暮らし

冬キャンプがアツい!寒い時期ならではの魅力とは?

冬の景色①

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

キャンプといえば、一般的に夏場に行うイメージが強いレジャーですよね。

海で海水浴や山での川遊びなど、時間を気にせず遊べるキャンプは友達同士でもファミリーでも楽しめるアクティビティです。

しかしキャンプは夏場の暑い時期だけではなく、冬に楽しむこともできるんですよ。

今回は、冬にキャンプをする魅力やおすすめの楽しみ方をご紹介します。

冬キャンプの魅力

虫を気にしなくて良い

冬のキャンプ①

冬キャンプの一番の魅力といえば、夏場に比べて虫を気にする必要がないことでしょう。

キャンプをする場所は大抵自然の多いポイントなので、どうしても虫が気になります。

虫よけ対策などでテントの中に虫が侵入することを防いでも、食事や遊んでいる時など外にいる時までは完全にシャットアウトできません。

しかし冬場は暑い時期に比べて活動的な虫が少なくなるので、虫が苦手な方でも安心して楽しむ事ができますよ。

暑さ対策をしなくてよい

夏場のキャンプといえば、暑さ対策が重要です。

寒さ対策に比べて外での暑さ対策は難しく、寝苦しい夜を過ごす事も少なくありません。

その点、冬場は防寒アイテムさえしっかりと揃えれば、快適にキャンプを楽しむ事ができますよ。

空気が澄んでいる

冬の景色②

冬場は気温が下がると共に空気中の湿気も少なくなるほか、空気分子の運動量も減るため、春や夏に比べて空気が澄んでいる状態になります。

そのためキャンプをする場所の自然観察を楽しむ事ができ、星空もとても綺麗に見えますよ。

また冬は一等星も一番多くみられる季節なので、スターウォッチングにも最適な時期と言えます。

非日常的な体験

冬の景色①

冬場はキャンプのシーズンオフと言われているので、キャンプ場などは比較的空いている事が多いです。

そのため自然環境を静かに味わう事ができ、現実の喧騒から隔離されたような経験をする事ができるでしょう。

特に、日々忙しく暮らしている方は冬場のキャンプの開放感を味わうと、ストレス解消にも効果的ですよ。

冬キャンプにおすすめの楽しみ方

冬ならではのアクティビティを楽しむ

冬の景色③

キャンプをする場所によっては、雪が積もっている事もあります。

その場合は雪遊びを楽しめ、友達や家族と盛り上がる事間違いなしです。

またキャンプ場の敷地内や近くに温泉施設がある場合も、のんびりと冬の温泉を味わう事ができますよ。

料理を楽しむ

冬の料理といえば、やはり鍋ですよね。

冬ならではの食材を使った鍋を作れば、寒さも吹き飛び体も元気になるのではないでしょうか。

寒空の下、一つのお鍋をみんなでつつきながら温まるのも、冬キャンプならではの魅力です。

また、夏場に比べて食材も傷みにくいので、いつもより多めの材料を持ち込んで調理する事もできますよ。

そのほか、野外で食後のホットコーヒーも贅沢でいいですね。

焚火を楽しむ

冬のキャンプ②

キャンプの代名詞ともいえる焚火ですが、春や夏では夕方や夜にしか焚火をする事がないですよね。

しかし寒い冬場なら、一日の長い時間焚火を楽しむ事ができ、火を囲みながら食事や暖をとる事ができます。

火にあたって語らう事やお酒を飲む事も、冬キャンプの楽しみ方としておすすめですよ。

冬キャンプのおすすめアイテム

防寒具

防寒具

冬キャンプでは、防寒対策が楽しむための大きなポイントです。

冬ならではの楽しみ方は様々ですが、あまりの寒さではそれどころではありません。

ストーブや火鉢、湯たんぽなど、十分に暖をとれる防寒器具を忘れずに用意しましょう。

調理用品

火の用心

冬キャンプで料理を楽しみたい方は、調理用具もしっかりと用意する必要があります。

鍋やコンロ、調味料や食材など、目的にあった物を用意し、キャンプならではの料理を楽しんで下さいね。

断熱シート

断熱シートは、冬キャンプの必須アイテムと言えます。

テントの下に敷いておくと厳しい底冷えを防いでくれて、テント内の結露も防止できますよ。

また突然の雨や雪でも、テント内が浸水することなく快適に過ごせるでしょう。

冬キャンプの注意点

一酸化中毒に注意

一酸化炭素中毒

そもそもテント内は火気厳禁ですが、寒さのあまり外でも使用できる石油ストーブなどを持ち込む事が考えられます。

その場合は警報機を併用して換気を十分にしなければ、一酸化中毒になってしまう危険性があります。

この様な事故は毎年のようにおきているので、十分に注意しましょう。

火の扱いに注意

冬キャンプでは一日中焚火を楽しむ事ができますが、その分火の扱いには最新の注意をしなくてはなりません。

寒いと火の近くで暖をとりたくなりますが、風などで火の粉が衣類やテントに飛ばないように気をつけて下さいね。

また使用後の火の始末も、きちんとする必要があります。

火の元がきちんと消えているのを確認して、十分に火の気が無くなってから片付けを始めましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

春や夏とはまた違った魅力がある、冬のキャンプ。

気の合う仲間同士楽しむと、より一層絆が深まるのではないでしょうか。

楽しみ方や注意点をチェックして、ぜひ冬キャンプを計画してみて下さいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事