暮らし

年末前に確認しよう!集合住宅のポストの防犯対策について

ポストと手紙

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

ポスト

自分宛ての郵便物が届いてない…。

そんな経験はありませんか?

もしかしたら、盗まれているかもしれません。

こんなことあり得ないと思っていても、実際に問題になっていることも多いんです。

特に集合住宅では、郵便ポストが他の人と並んでいるのでその危険はより高まります。

年末や年始にかけて、お歳暮や年賀状など郵便物が増えてきますよね。

自宅を空けることが多いこの時期に、自分の大切な郵便物を守るための対策をご紹介したいと思います。

郵便物が届かない!そんな時にまず何をしたらいい?

1.郵便局へ連絡

郵便局

自分宛ての郵便物が届いていない!

それに気づいたらまずは、郵便局に連絡をしてみましょう。

すぐに盗難されたと決めつけてはいけません。

中には誤配や配達遅れの場合もあるので、まずは郵便局に確認してみて下さい。

2.組合に連絡

郵便局が配送済みで、郵便物が盗難にあったと分かった場合、それは自分だけではないかもしれません。

マンションの場合、同じような被害があった場合には組合が動いてくれることもあるので、一度相談をするといいでしょう。

組合に連絡をすれば、掲示板などに防犯アピールの張り紙などをしてくれ、防犯対策にもなります。

管理人がいる場合などには、巡回を強化してくれる場合もあるので自分の中だけで解決をするのではなく、しっかり相談しましょう。

これ以上の被害を防ぐことができるのは、集合住宅のみんなが防犯意識を高めることが大切です。

3.警察に連絡

郵便物の盗難が分かったら、速やかに警察へ連絡をしましょう。

しかし、決定的な証拠がない限りは動いてくれない場合が多いです。

防犯カメラで決定的な証拠が残っている場合には、警察も動いてくれることもありますが、この案件の為に何日間も張り込むことはできません。

ただし巡回を強化してくれることはあるので、いつ・どういったものが盗難にあったのかどうかなど、具体的な内容は話しておくことをおすすめします。

自分でできる対策にはどんなものがある?

ポストと手紙

自分の安全は自分で守らなければなりません。

郵便物もできることなら、自分で守りたいですよね。

ここでは、集合住宅でできる対策をいくつかご紹介したいと思います。

1.部屋まで届けられるか確認をしてみる

まず盗難があった場合には、郵便局へ連絡をして次回からは直接部屋まで届けてくれるか確認をしてみましょう。

事情を説明すれば、要望を聞いてくれることもあるのでそれであれば安心出来ますよね。

留守の場合でもドアポストに入れてもらえれば、盗難の被害は防ぐことができるので可能であれば配達員さんにお願いをしてみましょう。

2.管轄の郵便局に郵便物の局止めをする

郵便局で局止めをしておけば、盗難の被害も抑えることが出来ます。

相談をすれば、対応してくれることもあるので少し面倒ではありますが、一度相談をしてみてもいいでしょう。

ただし、管理してくれるのにも期間があるので期間内に受け取りに行くことが大切です。

その際には、身分証明書などが必要なのでそちらもお忘れなく。

3.実家などが近ければ宛名を変更する

実家などが近場にあるならば、大切な郵便物はそこに送るようにするのもいいでしょう。

被害がマンション全体である場合も、個人の場合でも配送先が変われば被害を食い止めることができるのでおすすめの対策と言えます。

4.オープン型の宅配ロッカーの利用してみる

宅配ロッカー

最近は、スーパーにオープン型の宅配ロッカーが設置されている店舗もあります。

これなら荷物の受け取りもロッカーでできるので、盗難の被害を防ぐことも出来るでしょう。

お買い物のついでに利用ができるのもおすすめです。

5.ポストに鍵を設置する

だれでも簡単にできる対策として鍵を付けるといいでしょう。

南京錠やダイヤル式の鍵が一般的ですが、簡単な鍵はピッキングされてしまう場合もあるので、ピッキングできないタイプの鍵を使用することをおすすめします。

ホームセンターでは、何種類も鍵が販売されているので自宅の宅配ポストにあった防犯対策に向いている鍵を選ぶといいでしょう。

6.防犯カメラの設置

一番の防犯対策としておすすめなのが、防犯カメラです。

集合住宅では事前に設置されていることも多いですが、ドアポストのみの場合にはドアスコープ専用のカメラを設置がおすすめです。

これは、ドアののぞき穴を変えるだけで防犯カメラになります。

集合住宅でも簡単に設置することができ、誰が訪問をしたのかを知ることもできます。

人の気配を感知し、センサーで録画を開始してくれるので、証拠として残すことも出来ます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は集合住宅のポストの防犯・盗難対策についてご紹介しました。

これからのシーズンは郵便物が増えていきます。

自分の身は自分で守らなければいけないように、大切な郵便物も自分で守らなければなりません。

これからでも行うことのできる対策を行って、盗難の被害を未然に防ぎましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事