住まいのノウハウ

ユニットバスの使い方は?メリットやデメリットもご紹介!

ユニットバスの使い方

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

賃貸物件やビジネスホテルなどで見かけるユニットバス。

「使いにくくて嫌!」というイメージを持たれがちですが、実はユニットバスの特徴をきちんと知っている方は少ないんです。

そこで今回、ユニットバスの特徴や使い方、メリットやデメリットをご紹介します。

ユニットバスとは?

ユニットバスとは

ユニットバスといえば、お風呂とトイレが同じ空間にあるバスルームを想像する方が多いのではないでしょうか。

しかし正しくは周りの壁や床、天井が一体になった浴室の事をいい、お風呂とトイレが一緒かそうでないかは、実は関係ないんです。

あらかじめパーツごとに工場で製造されており、現場では組み立てるだけの作業という特徴がユニットバスにはあります。

またユニットバスには2点ユニットバスと3点ユニットバスがあり、それぞれに以下の違いがあげられます。

<2点ユニットバス>

2点ユニットバスとは、「周りの壁・天井・床が一体になっているお風呂場」に加え、洗面台が付いている空間の事をいいます。

お風呂場とトイレは別々になっており、バストイレ別が必須条件の方にも安心です。

<3点ユニットバス>

3点ユニットバスとは、「周りの壁・天井・床が一体になっているお風呂場」に加え、洗面台とトイレが付いている空間の事を言います。

賃貸物件においては家賃を抑えた物件に多く、一人暮らし用のスペースを節約したお部屋に多いと言えるでしょう。

ユニットバスのメリット

ユニットバスのメリット

ユニットバスのメリットは、周りの壁と天井、床のつなぎ目が一体化しているので、一般的に水漏れの心配が少ないと言われています。

また一つの部屋の中に浴室が組み立てられているので2重構造となり、断熱性に優れているんです。

お風呂場の熱が外へ逃げにくく、冬でも比較的暖かさを保つことができるでしょう。

そのほかにも、2点ユニットバスの場合でも3点ユニットバスの場合でも、洗面台やトイレが同じ空間にあるので、シャワーで簡単に掃除ができるというメリットもあります。

ユニットバスのデメリット

ユニットバスのデメリット

デメリットとしては、ユニットバスは基本的に窓がないので通気性が悪く、カビが発生しやすい事があげられます。

特にお風呂に入った後は湿気がこもりやすく、こまめな換気と水気を拭き取る事が必要に。

また3点式ユニットバスの場合はお風呂とトイレを同時に使う事ができず、来客時や同居人がいる場合などは不便を感じる事があるでしょう。

他にも3点式ではお風呂場にこもった湿気により、トイレットペーパーが湿ってしまうという事も考えられます。

解体の窓口

ユニットバスの上手な使い方

ユニットバスの上手な使い方

<シャワーカーテンでバスルームをお洒落に>

2点式や3点式のユニットバスでは、トイレや洗面所を濡らさないためにシャワーカーテンを取りつける事が多いと思います。

シャワーカーテンを湯船の内側に入れてから使用すると、シャワー中に飛び跳ねる水が浴槽の外に出ないので衛生的ですよ。

ナイロン製やビニール製の防水カーテンが多く、デザインも豊富にあるのでバスルームを自分好みの空間にする事ができます。

また防カビ機能がついているシャワーカーテンや簡単に洗えるものなど、お手入れしやすいカーテンもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

<収納は天井や壁を利用して>

ユニットバスではシャンプーやリンス、ボディーソープの収納スペースが少なく、浴槽に直接置くとヌルヌルがたまる原因に。

そんな時は、壁に取り付けられるラックやカゴなどを利用して、吊るす収納にしてみてはいかがでしょうか。

カゴにはバスタイムに使うスポンジや美容グッズ、その他バス用品などを入れると、バスルームがすっきりまとまりますよ。

また吊るす場所がない場合などは、キッチン用品などで見かけるキャスター付きのワゴンを利用してもいいですね。

<入浴時は効率よく>

3点ユニットバスなどで湯船とシャワースペースが一体になっている場合は、いかに効率よく入浴できるかがポイントになります。

シャンプーを済ませてトリートメントをつけている間にお湯を溜め、温まったら体を洗いお湯を抜きながら体の泡と頭のトリートメントを洗い流すなど、一つの場所でもスムーズに動ける事が重要です。

始めのうちは不便を感じる事もあると思いますが、慣れると快適に入浴する事ができますよ。

<専用サンダルで足元も気にしない>

ユニットバスで気になる事といえば、洗面台やトイレの床が濡れている事ではないでしょうか。

洗顔時やトイレに入るさい、またはお風呂から出る時など、足元が濡れていると気持ち悪いですよね。

そんな時のために、トイレや洗面所には、専用のサンダルを準備しておく事をおすすめします。

サンダルがあると床や足が濡れていても気にする必要がなく、掃除の時も便利ですよ。

サンダルは濡れても乾きやすく、衛生的に使える物を選んでくださいね。

まとめ

いかがでしょうか。

トイレとお風呂場が一緒になっているイメージのユニットバスですが、バストイレが一緒か否かという問題ではない事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

賃貸探しの際に「バストイレ別は必須条件!」という方にも安心のバスルームもあるので、ユニットバスを選択肢に入れるとお部屋探しの幅が広がりますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事