暮らし

お料理時間を短縮!フードプロセッサーは下ごしらえにおすすめ!

フードプロセッサー お肉ミンチ

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

お料理の下ごしらえって結構大変ではないですか?

野菜を切ったり、お肉をこねたり…。

しかし、フードプロセッサーがあればお料理時間も短く楽に行なうことができます。

今回は、お料理の際に便利なフードプロセッサーについてご紹介します。

フードプロセッサーにどんな種類がある?

フードプロセッサーにはいくつか種類があります。

フードプロセッサー お肉ミンチ

据え置き

据え置きタイプのフードプロセッサーは刃が大きいものが多いので、一回で多くの物を下ごしらえすることが可能です。

コードタイプのものがほとんど。

大量に作り置きをする方は、据え置きタイプがおすすめです。

ハンディタイプ

ハンディタイプは片手で持てるのがメリットの一つ。

刃は小さいのですが、細かく好みの形にカットすることができます。

また少しの食材を早く下処理するにはおすすめです。

フードプロセッサーは離乳食作りにもおすすめ

生後半年を過ぎると、スタートする離乳食。

成長を喜びたいのですが、離乳食作りって大変なんですよね・・・。

月齢に合わせて、食材を細かく刻んだりすり潰したりと、お子さんを見ながらのお料理は毎日時間との勝負です。

しかしフードプロセッサーは離乳食作りにもおすすめ。

ここからは、フードプロセッサーを使った離乳食をご紹介します。

10倍粥

離乳食はまず10倍粥からスタートします。

フードプロセッサーで10倍粥を作る方法をご紹介します。

材料はお米大さじ1と水150ml。

作り方はお米を研いで30分浸したあと、お米と分量の水を一緒にフードプロセッサーにかけます。

粉々になったら、鍋に入れとろみがつくまで煮たら完成!

おかゆを作った後にフードプロセッサーにかける方が多いと思いますが、最初に掛ける方が時間短縮につながります。

短時間で出来上がるので忙しい子育て中の方にもおすすめです。

野菜ペースト

フードプロセッサー 野菜ペースト オススメ

葉野菜から根菜もフードプロセッサーがあれば、簡単にペースト状にできます。

どの野菜も初めに丁度いい大きさに切り茹でます。

ほうれん草などはアクがでるので、アクが抜けるまでしっかり茹でましょう。

茹でた後は、フードプロセッサーにかけます。

月齢に合わせて、ペースト状にしたりみじん切りにしたりしましょう。

離乳食初期から使える白身魚。

離乳食で魚を使う場合には、骨には気を付けてください。

刺身用が2~3切れあれば離乳食としては十分です。

大人が食べるように購入して少し離乳食に回せば、食材を無駄にすることもありません。

魚を離乳食として使う場合は最初に茹でます。

どうしても臭みが出てしまうので、臭みを取りましょう。

茹でた後は、お湯を少し加えながらフードプロセッサーにかけます。

お湯の加減は柔らかさを見ながら少しずつ加えてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか。

フードプロセッサーがあれば時間のかかる離乳食作りも時短できます。

きざむやつぶす、まぜるなどフードプロセッサーによって機能は様々です。

ぜひご自身に合ったフードプロセッサーを選んでくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事