住まいのノウハウ

キッチンの種類別の特徴!人気はアイランドキッチン?

種類 アイランドキッチン 

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

キッチンといえば、毎日の家事をする中で最も多くの時間を過ごすスペースの一つではないでしょうか。

そのため使いやすさや片付けのしやすさ、デザイン性などこだわりを反映させたいとお考えの方も多いはず。

そこで今回は、人気のキッチンの種類をご紹介します。

キッチンの種類①:アイランドキッチン

アイランドキッチンの特徴

種類 アイランドキッチン

アイランドキッチンといえば、キッチンの中でも「おしゃれで憧れる!」と人気の種類です。

四方が壁に接していない独立した「島」のような造りなので、おしゃれなカフェを思わせる雰囲気をだすことができます。

またどの方向からもキッチンスペースに入ることができるので、ホームパーティーなど大勢で囲むことも可能です。

メリット

アイランドキッチンのメリットといえば、やはりデザイン性が高くおしゃれな空間にできることではないでしょうか。

高級感に溢れた仕上がりにすることやカフェ風の造りにすることも可能で、毎日の家事も楽しくなりますよ。

また壁に接している部分がないので空間を広く使うことができ、子どもとのお料理や友人を招いてのパーティーなどでも便利に使えます。

デメリット

デメリットとしては、キッチン全体がオープンな空間になるので、整理整頓をしなければ生活感が出やすくなってしまうことがあげられます。

しかし独立した島のようなキッチンなので、収納スペースが限られ物がごちゃつきやすいと言えるでしょう。

キッチンの種類②:ペニンシュラキッチン

種類 ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンの特徴

アイランドキッチンと並び人気なのが、ペニンシュラキッチンです。

アイランドキッチンはその名の通り「島」のような造りですが、ペニンシュラキッチンは「半島」のような構造になっている特徴があります。

左右どちらかが壁面と設置している対面式のスタイルで、レイアウトのバリエーションも多いと言えるでしょう。

メリット

ペニンシュラキッチンのメリットは、間取りの制約が少ないながら開放感のあるキッチンスペースを造れることでしょう。

キッチンの左右一部が壁と接しているため通路の確保は片側のみになり、限られたスペースでも実現しやすいキッチンと言えます。

また対面式なので開放感もあり、家族の様子を確認しながら料理をすることができますよ。

デメリット

ペニンシュラキッチンのデメリットは、料理の煙や臭いがお部屋に広がりやすくなってしまうことです。

これはアイランドキッチンにも言えることですが、開放感があるとどうしても換気面での問題がでてきてしまいます。

キッチンの種類③:壁付けキッチン

壁付けキッチンの特徴

数あるキッチンの種類の中で、最もベーシックなスタイルと言える壁付けキッチン。

古くからあるキッチンスタイルなので根強い人気があり、マンションや戸建てはもちろんのこと、賃貸住宅でも採用されていますよね。

その特徴は名前の通り壁に沿って設置されているキッチンで、対面式とは違い壁に向かって調理をすることになります。

メリット

壁付けキッチンのメリットは、リビング・ダイニングの空間を最大限に広く使うことができる点です。

キッチンとダイニングの空間に仕切りがないので、調理をするスペースとお食事を食べる場所を兼用できます。

またキッチンのすぐ後ろにダイニングテーブルを置くことが可能なので、料理も運びやすく片付けもスムーズに動けますよ。

デメリット

一方でデメリットとしては、食器棚や家電製品を設置しづらいことがあげられます。

壁側はキッチンスペースになっているので、使い勝手を意識した設置場所に置けない可能性があるのです。

また家族に背を向けて調理をしなければならないので、小さな子どもがいるご家庭の場合は、少々不便を感じてしまうでしょう。

解体の窓口

キッチンの種類④:独立型キッチン

種類 独立キッチン

独立型キッチンの特徴

キッチンスペースが完全に独立したお部屋になっているのが、独立型キッチンの特徴です。

リビング・ダイニングとは完全に分かれた別の空間にあり、少々古風な印象のあるキッチンと言えます。

オープンキッチンが主流になりつつありますが、中古住宅などでは採用されていることもあり、中にはあえて独立型を選ぶという方もいるのです。

メリット

独立型キッチンのメリットは、やはり生活感がでやすいキッチンを隠せるということでしょう。

キッチンスペースが完全に独立したお部屋になっているので、急な来客時にも見られたくない水回りを隠すことができます。

また煙や臭いが他のお部屋に流れにくい事や、子どもの出入りを管理できることもメリットとしてあげられるでしょう。

デメリット

一方でデメリットは、空間が完全に分けられているので、家族とのコミュニケーションがとれなくなることと言えます。

特に子どもが小さいうちはリビングでの様子が気になるものですが、独立型キッチンの場合はその都度お部屋を見に行く必要があるのです。

また窓の有無や造りによってはキッチンスペースが暗くなり、閉鎖感も感じやすくなってしまいます。

まとめ

いかがでしょうか。

毎日使うキッチンにはさまざまな理想やこだわりを反映させたいですが、どの種類のタイプにもメリット・デメリットがあるのです。

自身の生活スタイルやお家の間取りなどを考え、使いやすいキッチンを選んでくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事