暮らし

輪違い大根とは?和食の技術をご紹介!

大根の輪っかの作り方

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

和食といえば、ユネスコの無形文化遺産に登録されている料理です。

旬と季節感を大切にしたメニューや見た目の美しさから、世界中の方に感動を与えています。

そんな和食では、見た目や味をさらに上げる様々な技術があるんです。

今回は和食の技術の中でも、輪違い大根の作り方をご紹介します。

輪違い大根の作り方①:大根に丁寧に切り込みを入れていく

大根の切り方

大根に丁寧に切り込みを入れていきます。

この時点で、すでに美しいですね。

輪違い大根の作り方②:小刀で慎重に

大根の切り離し

切り込みを入れた大根に、小刀で慎重に空洞を掘っていきます。

一気に作業を進めてしまうと割れる事が多いので、少しずつ掘りましょう。

また、力を入れすぎないように注意して下さいね。

輪違い大根の作り方③:面取りと微調整で完成

大根の輪っかの出来上がり

空洞を掘って鎖状にしたら、包丁で面取りをしましょう。

せっかく作った輪の部分が割れないように、慎重で丁寧に作業する事がポイントですよ。

その後小刀で形などを使って微調整したら、完成です。

解体の窓口

まとめ

いかがでしょうか。

手間はかかりますが、職人の技が光る和食。

いつもと違う見た目で美味しさもあがるので、ぜひ挑戦してみて下さいね。

さらに詳しい輪違い大根の作り方は、こちらの動画をご覧下さい。

https://youtu.be/Gyxp1SBYLuA
いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事