暮らし

花粉症のシーズン到来!シーズン前にできる対策とは?

飛散するスギ花粉

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

これからの始まる花粉症のシーズン。

2019年は、花粉飛散予測のピークが例年に比べて早まると言われており、花粉の飛ぶ期間も長くなるそうです。

東京では前シーズン、ヒノキ花粉が過去10年で最も多く飛来しました。

そのため、前と比べると今シーズンの花粉飛散量は少ない傾向にあります。

しかし、例年比と比べるとやや多い傾向があるので、注意は必要です。

都心の花粉のピークは3月上旬~4月上旬、九州地方では、2月の下旬からピークを迎えます。

花粉症シーズンはもうそこまで来ています。

今まで花粉症ではなかった方も、花粉症になる可能性があるので、しっかりとした対策が必要です。

そこで今回は、花粉症シーズンの前に行える対策をご紹介したいと思います。

花粉症に悩まされる女性

花粉症のシーズン前に行える対策とは?

4人に1人が花粉症と言われるほど、花粉症に悩まされている人は多いです。

早い人は3~4歳ごろから発症するようで、気が付かないうちにお子さんが発症している場合もあります。

花粉症シーズンには、お子さんが花粉症になっていないかどうか注意をしてあげましょう。

初期治療

普通、花粉症になると症状が酷くなってから医療機関にかかる方も多いと思います。

しかし花粉症にシーズン前に薬を処方してもらうことで、症状を軽減することが可能です。

初期治療というのですが、この治療を行うことでシーズン時の酷い花粉症に悩まされることはないでしょう。

花粉症用のマスク

花粉症対策用の眼鏡とマスク

花粉症用のマスクも販売されています。

専用のマスクを着用することで、吸い込んでしまう花粉の量を3分の1~6分の1減らすことができます。

また、マスクをする際にはドラッグストアでも購入できるワセリンを鼻や目の周りに塗るといいようです。

ワセリンに花粉がくっつくので、鼻や目に入るのを防いでくれます。

こういった対策も大切です。

花粉症のシーズンに注目されている舌下免疫療法

花粉症の治療薬を処方する医師

今注目を集めているのが、舌下免疫療法。

これは、花粉症のシーズンオフに行われる療法で体の中にアレルギーの原因物質を取り込むことで、症状を軽減する治療法です。

アレルゲン免疫療法ともいい、体内に少しずつアレルゲンを取り入れることでアレルギーの反応を弱める効果があり、注目を集めています。

治療を受けられないケースもあるので、まずは医療機関で相談をしてみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

これから始まる花粉症のシーズンに行える対策をご紹介しました。

辛い花粉症もシーズン前に対策を行うことで、少しは症状を緩和することができます。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事