暮らし

甘いイチゴの見分け方!種類別の特徴もご紹介!

甘いイチゴの見分け方

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

イチゴといえば、そのままではもちろんのことケーキを始めとしたスイーツでも、主役として存在感を示す食材ですよね。

毎年旬の季節には農園などでイチゴ狩りも開催され、人気の場所は予約が困難になるほど多くの方が訪れます。

そんな人気食材のイチゴですが、スーパーで購入した際に「なんだか酸っぱくてイマイチ…」という当たりハズレがあることも。

そこで今回は、甘いイチゴの見分け方と種類ごとの特徴をご紹介します。

甘いイチゴの見分け方①:イチゴが美味しい季節

スイーツ店では一年中見ることのできるイチゴですが、スーパーなどの店頭に並ぶのは旬である12月~4月頃にかけてです。

本来イチゴの旬は3月~4月の暖かくなってきた時期なのですが、ハウス栽培の技術や品質改良により、寒い季節にも収穫をすることができるようになりました。

しかし、やはり本来の旬である3月~4月のイチゴは甘さが増し、値段も安くなっていることが多いのでおすすめですよ。

甘いイチゴの見分け方②:見分け方

ヘタをチェック

イチゴの鮮度を見る時は、まず始めにヘタをチェックします。

摘みたてのイチゴのヘタは鮮やかで濃い緑色をしており、葉も元気でピンとたっている特徴が。

パック詰めのイチゴの場合は底部分の果実も良く観察し、鮮度の良いものを選びましょう。

実をチェック

甘いイチゴの見分け方

イチゴは成熟すると、ツブツブが沈んで見えるように実が盛り上がっていきます。

さらに完熟となり甘さがピークに達している果実は、根元あたりの皮が少し裂けていることがあるので、よく観察しましょう。

色艶をチェック

太陽の光をサンサンと浴びて甘く育ったイチゴは、表面に光沢がありヘタ付近まで真っ赤に色づいています。

赤色が濃いほど甘く熟していますが、黒ずんでしまったイチゴは古い果実の可能性が。

また白い部分の面積が多いイチゴは酸っぱい、または水っぽい味がする可能性が高いので、選ばないようにしましょう。

形をチェック

一般的にイチゴは逆三角形の形をしている果実が多いのですが、中にはヘタ部分が細くなっている「首なし」と呼ばれる形の物もあります。

この首なしはあまり見かける機会がないイチゴですが、甘みが強い特徴があるので覚えておいてくださいね。

甘いイチゴの見分け方③:美味しい食べ方

洗い方

真っ赤に熟して食べ頃になったイチゴは、ヘタの付いた状態で手早く洗って食べます。

この時食べる直前であることと、ヘタを取らずに洗うことは重要なポイントなので、忘れないようにしてくださいね。

またイチゴを洗う際は水を張ったボウルにレモン汁を加えると、実が締まりより美味しくなりますよ。

レモンを入れるとイチゴ実がしまる 

食べ方

イチゴはヘタ部分が酸っぱく、先端にいくほど甘みが増す特徴があります。

そのため先端部分から食べると、せっかくの甘さが酸っぱさに消されてしまう可能性があるのです。

イチゴを食べる時はヘタ部分から食べ進めていくと、より果実の甘さを味わうことができますよ。

また冷えた状態で食べると甘みを感じづらくなってしまうので、食べる30分ほど前に冷蔵庫から出しておくと、口いっぱいにイチゴの味を楽しめます。

解体の窓口

甘いイチゴの見分け方④:種類ごとの特徴

あまおう

ブランドイチゴの王様とも言えるあまおうは、真っ赤で大きな実が特徴的です。

硬めの実は甘みが強く香りも良いと人気があり、濃厚な味わいを楽しみたい方におすすめです。

とちおとめ

イチゴ生産量日本一の栃木県で生まれた、とちおとめ。

酸味が少なく甘みが強い特徴があり、日持ちする品種としても知られています。

大きめの実は柔らかくジューシーで、食べやすいと人気がありますよ。

女峰

女峰は形やカット面の美しさから、スイーツに使われることの多い品種です。

大きさは中型でしっかりとした酸味と甘みがあるため、ほかの食材と組み合わせても負けることがないイチゴと言えます。

紅ほっぺ

紅ほっぺ大粒

「ほっぺが落ちるほどおいしい」という由来の名前をもつのが、紅ほっぺです。

大粒の実はやや硬めのため食べ応えがあり、甘みや酸味が強いためイチゴ本来の味を楽しむことができます。

とよのか

あまおうが誕生する以前は、長年全国シェアナンバーワンだったとよのか。

果汁が多めでジューシーな特徴があり、甘みと酸味、香りのバランスが良い質の高いイチゴです。

あすかルビー

奈良県で生まれた「あすかルビー」は、その名の通りルビーのように光沢のある美しい赤色が特徴的なイチゴです。

大きめの実はやや硬く、甘みと酸味両方の味わいを楽しめます。

越後姫

とよのかや女峰を親にもつ、越後姫。

香り豊かな果実は柔らかめで、おだやかな酸味と強い甘みがあるイチゴと言えます。

まとめ

いかがでしょうか。

大人から子どもまで幅広い世代の方に人気のイチゴ。

甘みと酸味が口いっぱいに広がる瞬間は、何ともいえない幸せを感じますよね。

しかし見分け方や食べ方、種類ごとの特徴を知るとさらに美味しく味わえるので、ぜひイチゴ選びの際に参考にしてみてくださいね。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事