暮らし

ベビーを迎える準備はできた?快適に育児ができる空間作り!

ハイハイする赤ちゃん

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

初めての妊娠などで赤ちゃんを迎える際、ベビーとの暮らしがどのようなものかいまいち想像がわきませんよね。

産前のイメージでは可愛い赤ちゃんと毎日幸せたっぷりな日々を送るはずが、いざベビーがお家にくると慣れない育児で大忙しということも。

そこで今回は、快適に育児ができる空間作りに役立つポイントをご紹介します。

赤ちゃんの就寝スペースを確保

赤ちゃんの就寝スペース

赤ちゃんの就寝スペースとして寝室にベビーベッドを設置している方も少なくないですが、リビングやその他のお部屋の事は忘れがちです。

新生児のうちは1日の大半を眠って過ごす赤ちゃんですが、月齢が進むごとに起きている時間が長くなります。

そうすると寝室で1人になり寂しくてグズる事が増え、ママも家事をその度に中断しなくてはなりません。

赤ちゃんが横になれるスペースは、寝室の他にもリビングなどの家族の顔が見える場所にも設置すると安心ですよ。

赤ちゃんが横になる場所は日当たりは良いですが直射日光が当たらず、エアコンの風も直接こないような場所にして下さい。

また蛍光灯の真下に寝かせてしまうと、灯りを付けた際に直視してしまうので注意して下さいね。

授乳スペースを確保

授乳スペース

母乳で育てる場合も粉ミルクで育てる場合も、しばらくは数時間おきの授乳が始まります。

特に初めての育児の場合は、授乳時の体制が悪くなりがちで肩こりや腰痛の原因になる事もあります。

また姿勢が悪いと赤ちゃんが上手に母乳を飲めず、授乳間隔も定まりにくくなってしまいます。

寝室やリビングなど、授乳するスペースにはリラックスできるようなソファーや座椅子などを用意して、ストレスがかからないようにしましょう。

授乳クッションを使うと、母乳やミルクをあげる以外にも赤ちゃんのお座りサポートにも使え便利ですよ。

赤ちゃん専用の家具を購入する

赤ちゃん専用家具

お世話セット収納家具

赤ちゃんのお世話には、オムツやおしりふき、保湿剤やガーゼなど、様々な物が必要になります。

また赤ちゃんは汗をかきやすくミルクの吐き戻しも多いので、肌着類は頻繁に変える事も少なくありません。

このようなお世話グッズをバラバラに収納してしまうと、待たせている赤ちゃんの機嫌も悪くなりママも焦ってしまいますよね。

そこでおすすめなのが、お世話グッズをまとめて収納できる家具です。

育児書や赤ちゃんのちょっとしたおもちゃなどがたっぷり収納できる物もあり、育児の効率が格段にアップしますよ。

子どもが大きくなっても成長に合わせた収納家具として使えるので、無駄にならずに安心です。

ベビーチェスト

「子どもは成長が早いから洋服もそんなに必要ないのでは…」と思いますよね。

しかし赤ちゃん時期は汗やミルク、離乳食で服を汚す事が多く、少し大きくなってからも食べこぼしや飲みこぼしなどでとにかく着替えが必要になります。

そのため赤ちゃん専用のチェストが必要になる事もしばしばあります。

その際は長く使える大きめサイズを選ぶ事がおすすめですよ。

大き目のサイズだと洋服の他にもお包みや赤ちゃん用のタオル類、ガーゼやハンカチも収納できるので、片付けもスムーズにいきます。

赤ちゃん用として作られているチェストには、角が丸く削られた物や低ホルマリン素材を使用した物、握りやすい大きめの取っ手が付いている物などがあるので、チェックしてみて下さいね。

お家の安全を確認する

お家の安全確認

お家の中には、大人だけで暮らしていると中々気づきにくい危険がたくさん潜んでいます。

コンセントやプラグ、段差や扉など、赤ちゃんは思いもよらぬ行動でケガをしてしまう事があります。

家事でそばを離れた時やトイレ、お風呂などで目を離した際など、じっと待っていてくれる事は少ないので、危険がある物は出来るだけ除去しましょう。

階段や立ち寄ってほしくない場所にはベビーフェンスを、触ると危険な物は高い所に移動させそれが難しい場合はカバーをします。

可愛いキャラクター物やカラフルな安全カバーは、逆に赤ちゃんの目を引いてしまうので、シンプルな物を選ぶようにして下さいね。

また寝返りやハイハイなど動きが活発になってきた赤ちゃんは床に頭をぶつける事が多くなるので、フローリングにはクッション性のあるマットを敷く事がおすすめですよ。

掃除のしやすさを確認

ハイハイする赤ちゃん

一日中横になった状態の赤ちゃんがいると、やはりホコリが気になりますよね。

こまめに掃除をして綺麗にしていても毎日ホコリは出るもので、赤ちゃんがいる足元に溜まる特徴がります。

特にリビングや寝室など長い時間過ごすお部屋には、小物類をできるだけ少なくして掃除がしやすいようにしておきましょう。

また、空気清浄機などを使って空気中の埃や花粉などを極力取り除いておく事も、おすすめですよ。

まとめ

いかがでしょうか。

赤ちゃんがお家にくると、家事や育児で毎日忙しく慌ただしい日々を送る事になります。

そのため空間作りは、赤ちゃんを迎える前にしておく事がおすすめですよ。

育児がしやすい空間は赤ちゃんも快適に過ごす事ができるので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事