暮らし

大型ベビー用品はどう選ぶ?種類別のポイントをご紹介!

ベビーカー

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

赤ちゃんが産まれるとなると、ベビー服やおむつ、ミルクや哺乳瓶など、必要になる物がたくさんあります。

その中でも特にベビーカーやベビーベッドといった大型のベビー用品は、値段もピンからキリまで様々で、何を基準に選べばいいのか悩みますよね。

そこで今回、大型ベビー用品を選ぶポイントについてお話します。

ベビーベッド

ベビーベッドとは

ベビーベッド

赤ちゃんを迎える際、まず始めに思い浮かぶベビーグッズといえばベビーベッドではないでしょうか。

赤ちゃんが安心して眠る事ができ、布団の通気性やホコリといった衛生面からも守ってくれます。

ベビーベッドには収納がついているタイプや簡単に組み立てができるタイプなど様々な物があり、デザインで選ぶ方も多くいるんです。

また、赤ちゃんの時期しか使わないと思われがちですが、種類によっては最長で2歳ごろまで使用可能なものもありますよ。

通常サイズのベビーベッド

通常サイズのベビーベッドは、縦125㎝×横79㎝が一般的です。

そのため少々場所をとり、限られたスペースしか確保出来ない場合などは設置が難しいと言えます。

しかし大きめなので長く使う事ができ、種類も豊富なので選択肢が広がります。

ミニベッド

ミニベッドとは、縦95㎝×横68㎝のベビーベッドの事で、コンパクトなサイズが魅力的です。

畳の約半分の大きさなのでお部屋に置きやすく、キャスターが付いているタイプだと部屋を移動する際も便利ですよ。

一方で小さい為使える期間が短く、布団の種類も通常サイズと比べて少なくなります。

ベッドインベッド

ベッドインベッドは、ベビーベッドを置くスペースがない場合や新生児期から大人のベッドや布団で添い寝したい方におススメです。

同じ布団やベッドで添い寝しても赤ちゃんを潰してしまう心配がなく、移動もさせやすいのでリビングなどに持っていって簡易ベビーベッドとして使用することもできます。

ベッドインベッドの定番のファルスカを筆頭に、様々なメーカーやベビー用品店で販売されているので、候補の一つに入れてみるのもいいですね。

ベビーカー

ベビーカー

ベビーカーとは

ベビーカーは使う人と使わない人で分かれるベビー用品ですが、やはり大人一人で赤ちゃんを連れてお出かけする際などは役立ちます。

アップリカやコンビといった定番メーカーやグレコやエアバギーなど、各社ともに機能性や使いやすさなど、様々なアピールポイントがありますよ。

軽さやたたみやすさ、押しやすさやデザインなど、使う方や地域でも重視するポイントは変わるので、ベビー用品店にいる専門的な知識をもった店員さんにアドバイスをもらって下さいね。

A型ベビーカー

日本で最も人気が高いベビーカーの型で、新生児期から使用できる物もあります。

対面式と背面式両方に対応しているタイプが多く、どちら側にしても進行方向のタイヤが動くようになる「オート4キャス」などの便利機能が付いている事も。

しかし値段が高めに設定されていることが多いので、使用頻度などを考えて検討することをおすすめします。

B型ベビーカー

B型ベビーカーは赤ちゃんの首や腰が座った頃から3歳頃まで使用する事ができ、軽くてコンパクトに畳める特徴があります。

A型ベビーカーに比べて気軽に使え、価格もA型に比べて安く設定されています。

バギー

バギーとは、B型ベビーカーよりもさらにコンパクトに畳めるベビーカーの事をいい、数千円から販売されています。

ちょっとしたお出かけに便利で、A型ベビーカーを持っている方がセカンドベビーカーとして購入することもあります。

チャイルドシート

チャイルドシート

チャイルドシートとは

赤ちゃんを迎える際、マイカーには必ずチャイルドシートを設置しなければなりません。

2000年の4月からチャイルドシートの着用が義務化され、6歳未満のお子様は全て着用義務の対象となります。

出産直後の新生児ももちろん対象になるので、病院から退院して帰宅する際もチャイルドシートに座らせる必要があります。

ベビーシート

ベビーシートは新生児から使えるシートで、首すわり前の赤ちゃんのために寝かせられるようになっているタイプもあります。

しかし身長が70cm以下が対象なので、1歳頃には使えなくなってしまうでしょう。

チャイルドシート

チャイルドシートとは、通常首や腰が座り自分でお座りができるようになる幼児期に使われるシートの事を言います。

身長も65〜100cmまでが対象なので、長く使えるシートといえるでしょう。

ジュニアシート

ジュニアシートは学童期に使われるシートで、足りない身長を補って通常のシートベルトを使えるようにする役割があります。

そのため簡易的なものが多く、値段も安く設定されているんです。

まとめ

いかがでしたか?

ベビーベッドやベビーカー、チャイルドシートは、全て揃えると結構な高額になるので、慎重に選びたいですよね。

それぞれ対象としている年齢や時期などがあるので、よく確認してから購入しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事