暮らし

ジョイントマットのお掃除方法~ジョイントマットはいつでも清潔に~

フローリングの上に敷き詰めたジョイントマット

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

ジョイントマットって小さいお子さんがいるご家庭にとっては、非常に必要なアイテムですよね。

しかし、使ってみたことがある方にとってはお分かりかと思いますが、意外と掃除が大変!!

つなぎ目の部分に、汚れが溜まってしまうことが多いので、定期的に掃除をしなければなりません。

そこで今回は、ジョイントマットの必要性とお掃除の方法についてご紹介したいと思います。

ジョイントマットのお掃除方法~ジョイントマットにはどんな種類がある?~

フローリングの上に敷き詰めたジョイントマット

ジョイントマットも種類が増えました。

数字や英字、キャラクターのジョイントマットもあり、最近はシックなデザインのジョイントマットも販売されているので、部屋のデザインに合わせて選ぶことができるようになりました。

サイズだけでなく、カラーも増えたので自分好みのジョイントマットでお部屋を可愛くできます。

ジョイントマットのお掃除方法~ジョイントマットのメリットとは~

ジョイントマットのメリットは防音効果があるということ。

クッション性があるので、足音などを軽減することができます。

その他にも、フローリングだとお子さんが転んだ時などケガのリスクが高まりますが、ジョイントマットであれば、クッション性が高いので安全です。

床の保護や日焼け防止にもなるので、現状維持のためにもジョイントマットを利用するのはメリットといえます。

またカーペットなどは、飲み物や食べ物をこぼした場合、取り外してお洗濯をしなければなりません。

しかし、ジョイントマットはこぼした部分だけを取り外すことが可能なので、小さいお子さんがいるご家庭にとっては掃除がしやすいかと思います。

ジョイントマットのお掃除方法~ジョイントマットのデメリットとは~

ジョイントマットをかじる赤ちゃん

一方で、ジョイントマットにもいくつかデメリットがあります。

例えばつなぎ目の部分にごみが入るのは、使っている方にとってはあるあるかと思います。

また、赤ちゃんが外してお口に入れることもしばしば。

サイズ感がお気に入りなのでしょうか。

何が良いのかは赤ちゃんにしか分からないのですが、床に敷いているものなので、口に入れてしまうのは、衛生的にもちょっと気になりますよね。

飲み物をこぼしてしまった場合、しっかり拭かないとカビが発生する原因にもなります。

また、結構変形しやすいのもデメリットといえます。

ソファの下に敷いてしまうと、ぺちゃんこになってぴったりフィットしなくなるので、重さがあるものは乗せないように注意をしましょう。

解体の窓口

いつでも清潔に!ジョイントマットのお掃除方法

ここからは、ジョイントマットの掃除方法をご紹介したいと思います。

ジョイントマットは定期的に掃除をすることが大切です。

掃除も普段の掃除と、定期的の掃除が必要になります。

普段の掃除

普段の掃除は、できれば毎日行った方がいいでしょう。

掃除道具は、掃除機とお掃除シートでOK!

フローリングを掃除する時と同じように、掃除機をかけた後にお掃除シートで拭くだけです。

少し汚れが目立つ場合には、重曹を水で薄めた重曹スプレーを吹きかけて拭くと簡単に汚れを落とすことができます。

定期的な掃除

定期的な掃除は、ジョイントマットをはがして丸洗いすることをおすすめします。

ジョイントマットは、丸洗いができることがメリットのひとつといえます。

掃除機や拭き掃除では落ちない汚れも、丸洗いをすれば落とすことができるので、定期的に丸洗いをするといいでしょう。

丸洗いをする際は、お風呂場などで行いましょう。

洗面台の場合、枚数が多いとジョイントマットでいっぱいになってしまうので、一気に洗えるお風呂場がおすすめです。

水洗いでもいいのですが、より綺麗にしたいという方は浴槽にぬるま湯をためて、重曹水を作ります。

ジョイントマットを重曹水に付けて、スポンジで洗うと綺麗になりますよ。

洗い終わったら、しっかりベランダなどで乾かしましょう。

水分が残っていると、そこからカビが発生してしまうのでご注意ください。

掃除場所はジョイントマットだけではない

ジョイントマットを外して掃除するフローリング

ジョイントマット下のフローリングも忘れずに掃除をしましょう。

全部外してみるとわかるのですが、砂やほこりが結構溜まっています。

掃除機をかけて大まかなごみを吸い取った後は、お掃除シートで拭きましょう。

ジョイントマットのつなぎ目から入るごみの防止法とは

ジョイントマットのごみはつなぎ目の隙間から入ります。

隙間に入るごみを防ぐためには、養生テープがおすすめ。

養生テープは、ガムテープよりも粘着力の弱いテープです。

剥がしやすいので、掃除をする場合にも簡単に剥がせて後が残ることもありません。

隙間に入るごみにうんざりしているという方は、養生テープを使ってみてはいかがでしょうか。

ジョイントマットのズレを防ぐ効果もあるので、養生テープを利用してみるのはおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか。

今回はジョイントマットのメリットとデメリット、お掃除の方法についてご紹介しました。

安全面でもおすすめのジョイントマット。

いつでも清潔を保つために、正しいお掃除を行いましょう。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼ファミリー向けのお部屋を探そう!

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

お部屋を探す

ファミリー向けの物件検索画面へ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事