住まいのノウハウ

ウォークインクローゼットの使い方!その魅力もご紹介!

ウォークインクローゼットの使い方

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

集合住宅や一戸建て住宅の設備で目にする事がある、ウォークインクローゼット。

大容量の収納スペースが確保できる事から、年齢や性別を問わず人気の条件と言えます。

しかし実際にウォークインクローゼットとはどのようなタイプの事を言うのでしょうか。

今回は、ウォークインクローゼットについて魅力や使い方のポイントなどをご紹介します。

ウォークインクローゼットの魅力①:クローゼットの種類

クローゼット

クローゼットとは洋室に設置されている、衣類などを収納するスペースの事を言います。

衣類を収納する事を想定して造られているため、ハンガーパイプが設置されている事が多く、一般的に奥行は50~60㎝程という特徴が。

そのため寝具類や家財道具といった大型の物は収納出来ない事が多く、あくまでも“衣類用“としてのスペースと考える必要があるでしょう。

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットの使い方

ウォークインクローゼットとは、衣類を収納するクローゼットが歩いて立ち入れるほど広い収納スペースの事を言います。

大容量の衣類のほか寝具や家財道具といった大きな物を収納する使い方ができ、お家をスッキリと片付ける事が可能です。

広さは一般的に3畳前後である事が多く、中にはハンガーパイプや棚が設置されている事が多いと言えます。

ウォークスルークローゼット

ウォークスルークローゼットとは、ウォークインクローゼットのように人が立ち入れる広さの収納スペースの2方向に、扉が設置されているクローゼットの事です。

生活動線を活用した収納スペースであると言え、スムーズに衣類や荷物の出し入れをする事ができます。

一般的にお部屋とお部屋の間に造られる事が多く、視覚的にも動作的にも広がりが生まれますよ。

ウォークインクローゼットの魅力②:メリット

お部屋をスッキリとさせる事ができる

ウォークインクローゼットのメリットといえば、やはり大容量の収納力ですよね。

大量の衣類や季節物の家具・家電も収納する事ができ、生活スペースを広く確保する事ができますよ。

また収納場所に困るレジャー用品や、一時しか使用しないベビー用品を収納する使い方も可能なので、荷物が多いご家庭もお部屋をスッキリとまとめられます。

更衣室としての使い方も

ウォークインクローゼットの魅力

人が歩いて入れるスペースがあるウォークインクローゼットは、更衣室としても利用する事が可能です。

衣類を収納しているスペースで着替えができるので、コーディネートも組みやすく身支度がスムーズにできますよ。

また家族と同居している場合や急な来客時なども、独立したお部屋になっているウォークインクローゼットの中なら、安心して着替えを済ませられるでしょう。

ウォークインクローゼットの魅力③:デメリット

クローゼット内がごちゃつきやすい

通常の収納スペースよりも広く設置されているウォークインクローゼットでは、どうしてもクローゼット内がごちゃつきやすくなってしまいます。

衣類から家具まで様々な物が収納できる分、きちんと片付けもしなければ探す手間がかかるほかスペースも無駄にしてしまう可能性が。

また荷物が散乱してしまうとお掃除もしづらくなるので、クローゼットの中にホコリが溜まってしまう原因にもなってしまいます。

居住スペースが狭くなる可能性がある

ウォークインクローゼットでは大容量の収納スペースを確保している分、住居スペースが狭くなってしまう可能性があります。

広くてオシャレなウォークインクローゼットは憧れでもありますが、生活するお部屋を圧迫してしまわないよう注意しましょう。

解体の窓口

ウォークインクローゼットの魅力④:効率的な使い方

服の長さを揃えて掛ける

沢山の物を収納できるウォークインクローゼットも、ただやみくもに物を詰め込むだけではスペースを有効活用できません。

ハンガーラックには服の長さごとに分けて衣類を掛け、下部分にはその長さに合わせた高さのカラーボックスを設置する事をおすすめします。

そうする事であまり着ない服やお気に入りの服、季節物の服を分かりやすく別ける事ができ、取り出す時もスムーズですよ。

デッドスペースも有効活用

ウォークインクローゼットは一般的にL字型やコの字型になる事が多く、どうしても角の部分にデッドスペースができてしまいます。

その部分は使わなければ無駄になってしまうので、使用頻度が特に低い物を置く場所にしましょう。

スーツケースや季節物の家具・家電など、頻繁に取り出す必要がないと、使いにくいスペースもストレスなく活用する事ができますよ。

ウォークインクローゼットに収納できる

お気に入りのコーディネートを組んでおく

衣類を大量に収納できるウォークインクローゼットならではの活用方法として、お気に入りのコーディネートを組んでそのままハンガーに掛けておく事がおすすめです。

ある程度広さのあるウォークインクローゼットは更衣室にする事もできるので、コーディネートを組んでいるとすぐに身支度をする事が可能に。

朝の忙しい時間帯やお出かけの際もスムーズに作業ができ、時間に余裕をもって準備する事ができますよ。

まとめ

いかがでしょうか。

生活スペースをスッキリとさせる事ができるウォークインクローゼットは、お家にあると生活が便利になる設備の一つです。

ウォークインクローゼットがあるお家をご検討の際は、メリットやデメリットを理解して有効的に活用して下さいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事