暮らし

沖縄の珍スポットをご紹介!行きたくなる穴場スポット5選

ダチョウらんど沖縄で飼育されているダチョウ

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
タグ:

観光スポットとしても大人気の沖縄県。

首里城や美ら海水族館など、誰もが知る観光スポットはもう行きつくしてしまったというそこのあなた!

ここでは、沖縄県の珍スポットについてご紹介したいと思います。

プラザハウスショッピングセンターがある沖縄市

沖縄の珍スポット!日本最古のショッピングセンター

まず沖縄の珍スポット一つ目は、沖縄県沖縄市にある日本最古のショッピングセンターです。

ここは、1954年アメリカ統治時代に米軍さんの為に造られたと言われています。

プラザハウスショッピングセンターは、アメリカンな雰囲気漂うショッピングセンターで輸入雑貨や輸入食品も多く販売されているので、異国情緒を感じる場所にはもってこいです。

住所は沖縄県沖縄市久保田3丁目1-12です。

沖縄の珍スポット!昭和レトロ館

次にご紹介する沖縄の珍スポットは、昭和レトロ館です。

ここは、与那原町出身のオーナーさんが集めた骨董品が多く展示されています。

駄菓子屋さんを再現したコーナーや柱時計を集めたコーナーもあるので、昭和を知る年代の方にとっては懐かしさを感じることができ、知らない人にとっても昭和時代を体感することができてどこか落ち着ける、そんなレトロなスポットです。

最近は、なかなか見ることが少なくなった蓄音機もかけてくれるようなので、耳からも昭和を感じることができますよ。

昭和レトロ館の一部では販売コーナーも設けられているので、昭和グッズをゲットするチャンスです。

昭和レトロ館の営業時間は、午前9時〜午後7時(最終入場は6時30分)までとなっています。

入場料はコーヒーか紅茶が付いて、大人500円で小人300円(小・中学生)となっており、年間フリーチケットは大人が2,500円、小人が1,500円です。

来館の際は毎週火曜日が休館日となっているのでご注意ください。

住所は、沖縄県島尻郡与那原町字与那原3115-5です。

沖縄の珍スポット!興作のおもちゃ箱

おもちゃの基になるガラクタ

沖縄県南城市佐敷にある興作のおもちゃ箱。

ここも沖縄の珍スポットとして人気を集めているスポットです。

ペットボトルの風車と巨大なアンガマというお面が目印で、一歩工房へ足を踏み入れると、不思議な空間が広がっています。

摩訶不思議なおもちゃが多くあるのですが、そのほとんどが身近にあるごみや廃品、ガラクタなどから作られており、子供だけでなく大人も楽しむことができるスポットです。

シャボン玉製造機や人が乗ると延々と回る木馬など、「これどうなっているの!?」

と思うおもちゃばかりです。

一つひとつの不思議なおもちゃは、館主である目島興作さんが紹介をしてくれるので、楽しみながらその謎を解明することができますよ。

住所は沖縄県南城市佐敷字兼久95です。

定休日は不定休となっているので、足を運ぶ際は営業をしているのか事前に確認をすることをおすすめします。

沖縄の珍スポット!ミニミニ動物園

次にご紹介する沖縄の珍スポットは、地元民の穴場スポットにもなっている、うるま市のミニミニ動物園です。

ここは地元の人には結構有名で、無料の動物園となっています。

なぜ無料なのかというと、元々ズケラン養鶏場という場所だったのですが、代表の瑞慶覧さんの趣味で様々な動物を飼い始めたようです。

趣味の延長でここまで動物が増えていったのが驚きですよね。

動物園内にはフクロウやサル、リクガメにアルマジロなど多くの動物が飼育されています。

ほとんどが小動物なのですが、ダチョウもいるので迫力満点です。

動物によっては、直接触れ合うことができるのでお子さん連れにもおすすめのエリアとなっています。

また動物園に併設されているたまご屋では、新鮮なたまごはもちろんですが、たまごを使ったスイーツも多く販売されており、特にシュークリームはとても大きくて大人気商品です。

イートインスペースもあるので、動物園で動物たちと触れ合ったあとは、ゆっくりスイーツを楽しむこともできますよ。

お土産も多く販売されているので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

住所は沖縄県うるま市赤道660です。

沖縄の珍スポット!ダチョウらんど沖縄

ダチョウらんど沖縄で飼育されているダチョウ

日本で初めてダチョウの飼育に成功したというのが、今帰仁村(なきじんそん)にあるダチョウらんど沖縄です。

ここも沖縄の珍スポットとしておすすめの場所です。

ダチョウらんど沖縄では、ダチョウの餌やり体験やダチョウに乗って記念撮影も行うことができます。

またお食事を楽しむことができるのですが、なんとダチョウのたまごやダチョウのお肉を頂くことができるのです!

なかなか食べられるものではないので、ぜひ足を運んで一度ダチョウ料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ダチョウの目玉焼きは7,000円とお高めですが、迫力満点なのでSNS映えすること間違いなし!

食べられない分はお持ち帰りも可能なのでご安心ください。

住所は沖縄県国頭郡今帰仁村平敷309番地です。

まとめ

いかがでしょうか。

人気の観光スポットが多い沖縄県。

有名どころももちろん素敵ですが、珍スポットもなかなかいいものですよ。

ぜひ沖縄県へ訪れた際には、今回ご紹介したおすすめの沖縄の珍スポットへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

campaign201909

Related article関連記事

New article 新着記事