暮らし

お正月のお年玉ってこんな意味があったの?お年玉の由来・マナーを知ろう!

お年玉と亥年の写真

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

新年の年神様を迎えるお正月は、おせち料理を食べたり初詣に出掛けたりと、様々な行事を行いますよね。

その中でも子ども達にとっての一大イベントが、そう、お年玉です!

子どもの頃は、「○○おじちゃんは多くくれる!」「おばあちゃんの家には必ず行かないと!」なんて思ったものですよね。

しかし、なぜお正月にお年玉をもらうのか考えたことありますか?

お年玉の由来も知らないという人の方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お年玉の由来やその意味についてご紹介したいと思います。

お年玉と亥年の写真

なぜお年玉という名がついた?

現在のお年玉はお金をもらうのが一般的ですよね。

しかしお年玉は、元々お餅をもらっていたということはご存知でしたか?

餅と言っても普通の餅ではなく、魂という名の餅を年神様からもらうことで、1年分の力や気を分けてくださると考えられていたそうです。

現在でも数え年という言葉がありますが、その言葉もここから来ています。

毎年元旦に、年神様から魂を分けてもらえればまた1年を取るということで、みんなが一斉に年を取るとされ数え年という言葉が生まれたのです。

お正月飾りの鏡餅

お年玉と鏡餅の写真

年神様はその鏡餅に宿ると言われており、年神様が宿った鏡餅を家主が家族に分け与えるのがお年玉の始まりだと言われています。

ちなみに、諸説ありますがお年玉の語源は年神様からのその年の贈り物から「年」と「贈」を取り、お年玉と呼ばれるようになったようです。

お年玉がお餅からお金になったのはなぜ?

元々お餅であったお年玉ですが、なぜそれがお金になったのでしょうか。

江戸時代からお年玉が庶民にも浸透してきて、その際お餅以外にも渡すことがあったそうです。

江戸時代から明治、大正、昭和とお年玉の風習は続いていたようですが、昭和30年ごろからお餅や品物から現金をあげる人が増えてきました。

これは高度経済成長期の影響があるとされています。

この頃からお年玉を贈るのも、子どもだけになっていったようです。

おじいちゃんやおばあちゃんの中には、お年玉としてお金ではなくお餅を貰っていたという人もいるかもしれませんね。

お年玉をあげるのにもマナーがある

お年玉をあげていい人・ダメな人

お年玉をあげる女のひと

お年玉は目上の人が目下の人にあげるもので、目上の人にあげることはNGです。

そのため、上司や目上の人の子どもにもお年玉をあげるのはあまり良くないとされています。

上司や目上の人へ新年のあいさつに伺う際には、子ども達にはお年玉ではなく図書券や商品券などをあげると良いでしょう。

お年玉のお札

年の初めに渡すお年玉。

お年玉に使用する際には、新しいお札を利用するという方も多いのですよね。

お正月を含めご祝儀のお祝いには、使い古しのお札ではなく新しいお札を包むのが良いでしょう。

しかし、年末年始は何かと忙しく、年末年始は銀行の窓口は休業しているので、新しいお札の準備はできるだけ早めにしておきましょう。

お札の折り方にもマナーがある

お年玉をあげる際、お年玉袋に入れて渡しますよね。

そのお札の包み方、間違っていませんか?

お札を折る場合には、左側を先に、肖像が内側になるように三つ折りしましょう。

これはお年玉袋からお札を出した際に、先に肖像が見えるようにするためです。

また袋に入れる際には、表が上になるように入れましょう。

硬貨の場合は?

ポチ袋とお札と硬貨

硬貨の場合にも、表向きになるように入れるのがマナーです。

でも硬貨ってどこが表なのかよく分からないという人もいますよね。

硬貨の表は絵柄・漢数字のある方です。

お年玉袋に入れる場合には、絵柄・漢数字のある面が表になるように入れましょう。

金額は奇数が良い

お年玉っていくらあげるのがいいのかもわかりませんよね。

マナーとしては奇数が良いとされています。

偶数は影の数字とも言われており、お祝いごとには良くないと言われています。

お年玉袋をポチ袋という理由

お年玉袋のことをポチ袋という人もいますよね。

これは関西の方言から来ていて、芸妓さんにご祝儀をあげる際に「これっぽっちだけど」という言葉からポチという名前が付いたそうです。

まとめ

いかがでしょうか。

今回はお年玉にスポットを当てて、その由来やあげる際のマナーについてご紹介しました。

お年玉をあげる意味や由来などを知ることで、気持ちを込めてお年玉をあげることができるかもしれません。

お年玉は年の初めの贈り物です。

その年を豊かなものに出来るように願いを込めながら、今年はお年玉をあげてみてはいかがでしょうか。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事