷えた屋内の出入りを繰り返していると、急激な温度変化で自律神経が乱れやすくなってしまいます。

その結果、自律神経の乱れによって体からだるさを感じたり、夏バテといった症状を引き起こしてしまいます。

女性の場合は特に、子宮卵巣やホルモンバランスも影響があるので、肌荒れやむくみの発生が起こる可能性があるので、注意が必要です。

これらの症状のことは「冷房症」と呼ばれており、年齢に関係なくクーラーに当たっただけで症状を引き起こす方もいます。

また、この冷房症は夏場に限った症状ではありません。

秋や冬までこの症状が長引いている方もいます。

その中でも自律神経やホルモンバランスの乱れは慢性的に続くことが多いので、体を冷やし過ぎないように、注意する必要があるのです。

オフィスでの対策方法

カーディガンを着る

クーラー対策 カーディガン着る女性

夏場はどうしても暑くなるので、服が薄着になってしまうのは仕方ないかもしれません。

ですが、オフィスのようにクーラーで冷えてしまう場所でも、できる対策方法はあります。

例えば、カーディガンやひざ掛けなどを、かばんに入れて持ち歩くようにしましょう。

もしも室内のクーラーが効きすぎな状態だったとしても、カーディガンを取り出し着ることで、ちょっとした寒さ対策となるのです。

カイロを貼る

オフィス内で働いている方は、長時間デスクで座る方が多いので、腹巻や貼れるタイプのカイロを使用して体温調節をしていきましょう。

特にカイロは体の色々な場所に貼る事ができ、例えば胃の調子が悪い方は胃の位置にカイロを貼ったり、むくみが気になる方は肝臓の調子を取り戻すためにカイロを腰の位置に貼ったりなど、目的に合わせて部位を温める事ができます。

そして、特に体への悩みを感じないという方は、おへその近くにカイロを貼るのがオススメです。

頭寒足熱という言葉があり、頭が冷えて足は温まっている状態が体の健康に良いという意味です。

なので、なるべく下半身が温まっている状態の方が良いのです。

また、外では冷たい物を飲むのもいいのですが、なるべくは温かい飲み物も飲むようにしましょう。

特に生姜湯がおすすめで、体を温めるのに最適の飲み物といえます。

そして、運動も体を温めるのに効果的です。

運動をすることで体温や代謝を上昇することが期待できます。

特に下半身には大きな筋肉が多いので、そこを中心に鍛える事で効率よく筋肉のボリュームを増やす事ができます。

特に下半身のトレーニングは、座ったままでも行うことができます。

例えば、曲げた脚をまっすぐに伸ばすだけでもOKで、それ以外でも屈伸や、つま先立ちでも構いません。

このトレーニングは休憩時間中にもできることなので、ぜひ試してみてください。

また、移動の際にはなるべく階段を使用するようにしましょう。

目安として、4~5階までは階段で移動すると心がけると良いでしょう。

ただし注意点として、汗はかいたままの状態にせず、必ず拭き取りましょう。

汗を放置すると、体が冷えやすくなってしまうからです。

下着も乾きやすい物を使用するようにしましょう。

解体の窓口

普段の生活も要注意

クーラー対策 入浴する女性

オフィスだけでなく、普段の生活でも体が冷えすぎないように気を付けなければなりません。

夏はシャワーですませる方が多いと思いますが、お風呂にきちんと入って体の内側を温めるようにしましょう。

食事にはソーメンや夏野菜といった冷たい食べ物だけでなく、体を温める食事を取り入れるのがおすすめです。

特に味噌汁には、塩分やアミノ酸が入っており夏バテや疲労対策にぴったりです。

体を冷え込ませないように、きちんとした体温調節をして夏場を快適に過ごせるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

夏になると気温が上がるので、どうしてもクーラーを使ってしまいます。

ですが、冷たい風に当たりすぎると体調を崩しやすくなってしまいます。

そのためにも、体が冷えすぎないように対策をしていくことが大切です。

クーラー対策をして、夏場を健康的に乗り越えていきましょう。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼バス・トイレ別のお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

バス・トイレ別の物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事